埼玉県の高校で行った出張授業の感想文がきました

2015年11月10日 14:27

 埼玉県の高校から私の出張授業の感想文が到着。私が受け持ったクラスは情報技術科の高校二年生でした。

ハッピー・マネー四分法についてはこんなコメントがきました。実に良く理解してくれているので生徒の優秀さを感じます。

コメント
「今までの自分にとってお金は自分のためだけになるのだと思っていたけど講演会をきいて、お金をつかうのは自分だけでなく、いろんな人の感謝とともに世界を巡っていくんだということに気づけた。
また、ただお金を使うのだけではなく、ハッピー・マネー四分法の「つかう」、「ためる」、「ふやす」、「ゆずる」が大事だということを学んだ。
そのなかで「ゆずる」ことは人に自分の喜びを分け合い、将来の自分に返ってくるという考えはなかったので知ることができてよかった。「ふやす」は、お金だけを「ふやす」のではなく、いまの学びの時代で、たくさんの知識をふやし、友だちをふやす意味が入っていて、このハッピー・マネー四分法には、お金以外のこともふくまれていることにおどろいた。
また、起業家は、勉強ができ、頭のいい人だけだと思っていた。もちろん、たくさんの知識も重要だけど、今の世の中であったら便利だということをふまえ、アイディアを出すことによって起業家になれるんだなと感じた。
これからの人生、今は学びの時代だけど、次にその学んだことを生かさないといけない働きの時代がくる。そのあとに遊びの時代だけど一番大事な時期は学びの時代だと思う。なので今たくさん知識をつけて将来をその知識を生かす仕事につきたいと思えたのでよかったです。」


授業の後半は「起業家になろう!」という話をしました。みんな、それぞれ自分が企業家になったら何をしたいかを書いてくれました。ちょっと面白かったのは以下です。

「君のビジネス・プランを書いてみよう」
ビジネスの内容: 故障した電気器具の回収
必要とするもの、コスト: 回収するための車、広告料
価格は?利益は?: 無料で回収し、なおすことが可能ならなおして売る
将来性は?: 最近はどんどん新しい電気器具が開発されているため、故障したら買い替える人が多い。故障したものを回収し、再利用できるものに変える


その他、ビジネスの内容のみ書くと以下のような面白いアイディアがでていました。

○ 家計簿を計算してまとめてあげる
○ チケット取のために行列に並ぶ代行
○ 家族、親せきなどの代行
○ 夏はかき氷屋、冬はいも屋
○ 服の貸し出し
○ ハンバーガーをはさまないで中身を自分で選べるセルフ型のハンバーガー屋
○ カウンセリング、心理相談(岡本:意外に多かったです)
○ 将棋の相手(岡本:一回10円だそうです)
○ パソコンの操作説明(岡本:このクラスは情報技術科でした)

みんな、頭をひねって考えてくれてますね。誰でも「みんなが必要なことを提供できれば起業家になれる」ということに気づいてくれたらいいのですが。

image8.JPG

image6.JPG

2015年11月10日 14:27 岡本和久 |

« 前の記事 | 次の記事 »

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ