最新のエントリー

資産運用こぼれ話 「投資家ファースト」という言葉の重さ

2017年7月22日 10:58

  本年5月に米国フィラデルフィアで開催されたグローバルな証券アナリストのプロフェショナル団体、CFA協会の年次総会に出席しました。その席で何度も繰り返された言葉が「Putting Investors First」でした。最近、はやりの言い方をすれば「投資家ファースト」ということでしょう。20176月に米国労働省がフィデューシャリー・デューティ(FD)/受託者責任ルールを実施し、日本においても金融庁が「顧客本位の業務運営に関する原則」を本年3月に発表し、投信会社などがFD宣言を公表したと聞いています。

 大きな運用会社の場合、会社としてのFD宣言がどこまで現実に実行されるのかという点に疑問が残らざるをえません。会社としてのスタンスはいままでも当然、「顧客優先」だったと思います。まさか、「自社利益優先」を宣言する企業はなかったでしょう。それでも種々、疑問符のつく行為があったことは否めないのです。今年の流行語大賞の最有力候補と言われる「忖度」ではないですが、会社の建前は建前として、組織のピラミッドの下に行くほど上司の本音を忖度する行動が起こらないとも限りません。

 本当に大切なのは日々の業務を行うすべての役社員がFD宣言を出すことではないかと思います。会社も社員も顧客ファーストの本音で仕事に向き合おうという決意が重要だと思うのです。これは企業としても実務担当者としても非常に重い宣言ということになります。しかし、それだけの覚悟がなければ結局、絵に描いた餅に終わってしまうのではないかと危惧します。

 グローバルなCFA協会は業界団体ではなく、プロである「個人の団体」です。その団体が「投資家ファースト」ということを標ぼうすることの裏にはプロのアナリストが「個人として」この原則を守り、協会として個人に何らかの組織的な圧力があったらプロを守るという覚悟があるのです。最近、CFA協会から来たメールのバナーには「You put investors first. We put you first.」とありました。この後半部分はまさにCFA協会がどんな圧力にも負けずにプロであるCFAを守るという決意を示すものだとも言えます。FD宣言の投資家ファーストの重みを会社も個人もしっかりかみしめてもらいたいものです。

Youputinvestorsfirst.jpg

 

 

ページごとに見る

第142回、I-OWAマンスリー・セミナーが7月16日に開催されました

2017年7月17日 16:47

 第142回、I-OWAマンスリー・セミナーが7月16日に開催されました。私は5月に訪問したワシントンDCのInvestor Protection Trustの訪問記。同社が作成した「私が65歳になるとき」という動画の後半も見ていただきました。そしてゲストは日本CFA協会の執行理事であどばかしー委員会チェアの原田武嗣さんに「アナリストとしての職業倫理の在り方」というお話をしていただきました。座談会でも職業倫理やプロとしての仕事の仕方、企業との関係など非常に重要な話題について熱い議論が展開されました。懇親会もみなさん、楽しく実のある議論をしていただけたと思います。ご参加のみなさま、ありがとうございました。

20170716_Monthly Seminar_ (12s).jpg

20170716_Monthly Seminar_ (22s).jpg 20170716_Monthly Seminar_ (45s).jpg20170716_Monthly Seminar_ (65sm).jpg20170716_Monthly Seminar_ (73sm).jpg

 

ページごとに見る

博多HMVでミッション・フォーのトークショーを開催しました

2017年7月 7日 10:49

 博多HMVで「投資の鉄人」の著者、ミッション・フォー(大江さん、馬渕さん、竹川さんと私)のトークショー&サイン会。足元の悪いところたくさんの方が参加してくださいました。そろって上を見ている写真は控室にて。落書きがいっぱい。

2017076&7_博多 (6).JPG

2017076&7_博多 (11-1).jpg

2017076&7_博多 (9sm).jpg

その後、食事会。おいしい酒(私は田酒)、料理、そして、何より楽しい仲間。そして、イベント終了後のほっとした至福のひと時でした。

食事会の料理は動画で(49秒)。

https://youtu.be/ebhW_ymFKLw

ページごとに見る

足立区の中学二年生に授業

2017年7月 6日 11:21

足立区立の中学二年生のクラスで出張授業。私が人生で学んできたこと、お金とは何か、働くとはどういうことか、ハッピー・マネー四分法などについてお話しました。ハッピー・マネー・ソングの作詞、作曲者、Labiさんの歌唱指導もありました。みんな、大きな声で歌ってくれました。終了後はみんなと一緒に給食をごちそうになりました。肉じゃが、おいしかったです!20170705_114523sm.jpg

20170705_120637.jpg

 

DSC02511sm.jpg
DSC02514sm.jpg

DSC02515.JPG

 

ページごとに見る

東京都大田区の中学生から出張授業の感想文がきました

2017年6月30日 11:18

 先日、大田区の公立中学校(二年生)でハッピー・マネー教室をさせていただきました。感想文がきました!彼ら、彼女らの理解力の高さに感動します。彼らのマインドセットに少しでも影響を与えることができたらうれしいです。

「今まで、お金は生きるため、自分の欲しいものを買うためだけのものだと思っていたけれど、お金は『感謝のしるし』でもあるということが、とても印象深く心に残りました。お金には、色々な人の頑張りや感謝などの、様々な気持ちが込められていて、物を買い、お金を渡すのは、作ってくれた人への『ありがとう』という気持ちを表すための手段でもあるということを学びました」
「職に就くというのは、ただ、自分の私欲のためだけではなく、世の中に貢献するための第一歩でもあると思いました」
「僕は野球をやっているのですが、最近はみんながうまくなっているのに自分はなかなか上達しないという状態です。岡本さんのお話のなかで『伸び悩んでいると感じている時こそ上達している』という言葉がありました。聞いた瞬間、僕は鳥肌が立ちました。今の自分にぴったりの言葉でした。今、この瞬間に上達している、成長していると思うと野球がしたくてたまらなくなりました」
「私の中で一番心に残ったのは「We do well by doing good (お客様のために良いことをすると成功する)」という考えです。私はそれまで商売というのは儲けることができればいいなどと考えていたので、岡本さんの話を聞き『ハッ』としたんです。『そういえばそうだ』とそのとき私は初めて自覚しました。空気のようにお金は社会に存在しているからこそあまり深い意味を知らない人が多いと思います」

ページごとに見る

土井さん一家との楽しいひと時IN秋田

2017年6月26日 11:03

 今回、秋田でのセミナーをアレンジしてくれた土井広文さんは、貧乏のどん底から投資で脱出を果たした方です。とにかく、最悪期は年収150万円、預金ゼロ、借金3000万円以上だったそうです。もちろん極貧生活で草原の草まで食べていたとか。

その生活を脱出するきっかけになったのが澤上さんの話だそうです。苦しい家計から奥さんを拝み倒して毎月5000円を積立投資しはじめたのです。そして相場の変動に堪えて今日、安定した生活を手にいれました。
自分の体験を多くの人に広めたいという思いから周りの人に長期投資の話を始め、それが発展して投資の勉強会のような形になり今日に至っています。実体験に根差した話だけに説得力があります。
彼の貧乏脱出ストーリーはインベストライフで8月号から3回連載で書いてもらうことになっています。

処理済~20170624-26_仙台&秋田 (96).jpg


その彼を支え続けたのが奥様。そして、三人のお子さんたち。今回は長男のY君と次女のHちゃんと会いました。Y君は歴史オタク。「岡本さん、長篠の戦いのときに織田軍が持っていた鉄砲の数、知っていますか?」と聞かれたりしました。(そんなこと知らね~よ)。

処理済~20170624-26_仙台&秋田 (44s).jpg


4歳のHちゃんは豆秋田美人。私のガールフレンドです。

処理済~20170624-26_仙台&秋田 (91as).jpg

ページごとに見る

6/25 日本で1400名の人が同時に超越瞑想をしました。

2017年6月25日 11:11

 大ベテランのTM(超越瞑想)教師、川井さんの投稿をシェアします。日本中で1400人が同時に瞑想をするというイベントが先週の日曜日(6/25)開催されました。私も こまちで仙台から秋田に向かう車中で11時から参加しました。これはとても大きなイベントだったと思います。これだけの人数の人の心が同時に静かな世界に浸ることで、きっと、日本にも世界にも良い効果があると思います。

TM1400人.JPG

ページごとに見る

6/25 秋田でセミナー

2017年6月25日 10:55

 翌日曜日(6/25)はこまちで仙台から秋田に移動。秋田で講演をしました。秋田駅で開催の労をとってくださった土井さんと長男のY君と二年ぶりの再会。
遊学舎という木造の気持ち良い会場で20名近くの方にご来場にいただきました。ほとんどの方がこの半年ぐらいの間に土井さんの指導を得て資産運用を始めた方でした。土井さん、すごい!

20170624-26_仙台&秋田 (53).JPG

講演内容は仙台と同じく①かんたんすぎる資産運用:はじめの一歩、②歩き続ける耐久力、③しあわせ持ちへのロードマップの三題噺。講演後のアンケートを拝見すると半分の方が投資へのイメージが「とても変わった」、残りの方が「変わった」(おひとりのみ「変わらなかった」)でした。質問も殺到して3時間半があっという間に終了しました。

そのあとは懇親会。かまくら家という居酒屋さん。お店の前にかまくらがあります(もちろん本物ではありません)。長男のY君と神様にみなさんのしあわせな人生をお願いしました。実に愉快な仲間たちと楽しいひと時をすごしました。

20170624-26_仙台&秋田 (58).JPG
20170624-26_仙台&秋田 (60).JPG20170624-26_仙台&秋田 (82).JPG

ページごとに見る

6/24 仙台でセミナー

2017年6月24日 10:46

 土曜日(6/24)、仙台でセミナー開催しました。サロイン仙台(サロン・インベストライフ仙台)の主催です。サロイン仙台は2004年の9月に有志が集まってできたグループです。その後、ず~~~~と勉強会を続けています。すばらしいことです。人数も何十人も集まったこともあれば数名のこともありました。でも、本当に「継続は力」。すばらしいことです。私も毎年、お邪魔してみなさんにお話しをさせていただいています。今回は20名弱の方が集まってくださりました。
私は①かんたんすぎる資産運用:はじめの一歩、②歩き続ける耐久力、③しあわせ持ちへのロードマップの三題噺。

20170624-26_仙台&秋田 (25).JPG

サロインのリーダーをつとめてくださっている村越さんによる興味深い参加者へのアンケート調査もありました。写真はいま、世界が抱える一番大きな問題は?という質問に対する答えです。子供たちに同じ質問をした結果と非常に似ているそうです。

20170624-26_仙台&秋田 (21).JPG

終了後は中華料理の懇親会。紹興酒を少々飲みすぎていい気持ちでホテルへ。20170624-26_仙台&秋田 (36).JPG

ページごとに見る

梅田蔦屋でミッション・フォーのトークショー開催

2017年6月22日 10:35

大阪は梅田蔦屋でミッション・フォー(大江さん、馬渕さん、竹川さんと私)のトークショーとサイン会。初めての場所でしたが目をみはるばかり本の壁でした。たくさんの方にお出でいただき質問もいろいろいただきました。楽しいひと時でした。20170622_大阪_Mission4トークショー (8).JPG

新しく作ったスタンプを「投資の鉄人」に押してサインをしましたが、このスタンプもお披露目でした。

Okamoto with PiggyColor.png

 イベント後、大江さんおすすめの知留久で串かつ料理。楽しい仲間と話しが盛り上がりました。

20170622_大阪_Mission4トークショー (16).JPG20170622_大阪_Mission4トークショー (22).JPG

 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ