市川門之助丈とのお食事会

2016年9月 4日 13:11

 昨日(9/03)は歌舞伎の市川門之助丈のお食事会に参加。三笠会館の美味しい食事をいただき、楽しいお話を伺いました。質問コーナーでは、「歌舞伎は常に新しいことに挑戦しているし、いまも大胆な試みがたくさんなされている。でも、一方で伝統を守るということも重要です。これが崩れたら歌舞伎が歌舞伎でなくなってしまうという要素は何でしょうか」と質問させていただきました。門之助さんの答えは「男が演じるということと、常に変化をしていくということだ」とのことでした。つまり、変化をしていくことこそ歌舞伎であるというお答え。非常に興味深いお答えでした。NO KABUKI NO LIFEというTシャツもゲット。左の袖口にMONNOSUKEとあります。楽しいひと時でした。

DSC08272.JPG

DSC08278_1.JPG 

2016年9月 4日 13:11 岡本和久 |

« 前の記事 | 次の記事 »

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ