最新のエントリー

資産運用気づきのタネ133回 「難しい投資とやさしい投資」

2015年3月26日 08:24

難しい投資とやさしい投資


投資リターンの源泉は企業が生み出す付加価値です。企業が世の中のためになる事業を営むことで利益が生まれます。その利益の一部は配当金として支払われ、残りが内部留保として株主資本に加えられます。当然のことながら企業の付加価値の創造と株主資本の成長は長い年月をかけて実現します。

株式市場では様々な投資家が価格形成に関わっています。人生を通じて何十年という時間軸で投資をする人もいます。数年単位の人もいるでしょうし、さらに、一か月、一週間という短期でトレードをする投資家だって存在します。最近は超高速の取引をする機関投資家もいます。

株主になるということは企業のオーナーになることです。長期投資家は企業を長い間保有して、その企業が成長するとともに自分の資産を増やしていきます。しかし、保有期間が短いほど、価値の増殖という裏付けのないと投資となってしまいます。つまり、短期投資であるほど自分が儲けるためには他の人を犠牲にしなければならないのです。つまり、ゼロサム・ゲームです。

プロの世界は厳しいものです。「できるだけたくさん、できるだけ早く儲ける」競争をいつも強いられているのです。そのために、投資の手法はどんどん複雑になって行きます。また、投資対象も株式や債券といった企業活動に基づいてリターンが生まれる証券から、価格の動きに基づいて評価される派生証券へと広がっていきます。それが益々、複雑度を増していきます。

長期投資家はそのような難しい知識も必要ないし、複雑な取引も不要です。十分に分散された株式と債券を、適切な配分比率でじっと保有していればいいのです。時には短期間で大儲けしたなどという話を聞くこともあるでしょう。そのような人は単に運が良かっただけです。そこそこのリターンを長い期間積み重ねていけば最終的には大きな資産を手にすることができるのです。

大切なことは株価が影であると割り切ることです。影を追いかけても仕方がありません。十分に分散されたポートフォリオの株主価値の増大にのみ注目して長期に保有すること、そうすれば株価も株主価値のトレンドに収斂していくのです。投資はできるだけたくさん、できるだけ早く儲けようとすると難しいものです。そこそこの利益で満足して時間をかけて資産成長をはかる投資はとてもやさしいものなのです。

(この原稿は投資手帖 2015年4月号に寄稿したものを加筆修正したものです)

つづきを読む

塩尻のおいしいものたち

2015年3月26日 08:06

 塩尻駅近くの知春というお店で塩尻料理をいただきました。写真は馬刺し、馬ステーキ、山賊焼き、わさびのおひたし、どれもおいしかったです。そしてお酒は生貯蔵酒の「夜明け前」。これも飲みやすくおいしいお酒でした。 …

つづきを読む

塩尻でハッピー・マネー®教室

2015年3月26日 07:50

3月24日は塩尻へ。大手企業の労働組合幹部の方々とその子弟(ほとんど小学生、中学生一名)へのマネー教育をしてきました。初めての塩尻、空気が違う。そして空が本当に青々と澄んでいます。少しひんやりしてとても気持ちがいい。(写真は車窓から撮ったものです) ピギーちゃんを使ってハッピー・マネー®教室を1時間行って休憩。 それからピギーちゃんの「つかう」「ためる」「ゆずる」「ふやす」のハッピー・マネー®四分法の使い道を書いてもらうワークショップ。 保護者の方々にも書いていただきました。 保護者の方からもいろいろと面白い案がたくさんでました。 「ためる」 ⇒ スト…

つづきを読む

京都の休日(食の部)

2015年3月25日 09:50

 松葉のにしんそば おかるのチーズ肉カレーうどん 京都南座で歌舞伎を観たあとは開陽亭で洋食。いつもおいしく、あたたかいおもてなしの店です。グラタンとチーズハンバーグなど。   我が家の朝のコーヒーはいつもINODA'S COFFEEです。本店に伺いアラビアの真珠を賞味。思い切ってパフェにも挑戦! パフェと言えば京都南座で弁天小僧を演じていた尾上松也にちなんで「松ちゃんパフェ」というのもありました。  …

つづきを読む

京都の休日

2015年3月25日 09:37

3月の19、20日と京都の休日を楽しみました。まずは、京都に行くたび、必ずご挨拶に伺うのが因幡堂さん。今回もご住職夫妻とゆっくりとお話をさせていただきました。ご本尊の裏で最近、発見されたという「あ・うん像」の画も拝見させていただきました。南座で歌舞伎鑑賞。京都南座の3月花形歌舞伎、午後の部へ。実際にはいま大活躍の花形の一歩手前の役者さんたちが総出演でした。花形というより「つぼみ」でしょうか。最初の出し物は弁天娘女男白波。正直、あまり良いできではない、というか「まだ、まだ」という感じでした。松也が弁天小僧ですが、なぜか声が割れてしまっていて女に扮した男(弁天小僧)の微妙な雰囲気があまり感じられな…

つづきを読む

第114回I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2015年3月16日 13:04

第114回I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。 私は「『敗者のゲーム』原著第6版を読む」というお話をしました。The Loser's Gameという短い論文がFinancial Analyst Journalに掲載されたのが1975年、日本語訳は大和正典さんが「機関投資家時代の証券運用」というタイトルで1987年で出版されています。つまり、機関投資家の本だったのです。最新の版(鹿毛雄二さんの訳)では全体で約300ページのうち80ページが「個人投資家への助言」という章になっています。時代の変化を感じます。内容も個人投資家を意識した書き方になっています。 ゲストは高齢者介護歴19年の…

つづきを読む

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ