最新のエントリー

I-OWAマンスリー・セミナー(140回)が5月14日に開催されました

2017年5月16日 21:02

 第140回、I-OWAマンスリー・セミナーが5月14日に開催されました。ほぼ20名の方が私の小さなオフィスにお見えになり満員御礼。熱気にあふれた会になりました。

私は今年の2月から連続講演で行ってきた「日本証券市場のあゆみ」の最終回。太平洋戦争開戦から取引所再開までの期間についてお話しました。特に終戦から市場再開までは取引所取引はありませんでしたが非常に重要な出来事がたくさん起こっていました。例えば預金封鎖、財産税、財閥解体、証券民主化運動など、それらを知っておくことは今日的にも非常に重要ではないかと思います。s_DSC01762a.jpg

ゲストは明治大学商学部の三和裕美子教授。「いまなぜ個人投資家のエンゲージメントが必要か」というテーマでお話をしていただきました。金融市場の巨大化、ファンドの台頭、経済の金融化などが進むなかで個人投資家としてエンゲージメントをどのように考えるべきか、幅広い見地から解説をしていただきました。さらにはストレスと幸福感の関係など、興味深いテーマも紹介していただきました。s_DSC01779a.jpg

座談会、懇親会もいつもにもまして論風談論、百家争鳴。多くの論客も参加していただいていたので実に中身の濃い議論ができました。三和先生、ご参加のみなさんに深く感謝します。s_DSC01809a.jpg

ページごとに見る

日本経済新聞夕刊の「人間発見」で私を取り上げていただきました

2017年5月13日 15:47

 日本経済新聞夕刊の「人間発見」で5月8日より12日まで、五回連続で私のことを取り上げていただきました。すばらしい文章を書いていただいた田村正之さんに感謝します。

投資で世界に笑顔を

① まっとうな資産運用伝える、小中高校にも出張授業

② 戦後復興と歩んだ少年時代、米留学 平和の大切さ実感

③ 証券時代、NYで修行、先進の分析手法を日本に

④ 年金運用 最大の社会貢献、達成感得て再び転身

⑤ 個人に寄り添う仲間広がる、命尽きても続く恩返しを

新聞五回分ぼかし.jpg

 

ページごとに見る

那須でリラックス、そして瞑投セミナー

2017年5月 7日 09:20

 GWは三泊四日でヴェーダの森那須へ。葉桜がとてもきれいでした。ここに足を入れたとたんに眠くなります。寝ても、寝ても、眠くなる。本当に静かであらゆる点ですべてが収まるところに収まった場所だからでしょうか。貯めこんだ疲れがどっと出る感じです。普段は気が付かないけれどそれだけ疲れがたまっているんでしょうね。

DSC01632.JPGDSC01603.JPGDSC01606.JPG

瞑想中もずっとウトウト。TM(超越瞑想)のありがたいところは眠い時は寝て良いというところ。「寝てはいけない」と思う事自体がストレスになる、だからゆっくり寝てから瞑想をすればいいという考え方です。
もちろん完全採食の食事もおいしいし、温泉ではないけれど大きな風呂にのんびりつかっているのもうれしい。
そして、今回、特にうれしかったのが当日、宿泊している約30名の方々に瞑想と投資のセミナー(瞑投セミナー)をさせていただけたことです。DSC01661a.JPG

超越瞑想を現代に復活させたマハリシは精神性と物質面の両方が豊かな「200%の人生」を提唱していますが、瞑想は精神性を高めるだけではなく、資産運用にも非常に有益です。200%の人生のためには生活を支える経済基盤が必要です。
長期資産運用は始めるのは非常に簡単、そして、それを長く続けると本当に大きな効果がでてくる。その点も瞑想と同じです。想い出に残る那須での四日間でした。すばらしい機会を与えてくださった鈴木代表と堀井先生に感謝です。

ページごとに見る

資産運用こぼれ話:「理性的」な投機と資産形成

2017年5月 4日 11:03

ごく普通の生活者の方々に講演活動をしていると学ぶことがあります。「絶対に株式投資なんかしたくない」という方も多いものです。生活をする上でお世話になっている企業を応援したいということで株式を保有する方、株主優待が欲しいという方もいらっしゃいます。また、株価チャートやテクニカルな指標を用いてかなり積極的に売買をすることを好む方、一発勝負で儲けて海外旅行に行きたいという方、脳トレとして投資をしている高齢の方、「いや、株式よりもFXの方が面白い」という方、本当に様々なのです。
普通、資産運用の講演などでは、投機的な手法には否定的です。「投機や短期売買の取引ではなく、長期で資産形成をすることこそ正しい方法なのです」というトーンでの話が多いのです。つまり、投機はバツ、資産運用はマルという二者択一の答えです。
先日、ある会合でFXをしている方、短期売買でお小遣い稼ぎをしている方とお話をする機会がありました。とても興味深いことにみなさん、「退職後のための資産形成はどのようにしたらいいのでしょう」とお聞きになるのです。要するに、彼らにとって投機や短期売買はまさにゴルフなどと並列の趣味であり、それらを続けていても経済的な自立は難しいことを認識している場合が多いのです。
当然、趣味に溺れすぎない理性的な方であればそれらに投下する資金は余裕資金であり、その結果も自己責任であることを知っています。投機をする方すべてがそのような方だとは言えませんが、一概に資産形成こそ正しい道であり、投機はすべてダメという議論は間違っています。競馬であれ、パチンコであれ、株式投機であれ、趣味として節度を持って行う分には何も問題ありません。ただ、それらは退職後のための資産形成とは異なるものであるということです。
「理性的」な投機家の方は、投機を趣味として許容できる範囲でやっています。同時に趣味とは別に退職後のために資産形成をしていかなければならないことをご存知なのです。そししてその方法は投機ではないことも知ってることが多いのです。
人生を通じての資産運用は投資に見向きもしない人も含め、すべての人にとって必要なものです。「あの人は投機が大好きだから長期投資に適した商品を勧めても無駄だ」と思う販売サイドの方やアドバイザーも多いでしょう。しかし、投機、短期売買が好きな人だから人生を通じての資産運用など見向きもしないと最初から決めつけるのは大きな間違いではないかと思います。

 

ページごとに見る

春の青森、道南西部旅行

2017年4月24日 10:53

 2017年4月末、青森、古木内、知内、福島、松前、江差、大沼公園、函館と三泊四日で回ってきました。3分の 動画 (Youtube) にまとめましたが、改めて見ると実によく食べた旅行でした。

ページごとに見る

第139回、I-OWAマンスリー・セミナーが4月16日に開催されました

2017年4月17日 19:25

 第139回、I-OWAマンスリー・セミナーが4月16日に開催されました

私は「日本の証券市場のあゆみ」を4回シリーズでお話していますが、今回はその3回目。第一次大戦後の反動不況、関東大震災、金融恐慌、昭和恐慌から始まった昭和初期から太平洋戦争勃発までの期間についてお話をしました。国際的にも国内的にも格差の拡大が深刻化するのですが、政治は党利党略に明け暮れしていました。しだいにカリスマを求める声が高まって近衛内閣が誕生します。そのころの世相なども交えて解説しました。非常に今日と似た部分があり少々、不気味さを感じました。

DSC00895.JPG

 今回のゲストは信託業務に詳しい永井勝巳さんをお招きしました。幅広い信託スキームの紹介をしていただき、座談会でもみなさん、質問がたくさんでていました。資産を運用するのと同時にスキームをうまく使うというのは、アセット・ロケーション同様、非常に重要なポイントだと改めて感じました。

DSC00910.JPG

s_DSC00935m.jpg

 

ページごとに見る

タイから帰国中の素浪人(スロー人)とランチ

2017年4月14日 10:49

実は実弟。タイでトーキョー・カフェという店を開店。
繁盛しているとか。

DSC00982-1.jpg

ページごとに見る

恵比寿・広尾のラーメン探訪 「太楼」

2017年4月13日 10:02

 メトロ広尾駅から広尾散歩通りに入ってすぐのところにある太楼(ターロー)。DSC00055.JPG

一番人気は酸辣湯面。私も大好き。

DSC04827.JPG

 

それから太楼(ターロー)ラーメン。DSC00864.JPG

期間限定で食したことがあるのが麻辣湯麵。DSC00054.JPG

どれもおいしいです。ランチタイムはご飯が付き、支払いのときに餃子(二個入り)の試食券をもらえます。この餃子もなかなかのものです。DSC00051z.JPG

ページごとに見る

鳥井信治郎さんの「赤玉」

2017年4月 7日 19:20

 日経朝刊の小説、「琥珀の夢」。楽しみに読ませてもらっています。今朝の小説の挿絵に鳥井信治郎さん苦心の作の赤玉がでています。我が家の近くのザ・ガーデンでその赤玉を発見。まあ、当時のものとは違うのかもしれないけど、結構、おいしいです!
琥珀の夢.png

 

ページごとに見る

新著、「投資の鉄人」が発刊されました

2017年4月 7日 12:10

 大江英樹さん、馬渕治好さん、竹川美奈子さんとの共著、「投資の達人」(日経プレミアシリーズ、850円+税)が発刊されました。著者の四人は「ミッション・フォー」としてこれまで講演を続けてきました。本当に個人投資家に役立つことをお伝えしようという「四人の伝道団(ミッション)」です。
資産形成は始めることよりも続けることの方が難しいものです。しかし、続けなければ効果がでないのです。長期投資の長旅では様々な迷いが生じます。その代表的なものが「情報」、「相場」、「商品」そして「自分」です。これらの迷いに惑わされないためのポイントを四人の著者が解説します。
この本をお読みいただき読者のみなさまが雑音に惑わされない真の「投資の達人」になっていただきたいと思います。

第1章 情報に惑わされない(馬渕治好さん)
第2章 相場に惑わされない(岡本和久)
第3章 商品に惑わされない(竹川美奈子さん)
第4章 自分に惑わされない(大江英樹)
*各省の最後に四人での各テーマについての座談会が掲載されています

投資の鉄人(帯付).jpg

投資の鉄人(座談会).jpg

アマゾンでのお求めは以下のQRコードからもできます。QRコード.png

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ