ご挨拶

I-Oウェルス・アドバイザーズの岡本和久です。

私は1971年に旧日興證券株式会社に入社しました。東京、ブラジル・サンパウロ勤務を経て、1975年から1989年までは証券アナリスト・ストラテジスト業務に従事しました。この期間のうち、1975年から1984年までの9年間は同社のニューヨークに駐在し、著名なポートフォリオ・マネジャーやアナリストの胸を借りて勉強をさせてもらいました。1984年に帰国、その後は情報部で投資戦略の策定を担当しました。

1990年から2005年までは旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・グローバル・インベスターズ)で社長として年金運用業務に従事しました。このときも海外の進んだ運用の考え方を日本のお客様に紹介することで業務を拡大することができ、2005年には年金運用資産額で業界トップとなることができました。これを機に同社を退社し、新しい分野に挑戦することとしました。

これまでの経歴を振り返ってみて、私は自分の人生のミッションが「海外の進んだ知識を日本に導入することで社会に貢献すること」にあると気付きました。

2005年、日本が一番必要としていることは個人投資家のための正しい資産運用の知識であると考えるに至り、I-Oウェルス・アドバイザーズを設立しました。

現在、一般生活者が豊かで、しあわせな人生を送るための知識を提供しています(活動内容については、このホームページのトップページをご覧ください)。また、2013年4月より子どものためのマネー教育素材「ハッピー・マネーのピギーちゃん」を発売しました。

I-Oウェルス・アドバイザーズの「I」はインサイド・ウェルス(内側の富、心の豊かさ)、「O」はアウトサイド・ウェルス(外側の富、モノやおカネ)の意味です。私の目指す資産運用は、I-O、つまり、物心両面で豊かになることを目的としています。ちなみに会社の愛称は「IOWA、アイオワ」です。これはネイティブ・アメリカンの言葉で「静かな平和な、調和した場所」という意味だそうです。

残念ながら、現在、おカネや投資のイメージは一般的に決して良いものではありません。日本に「品格ある資産家」が投資と資産運用によってたくさん生まれ、おカネや投資に対する偏見力がなくなり、日本の膨大な個人金融資産が良い社会作りに役立っていくことを願って止みません。私どもの活動が少しでもそのお役にたてればと思っています。

プライバシーポリシー  サイトマップ ページトップへ