第146回、I-OWAマンスリー・セミナーは11月19日に開催されました

2017年11月20日 19:41

 第146回、I-OWAマンスリー・セミナーは11月19日に開催されました。

私は今年の5月にフィラデルフィアできいたリチャード・セイラーさんの講演内容を紹介しました。いうまでもなくセイラーさんは今年、ノーベル経済学賞を受賞されました。彼のナッジはこれから行動経済学の実用化の大きなステップになっています。ナッジというのは肘でちょっと突っつく意味ですが、少しだけ背中を押してあげると非合理的な行動を修正できるというものです。その一例としてSaveMoreTomorrowというリタイアメント・セイビングの方法などのお話をしました。M20171119- (3a).jpgM20171119 (10ms).jpg

ゲストにはグローバル・リーダー育成、自発的変革促進のスペシャリスト、藤井義彦さん。さすがコーチングの大ベテランだけあり、参加者のみなさんと会話をしながら、心のなかのもやもやした考えをはっきりとしたものにして本人に気づかせてあげるすばらしい講演でした。藤井様と私は二人とも長く瞑想をしています。瞑想友です。それで瞑想の話もたくさんしていただきました。M20171119- (30ms).jpgM20171119- (22ms).jpg

超越瞑想(TM)の推進をしているマハリシ総合教育研究所から原田季代子先生も参加していただき、瞑想の疑問にも答えていただきました。

さらに今回は岐阜県恵那市より東海信栄電子工業の代表取締役、田中義人様が参加されました。田中様の掃除の哲学はまさに瞑想ととても類似した部分がありました。まさに、瞑掃除(?)。田中様のとてもピュアな想いに触れ心が洗われるような気がしました。

M20171119- (47ms).jpg
2017年11月20日 19:41 岡本和久 |

« 前の記事 | 次の記事 »

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ