不都合な真実

2007年7月14日 15:40

アル・ゴアの「不都合な真実」をDVDレンタルで見ました。資料や本で読んだり、色々な方の話を聞いたりしてきた話題ですが、全体をまとめて、画像 でそれを見せられると問題の深刻さを改めて認識します。アル・ゴアのパフォーマンスも非常に真剣な態度が伝わってくるので好感がもて、もし、彼が前回の選 挙で大統領になっていたらどうだったろうな、などと思ってしまいます。

全体が大きなプレゼンテーションと考えられるのですが、その構成やプレゼンテーションの仕方にも印象付けられました。やはり、世界を回って同じプレゼンテーションをしてきているので、実に印象に残るうまいプレゼンテーションに練り上げられています。

ちょっと政治的な配慮が感じられたりする部分もあります。また、アル・ゴアの生まれや育ちもそれとなく挿入されています。でも、それほど、嫌味ではありません。「その話はもういいよ」と思わずご覧になることをお勧めします。

2007年7月14日 15:40 岡本和久 |

« 前の記事 | 次の記事 »

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ