最新のエントリー

松本でハッピー・マネー®教室を開催させていただきました

2016年3月29日 19:26

エプソン労働組合さまのお招きで松本でハッピー・マネー教室を開かせていただきました。小学生が10名と保護者の方々に参加いただきました。

DSC06898-1.jpg

低学年向けの「ハッピー・マネー®四分法」と高学年向けの「起業家になろう!」というお話をしました。その後、子どもたちが自分のハッピー・マネー®四分法と起業家ビジネス・プランなどを書きました。

DSC06900-1.jpg

とにかく子どもたちと同じ目線で話を聞きアドバイスを与えるとどんどん新しいアイデアがでてきます。子どもの発想力はすごいですね。

DSC06901-2.jpg

DSC06904-1.jpg

DSC06923-1.jpg

最後は子どもたちがきちんとみんなの前でプレゼンテーションをしました。我が子の立派な姿に一番驚いたのは保護者の方かも。

DSC06936_0000.JPG

DSC06938_0000.JPG

ページごとに見る

そうだ、京都 行こう!

2016年3月27日 21:30

 というわけで京都は伏見稲荷大社へ。

歌舞伎、「義経千本桜」の「鳥居前の場」で有名なところです。

DSC06745.JPG

外人旅行者に一番人気だそうです。

DSC06774-1.jpg

DSC06781.JPG

こんなものもありました。

DSC06866.JPG

ページごとに見る

資産運用こぼれ話:購買力プラス・アルファ

2016年3月25日 07:49

購買力プラス・アルファ


こんな質問をよくします。

(A) 過去5年間、物価が10%上昇した。資産運用の結果、金融資産も8%増加した
(B) 過去5年間、物価が10%下落した。資産運用の結果、金融資産は8%減少した
さて、どちらが資産運用で成功と言えるでしょう。

資産運用は人生を通じて経済基盤を構築していくものです。お金は最終的には生活に必要なものを買うために消費されていきます。つまり、お金の価値の裏付けは「購買力」なのです。金融資産が8%増加してもその間に物価が10%上昇していたら、お金で買えるものは当初と比べて約2%減少してしまいます。一方、金融資産が8%減少してもその間に物価が10%下落していればお金の購買力は約2%増加しています。つまり、資産運用として成功しているのは(B)なのです。

長期的に見れば金利はほぼ物価の変動率にスライドしています。したがって債券に投資をしていれば基本的にはお金の購買力は維持できることになります。しかし、仮に就業中の給料の三分の一を退職後のための投資に回し、購買力の維持に成功したとしても、退職後の生活レベルはそれまでの半分になってしまいます。

ですから普通、資産運用は購買力を維持すると同時にプラス・アルファが必要なのです。それを提供してくれるのが株式です。全世界の経済成長は民間企業が牽引しています。したがって、長期的に見れば全世界の株式の期待リターンは全世界の名目GDP並になります。名目成長率は物価の上昇を表すGDPデフレータと実質成長率の合計です。つまり、株式に投資をするということは購買力を維持しつつ、数量の成長率であるプラス・アルファを得る事ができるのです。

もちろん、株式のリスクは債券よりもずっと高いですから、あまりに大きいプラス・アルファを求めるとポートフォリオのパフォーマンスも大きく変動することになります。そこで、自分が許容できる変動でプラス・アルファを得ることが資産配分の課題ということになります。

(この原稿は投資手帖2016.04に寄稿したものです)
 

ページごとに見る

I-OWAマンスリー・セミナー(第126回)が開催されました。

2016年3月21日 09:29

 2016年3月20日、第126回、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。

三連休の中日にもかかわらず完全満席。

私は「リーダーシップとビジョン」という新ネタのお話をしました。結局、あらゆる組織の一番のキモはビジョンであり、それが実現できるかどうかは様々なレベルでのリーダーシップです。セミナーでは西遊記、オズの魔法使い、桃太郎、新選組などの組織のリーダシップをみなさんを小グループに分けて検討して発表していただきました。

s_DSC06695-1.jpg

ゲストはお金のデザイン社の社長、広瀬朋由さん。同社の理念や組織、モデルに組み込まれた投資哲学と投資手法などのお話を聞けました。Theoという新サービスは10万円から投資ができるそうです。

お金のデザイン社のホームページでは簡単な質問に答えるとどのような資産配分が合っているかを知ることができます。(こちらで試してみてください)

そして、同社に運用を委託すると具体的なETFの組み合わせもでてくるそうです。運用報酬が1%で、売買手数料も無料というのもうれしいですね。

DSC06699.JPG

座談会、懇親会も非常に盛り上がり、有益が議論が交わされました。

s_DSC06727.JPG

4月のマンスリー・セミナーはゲストの都合で通常の第三日曜ではなく、第四日曜(4月24日)です。

ゲストはアーユルヴェーダ医として名高い蓮村誠先生です。病気にならない健康投資についてお話いただきます。私は寄付と投資の関係などに焦点を当て、金遣いの王道についてお話します。お楽しみに。

ページごとに見る

岐阜でハッピー・マネー®「ミニ」教室

2016年3月20日 08:54

 岐阜でハッピー・マネー®「ミニ」教室。いままで私の教室に来てくれた最年少は2歳でしたが、今回は1歳が二人。ピギーちゃんで遊んでくれていました。これも勉強でしょう。アレンジをしてくださった国立さん、ありがとうございました。終了後の懇親会も楽しかったです!

DSC06637.JPG

DSC06641.JPG

DSC06639.JPG

ページごとに見る

昼、夜で京都のラーメン名店を制覇!

2016年3月20日 08:48

 京都で一泊。絶好のチャンスと昼は新福菜館、夜は第一旭。両方とも京都のラーメンの名店として名高いお店です。この両店、並んで立っているのです。良きライバル、甲乙つけがたい・・・。

DSC06578.JPG

新福菜館
DSC06573.JPG

第一旭
DSC06630.JPG

 

 

ページごとに見る

京都でハッピー・マネー®教室

2016年3月20日 08:41

京都でハッピー・マネー®教室。ありがとう投信さんからご依頼をいただきました。

DSC06599-1.jpg

うれしかったのはセミナー後のアンケートで100%の方が私の話を「非常に良い」と答えていただいたこと。

少しでもお役に立てたならうれしいです。良いコメントもたくさんいただきました。

  • 大人や中学生向けの話があれば、自分も参加したいと思います。
  • 岡本さんのお話は、経済活動について非常に考え抜かれていて非常に感銘を受けました。
  • 岡本さんのお話は今の世の中にとって大切なことだと思いました。私もまわりの子供や若い人たちに伝えていきたいと思います。ありがとうございました。
  • 子供がマネー教室に参加するのは初めてで、とても良い機会となりました。家でピギーちゃんを使って子供にお金の話をしたことはありますが、やはり岡本さんから直接お話が聞けて、お金が感謝のしるしであることなど、よくわかったと思います。どうもありがとうございました。
  • 子供の時から何か作り出していく発想力が必要だということが、これからますます必要となり、私たちの今までの経験からだけでは教えていくことは難しいと思いました。
  • 小さいころからハッピーマネー四分法を知るのはとても良いことに感じました。そういう子供がたくさん増えて、ハッピーマネーの大人になると日本ももっと良くなるんじゃないかと思いました。私はすでに大人ですが、今からでも遅くないと信じてハッピーマネーを心がけていこうと思います。

ちびっ子たちのワークショップも発表会もありました。講義メモも感想文も立派です。

DSC06622-1.jpg

DSC06602.JPG

DSC06609.JPG

ページごとに見る

ほんとにこれでいいの?

2016年3月16日 08:07

ほんとにこれでいいの?

先日、日経夕刊に「子供にこそマネー教育」という記事がありました。まあ、まともなことも書いてあるのだけど気になったのは東京の高校でやっている「株式学習ゲーム」。要は仮想の1000万円で株式シミュレーション・ゲームをして1年間のパフォーマンスを競うというもの。資産合計1637万円のチームが優勝したそうです。

これって投機ゲームじゃないの?

高校生にこそもっと、投資という「経済行為」がどのように世の中の役に立つかをきちんど教えるべきではないかと思います。たかが1年間の株価パフォーマンスで勝ち負けを決めるというのは、株式が企業にとって長期安定資金の源泉であるという本質からかけ離れているように思います。
投資は経済活動に資金を投げること。つまり、企業の付加価値創造に資金を活用してもらうということです。付加価値が創造されるのには時間がかかります。ですから、投資も当然、時間をかけて収益を得るものです。1年間というのは投機家にとっては気が遠くなるほど長期かもしれませんが、投資家にはごく短い期間です。
また、「ゲーム」という感覚もなじみません。本当の投資はお楽しみのためにするものではなく、将来の自分のために行うもの。楽しく投資をすることは決して悪いことではありませんが、それは本来の目的があっての上の話です。
仮に1年間で売買をすることがあっても、そして、ゲームのように楽しく投資をすることがあっても、その本質を若者たちにはしっかり理解してもらいたいです。株式学習「ゲーム」ということで、投資がその場限りのバクチ的ゲームになってしまうことが心配です。
投資教育家を名乗って11年になりますが、何か世間でいう「投資教育」とか、「リテラシー」という言葉に違和感を感じてしまうんですね。

ページごとに見る

聖ヶ丘中学3年生へのメッセージ

2016年3月11日 19:23

 3月10日、多摩市立聖ヶ丘中学校で出張授業をさせていただきました。

卒業式を目前にした中学三年生向けです。東日本大震災から翌日でちょうど5年目。

私が生まれた1946年の「戦」災の写真を見せました。この写真は拙著「お金、仕事、投資、生き方の授業」で紹介したもの。私が生まれた1946年、GHQの兵隊が厚木から横浜に行く途中で写真に撮った風景です。

日本はここから復活したんです。いま、色々な問題は抱えているけど、このことを思えば世界に輝く国になることだって十分に可能です。そして、それを実現するのはいま、中学を卒業しつつあるこの授業で会った若者たちです。

大好きな仕事を見つけ、その仕事を通じて世界の平和に貢献して欲しいと心から思います。

戦災1946.jpg

ページごとに見る

宮崎はおいしいものがいっぱい!

2016年3月11日 08:42

 説明いらないですよね。

DSC06452.JPG
DSC06484.JPG
DSC06491.JPGDSC06492.JPGDSC06519.JPGDSC06528.JPG

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ