資産運用「気づきのタネ」(36)資産運用の勉強は難しいか?

2011年4月30日 10:40

資産運用の勉強は難しいか?


 資産運用というと、「難しい」という印象が強いようです。でも、年金では退職後の生活が成り立たないことが明確ないま、誰にとっても資産運用は「しなければならない」ものです。まさに、資産運用は生活のなかに組み込まれるべきものなのです。

「難しい」という印象が強い背景には、相変わらず資産運用の考え方や手法が西欧から輸入されたそのままの形で伝えられていることにあります。私はそれを「和風化」することが必要だと思っています。これについては「賢い芸人が焼き肉屋を始める理由*投資嫌いのための『和風』資産形成入門」をご覧ください。

もう一つの理由が販売サイドが、少しでも多くの投資商品を売ろうとして、どんどん商品を複雑化しているという点があると思います。株式や債券などのように価値の裏付けがある金融商品は非常に単純です。でも、みんな、価値の長期的な増加ではなく、目先の価格の変動を追い求め、袋小路に入ってしまうのです。そのような短期的なニーズに合わせて作られた難しい投資商品の話を金融機関の営業マンから聞かされ、「難しい」という印象を持ってしまうのです。

私は資産運用の知識は我々がコンビニで買い物をするとき必要な知識程度で十分だと思っています。我々がコンビニにお昼を買いに行く時を考えてください。昨日の夕食、結構、食べ過ぎてしまったので、今日は焼肉弁当ではなく、サンドイッチにしておこう。飲み物はお茶のボトル。ちょっと甘いものも欲しい。でも、アイスクリームはやめて、小ぶりの羊羹にしておこう。それぞれ、メーカーや値段、賞味期限、カロリーなどをチェックして全体の予算内で何を買うかを決めます。また、極端に安い商品などあれば、ちょっと「?」と思うでしょう?

別に専門技術はありません。ただ、「自分は何を求めているのか」が明確で、賞味期限やカロリーなどの基本的な意味がわかっていて、そして、自分の予算を知っている。それだけです。ところが、金融商品となるとなぜかこの常識的なことができないのです。お店でセールになっているものをみんな買ってしまう。みんなが買っていると一緒に買ってしまう。キャンペーンに飛びついてしまう。営業マンに勧められるとなんとなく「お任せ」したくなってしまう。

スーパーでは常識が働くけれど、証券会社や銀行などの販売会社ではそれが失われる。投資に難しい勉強は不要です。コンビニで買い物をするときに必要な知識程度で十分です。複雑な理論よりも、何よりも、大切なのは、「明確な目的」と普通の常識、特に「おいしい話は危ない」という注意深さだけです。

 

2011年4月30日 10:40 岡本和久 |

« 前の記事 | 次の記事 »

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ