第122回、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2015年11月16日 16:00

 第122回、I-OWAマンスリー・セミナーが11月15日に開催されました。

今回は私は少し趣向を変えて「瞑想と投資で生きるしあわせな人生」というお話をしました。瞑想によって意識を拡大し静寂さが心に浸透するほどに、長期投資、分散投資などが自然に自分のものになってきます。投資は始めることよりも、続けることの方がずっと難しいのです。それはマーケットの変動というストレスが常にかかるからです。行動ファイナンスが指摘するような合理的でない行動もしばしば行ってしまいます。瞑想で心の持ち方を変えることは資産運用を続けていく上でも非常に重要だと思います。 

DSC05360.JPG

今回のゲストはアムンディ・ジャパン株式会社 債券運用部長 有江 慎一郎氏でした。タイトルは 「個人投資家のための債券投資法」。一般に金利上昇局面では債券投資は良くないとされます。そして、超低金利のいま、金利はさらに下がるよりも上昇する可能性の方が高いでしょう。そのような環境のなかでどのように債券投資を考えていったらいいのか、とても有益なお話を伺えました。

DSC05370.JPG

恒例の座談会では債券投資についてはもとより、経済、金融などの幅広い議論をみんなですることができました。今後の投資環境を考える上でも有益な時間を過ごすことができました。

DSC05400.JPG
2015年11月16日 16:00 岡本和久 |

« 前の記事 | 次の記事 »

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ