最新のエントリー

株価チャートをどう見るか

2008年10月20日 15:07

● 株式投資を始めたい、そのためには何か勉強をしたい、そういう方がまず、勉強するのが株価チャートの見方です。チャートは「罫線」と呼ばれることもあります。チャートは、まったく無益だとは思いませんが、長期投資に際してはあくまで補助的な手段だと私は思っています。株式市場を相手にするのに株価を見ていても仕方がない。株価を動かす背景を知る必要があるのです。しかも、株価は誰でも手に入る情報です。そのような情報をもとに取引をしてみてもほとんど収益の機会はないと考えるべきです。

● 世の中には優秀なチャーティストとか、テクニカル・アナリストと呼ばれる人たちがいます。しかし、それらの人たちは本当に命をすり減らすようにして分析をし、株価の背後に潜む要因を把握しようとしています。とてもシロウトの方が本を読んで勉強できるようなレベルのものではないのです。繰り返しますが普通の投資家がチャートを過信して投資に用いるのは意味がありません。

● そのような前提で少しだけチャートの見方を説明しましょう。株価チャートでもっとも有名なのが「ローソク足」です。新聞などでよく目に触れるのがこれです。白と黒の太い棒の上下に細い線がでているのが普通です。一日にしろ、一週間にしろ、一か月にしろ株価の動きは四つの数値で把握できます。つまり、始まりの値段(始値)、終わりの値段(終値)、そしてその期間のなかの高値と安値です。終値が始値より高いときは、その期間に株価が上昇したことになります。このような時には白い太線を描きます。逆に始値の方が終値よりも高いなら、値下がりしたことになり黒い太線を書きます。この太線を実体と呼びます。太い線の上下にでている細い線はその日の高値と安値を示します。この細い線はヒゲと呼ばれています。こうしてある期間の動きが一本のチャートで表されます。

● この白い線と黒い線の組み合わせによって色々な名前がつけられ、今後の株価の動きを暗示するとする説があります。少なくとも私の体験ではこれらで株価の今後を判断するのは非常に難しい。色々なバリエーションが多すぎて、あとからみると何となく説明がつくような気がするのですが、実際にある局面で今後がどうなるのかはわからないのです。

● その中でちょっと参考になるのは、ヒゲの長さです。たとえば、ある一日の動きで一度、大きく売り込まれても反発して終わることがあります。このような時は下向きのヒゲ(下ヒゲ)が長く伸びるのです。これは、安くなったら買いたいと思う人がたくさんいることを意味しています。反対に上向きのヒゲ(上ヒゲ)が長いときは値段が上がったら売りたい人がたくさんいることがわかります。これは実際に発注をする際、知っておいてもよいことだと思います。

● もうひとつチャートで役立つのは移動平均線と呼ばれるものです。移動平均というのは過去の株価の平均値です。普通、短期、中期、長期があり、短期は25日、中期は100日、長期は200日などがよく使われます。例えば200日移動平均線は毎日、直前200日の株価の平均を描いたものです。

● 短い移動平均線がより長い移動平均線を下から切り上げるときを「ゴールデン・クロス」、反対に上から切り下げるときを「デッド・クロス」と呼び、相場の転機を示唆すると考えられています。

● 長期の線が長い間、横ばいを続け、次第に少しずつ上昇に向かうとき、そんなときは自分は気づいていないでも何か変化が起こっているのかも知れません。すべての銘柄のファンダメンタル分析をするのはあまりに大変です。そこで、チャートブックなどで長期的な移動平均線が長い底ばい状態からじりじり上がりだしているような銘柄を見つけだし、それらのファンダメンタル分析をしてみるのは有効かもしれません。

ページごとに見る

長岡へ

2008年10月15日 12:14

 10月14日、長岡へいきました。

朝9時半に長岡駅着。東京から約1時間半。近いんですね。

前長岡市副市長の二澤和夫さんが出迎えてくださいました。二澤さんとは昨年の美瑛でのインベストライフ・セミナーでお会いして以来です。現在は副市長を退任され、「これまであちこちで切ったカラ手形を実行している」とのことです。とてもお元気そうでした。二澤さんは長岡での二回の地震を体験されています。被災したときの心得などリスク管理につきとても参考になるお話を取材させていただきました。会報誌の11月号に掲載予定ですのでお楽しみに。

午後は経済同友会のアレンジによる東京電力の柏崎苅谷原子力発電所の見学会に参加させていただきました。普段は公開していないところまで拝見させていただきました。全社で昨年の事故による修復作業が行なわれているのが感じられました。原発は初めてでしたのでとても興味深い見学でした。

帰り長岡駅でアド街ック天国でも取り上げられた、日本一の駅弁という「にしん・かずのこ、さけ・いくら親子めし」を購入。持って帰り自宅でいただきました。それぞれのご飯の味が具と合っていて美味しかったです。

20081014Nagaoka01.jpg

ページごとに見る

岡山でセミナー

2008年10月 6日 08:32

日経ヴェリタス主催のセミナーが岡山で開催され、そこで講師をつとめさせていただきました。

雨のなか100名ぐらいの方がおいでになっていました。
演台から話をしながら見ていると多くの方がしっかりとメモをとってくださっているのがわかりうれしかったです。
マーケットの状況が大荒れなので、特に最近の投資環境について触れた部分についてはみなさん、真剣に聞いていただけたようにおもいます。

3時に終了、4時の新幹線で帰宅。風邪気味であまり体調は良くなかったのですが、みなさんに私の考え方を聞いていただけるのはとても幸せなことです。

ページごとに見る

新聞のマーケット総合欄の見かた

2008年10月 5日 16:43

●株式指数の他にも株式市場には大切な指標がたくさんあります。今回は日本経済新聞のマーケット総合欄および証券欄などに掲載されている注目すべき指数について解説します。

●まず、朝刊です。マーケット総合1のページの主要指標にはさまざまな株式指数がでています。これらについては前回、説明しました。売買高・売買代金・騰落銘柄数は目を通す価値があります。まず、売買高は取引の量を株数で示したものです。また、売買代金は取引量を金額で表示しています。これらの数字が大きいほど、活況であり、さらに増えれば過熱しているということになります。また、極端に取引が細れば、人気が離散している証拠でもあります。長期投資のタイミングを見るのであればやはり売買高や売買代金の少ないときに少しずつ仕込む戦略が良いだろうと思います。

●騰落銘柄数も役に立つ指標です。本当に市場が強いときは幅広い銘柄が値上がりします。一部の値嵩株(値段の高い株式)が値上がりして日経平均が上昇しても、騰落銘柄数を見ると値下りしている銘柄が多かったりすることがあります。そんなときはあまり実体は強くないと考えられます。また、大商い10銘柄占有率も参考になります。これはその日の取引量トップ10が全体の売買高に占める比率です。この数値が高いほど、少数の銘柄が市場をリードしているといえます。どんな銘柄が売買代金で上位をしめたかは、同じページのStock Rankingで知ることができます。

●市場全体の純資産倍率(PBR)、株価収益率(PER)や平均配当利回りもこのページで見ることができます。これらは毎日、見る必要もなく、月に一回ぐらいか、あるいは市場は激変したときにでもチェックしておけばいいだろうと思います。

●マーケット総合2の主要指標の欄には為替レート、金利などがでています。為替ではドルとユーロの対円レートは見ておいた方がよいでしょう。短期金融市場では、コール・レート(無担保、翌日物)とCD三ヶ月もの、債券市場では新発10年国債の利回りをみておきましょう。

●証券欄には個別銘柄の株価がずらりと書かれています。それぞれの銘柄につき、その日の最初についた値段(始値)、高値、安値、そして最後の値段(終値)、終値の前日比、そして売買高がでています。売買高はその銘柄の活況度を表すのは市場全体の場合と同じです。銘柄名の前にA~Kまで文字がでていますが、これは売買単位を示します。例えばAは100株単位。無印は1000株単位です。また、「・」の印がついている銘柄は信用取引の対象銘柄です。

●毎週土曜日の日経に週間株式というページがあります。ここに週間株式指標という欄があります。このなかで株価指数の移動平均を調べることができます。例えば25日移動平均であれば、過去25日間の株価の平均です。一般的には25日、100日、200日などが重視されています。また、騰落レシオもここで見ることができます。普通は25日の移動平均値を見ます。これは過去25日間の値上り銘柄数合計を同期間の値下り銘柄数合計で割った比率で、一般に70割れは安値圏、130越えは高値圏などといわれています。

●日経夕刊のマーケット総合は海外市場の動向を把握するためのデータが満載です。ここで世界各地の市場指数、海外での為替レート、金利、商品価格と指数などを調べることができます。あまり、最初から欲張らずいくつかの指標を自分で選んで週に一回、数値を拾いノートに記録しておくと新聞記事を読む上でも役に立つことが多いものです。

◆◇◆◇岡本和久のマーケット・アドバイス◆◇◆◇

マーケットが大波乱です。これまで経済規模の成長を超えておカネの量がどんどん増えてきました。過剰流動性のもとで、レバレッジ、流動性の少ない市場への投資、信用度の低い証券への投資、証券化証券などが幅をきかせてきました。しかし、2006年ごろを境に、新興国でのインフラ投資などが盛んになり、おカネが実物経済に流れ始めました。また、アメリカの住宅バブルの崩壊が起こりました。このトンネルの先にあるのは、これまでのようにおカネの量によって株価が上がるのではなく、利益の成長によって株価が上がる展開です。つまり、金融相場から業績相場への移行なのです。そして、このように相場性格が大きく変化するときには、普通、大きな下げがあるのです。長期投資とは、煎じつめれば時々、発生する暴落に耐えるということに他なりません。ここはドンと腹を据えてこのマーケットからしっかりと長期投資を学んでください。

ページごとに見る

インベストライフ・セミナー開催

2008年10月 3日 15:43

クラブ・インベストライフの東京セミナーが10月2日に渋谷区のリフレッシュ氷川で開催されました。

講師は澤上さん、島田さん、速水さんと私。
「投資の勉強の仕方」がテーマでしたが、いまほど、勉強の教材が豊なときはありません。
速水さん、島田さん、澤上さんと現在のマーケットで何を学ぶかをお話しいただきました。

その後、私が基調講演。
株式会社の仕組みと株価、世界はどこへゆくのか、そしてマーケットで何が起こっているのかなどの話をさせていただきました。

IL2008100201.jpg

それから質疑応答。
現在の日本の株価は「いつ」、「いくら」で下げ止まるでしょうか、などというみんなが聞きたくても、なかなか聞けない質問や、株価の実体価値の求め方、バフェット氏のゴールドマン・サックス株購入について、投資で失敗したときに反省は必要か、など興味深い質問をたくさんいただきました。

大荒れのマーケットのなかでブレない講師のコメントを聞いてみなさん、少しは心が落ち着かれたようでした。

ページごとに見る

浜松で楽しい人たちとおいしいラーメンに出会った!

2008年9月29日 10:53

 午前中に京都から浜松に移動。

浜松で講演がありました。たくさんの新しい出会いができとてもうれしかったです。懇親会も楽しかった!

講演の前に浜松で評判のラーメンハウス三太にいきました。人気一番という醤油ネギラーメン、750円を注文。トンコツスープですが決してしつこくなく、しかも、太めの麺がおいしい。最近では出会うのが少なくなった太めの麺でした。チャーシューもノリもよかったですが、何といっても山盛りのネギは新鮮でおいしかったです。写真の後ろの方にあるネギの山を見てください。店員さんが、あのネギをどんどん切っていました。

20080928-1.jpg

カウンターにおやじさんのラーメンの食べ方などのうんちくが書かれていたけど、一番下に「あんまり気にしないで食べてね」というような三太おやじさんの娘さんのコメント。これもほほえましいですね。

ページごとに見る

京都で講演会

2008年9月28日 08:19

  昨日は日経ヴェリタス主催の京都での講演会でお話をしました。
 

私は講演の最初によく挙手によるアンケートをします。その質問のひとつに「あなたは長期投資家ですか?短期投資家ですか?」というのがあります。
先日、同じく日経ヴェリタス主催の大阪での講演をしたときには、約9割の方が、「自分は短期投資家だ」に挙手されたのです。ところが、昨日の京都では9割ぐらいの方が「自分は長期投資家だ」と言われたのですね。これはちょっとびっくり。やはり、京都と大阪というのは投資に対する考え方がずいぶん違うのでしょうか。おもしろいですね。

私は長期投資、資産運用などのお話をしたのですが、終了後、出口でごあいさつをしていると、たくさんの方が、「今日は本当に来てよかった」と声をかけてくださいました。とってもうれしかったです。

セミナー前に元気をつけるため、「ラーメン」。京都では、いつもインベストライフ編集委員の平山賢一さんご推薦の新福菜館に行きます。昨日もそのつもりで行ったのですが、いつものように行列がなかった。一方、隣の第一旭というお店には行列が。つい、そちらに並んでしまいました。特製ラーメン750円。これはなかなかのものでした。後でインターネットで調べたらずいぶん歴史と思い入れを感じる店です。平山さん、一度、行ってみてください。

20080927-0001.jpg

新福菜館と第一旭、よきライバルが二軒、並んでいるのは楽しいものですね。

20080927-0002.jpg

ページごとに見る

ウェルス・マネジメント・フォーラム誕生

2008年9月23日 14:53

昨日、日本CFA協会のなかにウェルス・マネジメント・フォーラムが誕生しました。

8月、私が日本CFA協会主催のセミナーで一般個人投資家の投資のあり方について話をしたのですが、その趣旨に賛同していただいた方々が中心になり、23名のCFAチャーター保有者が集まり、これからの活動方針について話し合いました。

昨夜はビジョンやミッションについて熱い討論が行われました。大きな目標についてこうして十分な議論をすることは非常に有益です。下記のポイントにつき参加者の賛同が得られたと思います。

・ 個人投資家が豊かで幸せな人生を送るためのひとつの有効な手段として、幅広い投資や資産運用の理解と実践法を普及していきたい

・ 日本の個人金融資産が経済合理性に則って活用されることは日本の将来にとっても極めて有益であること(これは日本CFA協会のビジョンとも一致してます)

・ 金融・投資・運用における世界水準のプロとして、高い知識レベルと倫理性を保ち、本当に生活者たる個人投資家に役立つ活動をしてゆきたい

参加者全員、本当に熱い志を持っていることが感じられとてもうれしく思いました。この小さな活動が、大きく発展していくことを願ってやみません。

ページごとに見る

2008年9月のマンスリー・セミナーが開催されました

2008年9月22日 14:36

 2008年9月のマンスリー・セミナーが開催されました。
今月でちょうど丸3年経ったことになります。何とかここまでこれたのも皆様のあたたかいご支援のおかげです。お礼を申し上げます。

今月の内容は以下の通りでした。
① 「空間のデザイン」(伊藤宏一)
② 「老荘に学ぶリラックス投資術」(岡本和久)
③ 「生活者のための簡単で有効な投資法」(加藤隆、バンガードグループ駐日代表)
④ フリーディスカッション(加藤氏、伊藤氏、岡本)

それぞれの講演内容に一貫性があったのでご好評をいただきました。特に老荘思想はまさにインデックス運用の考えに合っており、加藤さんのインデックス投信の活用法とぴったりの内容でした。

200809MS.jpg

セミナー後の懇親会も幅広い話題で盛り上がっていました。

ページごとに見る

株価指数のいろいろ

2008年9月20日 14:34

●株式市場では色々な銘柄が上場され、毎日、さまざまな値段がついています。それらを全体として把握して、市場が上 がったか、下がったかを判断するためにあるのが株価指数です。このような指数が今日のような形で最初にできたのは1896年にチャールス・ダウ等が始めた ダウ平均12種だと言われています。これが進化して現在のダウ工業株30種となっています。ちなみに、当時、この指数に採用され現在も残っているのはGE のみです。

●株価指数には大きく二種類あります。ひとつが株価の平均をとったものです。こ のタイプで一番有名なのが日経平均です。日本経済新聞が選択した代表的225社の株価の平均値をとったものです。ただ、単純な平均ではなく、特殊な場合に は修正を加えます。例えば、株価が上がり過ぎると一般投資家が取引しにくくなるので、株式を分割して、値段を下げることがあります。この場合は、株価は下 がりますが、それは評価が下がって値下がりしたわけではないので、このような場合には平均を計算する際にその修正をするのです。日経平均は一番、投資家に もなじみがあり、普通、「今日は株式市場が300円高だ」などというときはこの指標を指しています。注意が必要なのは、この指数は単純な株価の平均なの で、値段の高い株価の動きに影響されやすいということです。

●ちょっとおもしろい話を紹介 しましょう。戦後、日本で株式市場が再開されたのが1949年の5月16日でしたが、この日の日経平均は176円でした。一方で、ニューヨークのダウ工業 株平均も四捨五入すると176ドルだったのです。その後、日経平均は1989年末に38915円の史上最高値をつけます。そのときのニューヨーク・ダウは 2732ドルでした。これからもいかに日本の株価値上がりがすごいものだったかよくわかります。しかし、バブル崩壊を経て、現在、両者の水準がほぼ似たよ うなものになっている。これもまた、ちょっと感慨を覚えますね。

●さて、もうひとつの株価 指数のタイプに、時価総額加重の指数があります。時価総額というのは、株価×株数、つまり、現在の株価で上場されているすべての株式を買ったらいくらかか るかという数値です。いいかえれば、時価総額とは、その企業が株式市場でいくらの価値を付けられているかを示すものです。このタイプの指数は、その評価が 高い銘柄ほど大きなウェートを付けて指数を計算するのです。逆に評価の低い株式は小さなウェートになります。つまり、市場での評価の高い企業の株価の変動 に大きな影響を受ける指数だと言えます。この代表例は東証株価指数(TOPIX)です。人気の点では、日経平均に一歩、譲りますが、株式市場の本当の動き を知るにはこちらの方が適しています。したがって、私はインデックス投信やETFなどもできるだけTOPIX連動のものをお勧めしています。

● 日経平均や東証株価指数以外にも日本にはたくさんの株価指数が算出されています。例えば、東証二部の株価の動きを示す東証二部市場指数、マザーズ指数、日 経ジャスダック平均、JQ指数、東証REIT指数などです。また、東証一部のなかを大型株、中型株、小型株に分けてそれぞれを指数化したり、産業別に指数 が計算されたりしています。これらは日本経済新聞などに掲載されていますので、興味があればご覧になってみてください。

● 海外の株式市場にはそれぞれ独自の指数があります。アメリカでは工業に従事する主要30社の株価で構成されるダウ工業株30種平均、アメリカの主要500 企業の株価を表すS&P500指数、小型株の動きを示すNASDAQ(ナスダック)指数などがあります。また、イギリスではFTSE100、ドイ ツではDAX、フランスではCACなどが市場の動きを示す際に使われています。ただ、これらはそれぞれ、地元で決められているものなので、市場間の比較を する上で一貫性があるとは言えません。

●一方、世界中の市場を同一の基準で算出している指 数もあります。一番、有名なのがモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の指数です。これは時価総額加重の指数で、世界中の多 くの機関投資家に指標として使われています。国ごとだけでなく、地域ごと、業種ごとの指数もありますし、現地通貨ベース、ドルベースなども用意されていま す。先進国市場については23の市場が対象となっており、先進国市場全体を表す指標がMSCI World指数です。また、日本以外の先進国市場を示すMSCI Kokusaiという指数もあります。また、新興国25か国の株価を示すMSCI Emerging Markets指数、さらにそれよりももっと小さい市場を対象としたMSCI Frontier Markets指数もあります。先進国と新興国を合体したものがMSCI All Country World Index (ACWI)と呼ばれる指数で、これが世界全体の株式市場の動向をほぼ表すもの指標であると考えられています。。

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ