第137回 I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2017年2月20日 19:33

 ㋁19日、第137回  I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。直前に風邪をひかれた方が何人かいらっしゃり参加者は少な目でしたが、それを補ってあまりある活発な議論ができました。

私は今回から4回の予定で明治から1949年の戦後、取引所が再開されるまでの証券市場の歴史をお話することにしました。今回はその第一回目で日本に初めて資本主義特有の恐慌が起こった1890年までの黎明期を解説しました。できるだけその時々の世相を交えながらお話したいと思っています。

DSC00165.JPG

ゲストは竹川美奈子さん。投資信託の「いま」と「これから」というお話でした。クイズを交えながらの講演、でも、「へ~」と思うこと満載のお話でした。それにしても投信改革の先は本当に長いなと痛感しました。

DSC00179.JPG

座談会はいつもにもましてみなさん、積極的に発言していただけ、投資信託や個人への投資教育などについてみなさんが強い関心をもっていらっしゃることがよくわかりました。さらに、懇親会は楽しく、活発な、ときに過激な意見もでてとても楽しいひと時でした。

DSC00200-1.jpg

 

 

2017年2月20日 19:33 岡本和久 |

« 前の記事 | 次の記事 »

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ