最新のエントリー

読者からの質問

2009年2月20日 10:12

● 長期投資というと身構えてしまって気楽に投資ができない。長期投資と短期投資の妥協点って見出せないものでしょうか。

ありがとうございます。長期とか、短期というのは保有期間で決まるものではありません。短期投資は、投資の対象があくまで株価であり、株式を売買することで値ざやを稼ごうとするものです。長期投資は、対象が企業です。そして、株式を保有することで資産を築いていくのです。投資先企業が成長するにつれて自分の投資資産も増殖していくわけです。

つまり、長期投資だから、何年間以上持たなくてはいけないというようなものではなく、「長期的な視野」に立って行なうのが長期投資です。「永代」という言葉があります。井原西鶴の「日本永代蔵」の「永代」です。これは「時間的制約がない」という意味だそうです。長期投資は、むしろ、「永代投資」と言ったほうがいいのかも知れませんね。

要するに時間を味方につけるのが長期投資、時間と戦うのが短期投資です。長期だからと身構えるのではなく、時間をかけてゆったりと資産を増やしていくのが長期投資なのです。長期だからこそ時間を味方につけてゆったり、のんびり、気楽に投資ができるのです。

● 私は投資判断をする際、「気持ち」を優先しすぎているように思います。その結果、十分なリターンが得られなかったり、分散が不十分だったりしてしまいいます。「志を込める」ということと、ポートフォリオを構築するということはどのように考えたらいいのでしょうか。

これはとても良い質問です。大切なことは、「投資」と「寄付」は違うということです。株式や投信への投資は金銭的リターンを求めます。寄付は金銭的リターンを求めるものではありません。

株式や投信への投資で成功するための有効な方法として長期投資があるのです。ここでは株式を例にとってお話しますが、投信でも同じことです。長期に投資できる企業とはどのようなものでしょうか。それは、自分がその企業を長く応援したいと思っていること、その企業が自分の代わりに世の中のためになることをしてくれること、自分の望むような社会を創ることに尽力してくれることなどがあげられると思います。

本当に社会の役に立つ企業は、世の中が求めているものを提供する企業ですから、本来、成長力も高いはずです。そして、その企業の理念に自分が賛同していればこそ、長期にわたってその企業の株主となることもできるのです。良いときも、悪いときもずっと応援し続けることができるのです。それが結果として高いリターンをもたらすのです。

そのような企業に投資をして得た収益を寄付に回せばいいのです。最初から寄付のつもりで投資をするのは、本来の目的から外れていると思います。

(私への質問があればinfo@i-owa.com宛てお寄せください)

ページごとに見る

マーケット・レビュー(2009年1月)

2009年2月 5日 11:11

● ベンチマークの月間パフォーマンス(配当を含めたトータル・リターン)
【日本株式  】  -7.6% (配当込東証株価指数)
【日本債券  】  -0.6% (野村BPI指数)
【先進国株式】  -10.2% (MSCI KOKUSAI、円換算値)
【新興国株式】   -7.6% (MSCI Emerging Markets、円換算値)
【外国債券   】  -7.4% (CITIGROUP WGBI)


● オバマ大統領が就任。新政権の理想買いから、今後は現実の政策を評価する局面に。懸念材料としては、国家の資本主義経済への過剰介入、行き過ぎた規制強化、保護貿易主義など。

● 心にとめておくべきことは、トンネルの向こうに明かりがちらりとでも見えたら、株式をこの水準で買うことはできないということ。株価は真っ暗だからこそバーゲンになっている。ただし、トンネルはかなり長いかも知れないことも事実。とにかく、時間をかけて自分が良いと思う銘柄をしっかりと仕込むという割り切りが重要。

● 予兆のない変化はないという。最近の上海総合指数の動きは気になるところ。また、原油価格や海運指数などに底堅さもでてきている。予断は許さないし、楽観するには時期尚早だが注目すべき動きだと思う。

● 私のわずか38年間の証券市場の経験でも、また、学んできた歴史でも、いまだかつて「終わらない不況」はなかった。「健康のため、株価の見すぎに注意しましょう」をお忘れなく。

ページごとに見る

ロシア視察④

2009年1月31日 16:01

帰途へ。サンクト・ペテルブルグを出る日は零下16度でした!ちょっと、寒かった。

ロシアは初めての訪問でした。

とても勉強になりました。
詳細はマンスリー・セミナーで話し、また、インベストライフにも書きます。

でも、結論として、

・ ロシアがこれから社会主義国家に戻ることはない

・ 国としてインフラ投資などやらなければならないことはたくさんある

・ 資源価格の高騰がなかったとしてもロシアは成長していただろう

・ これから数年は苦しいが、むしろ維持可能な安定的な成長を着実にたどることになるのではないか

などを考えています。

国としてさらなる成長のためには、外資と資源依存から脱却して、国内の資本蓄積を充実し、国内に産業を起こし、内需を喚起する、そのためにインフラ投資を政府は続けるなどになると思います、

ともかく、とても良い経験ができました。

ページごとに見る

ロシア視察③

2009年1月30日 15:53

  ロシアでもおいしいものにたくさん出会いました。

ただ、日本で知っていたロシア料理とずいぶん違うのでびっくりしました。

まず、ボルシチ。
日本ではシチューのような感じですが、こちらはビーツのとてもさっぱりしたスープでした。

20090211-03.jpg

 

それからストロガーノフ。私の好物です。
日本ではライスにかけて、カレーライスのような感じで食べるのが普通ですが、こちらはライスだけではなく、ポテトにもかけるのだそうです。味はおいしかったです。

20090211-02.jpg

また、ピロシキなども、本場では揚げパンではありませんでした。

ロシアの人が日本でロシア料理を食べる、あんまり違うのでびっくりしたと言っていました。

ページごとに見る

ロシア視察②

2009年1月29日 15:44

  モスクワからサンクト・ペテルブルグに移動。

モスクワと比べると寒いです。

しかい、街中が博物館のような町です。
こんな建物があっちにも、こっちにも。

20090211-06.jpg

市当局の方や日本からの進出企業、商工会議所、日本センターなど、ここでも興味深い話をたくさんきかせていただけました。

エルミタージュ美術館です。時間がなく、本当になかを駆け抜けるような見物でちょっと残念でした。

20090211-07.jpg

ページごとに見る

ロシア視察①

2009年1月27日 15:30

経済同友会のロシア・ミッションに参加。

モスクワに来ました。それほど寒くありません。

私としては「世界経済のグローバル化とフラット化というメガトレンドが今回の金融危機を乗り越えて長く続いていくのだ」という点につき、ロシアというもっとも原油の高騰・暴落の激しい影響を受けた国を視察することによって確信を得たいという目的での参加でした。

この旅行の感想については、私のマンスリー・セミナーでお話するほか、インベストライフ会報誌にも2回ぐらいに分けて書きたいと思っています。

まずは、赤の広場(後ろはクレムリン宮殿)と聖ワシリー寺院の夜景です。

20090211-04.jpg

20090211-05.jpg

ページごとに見る

2009年1月マンスリー・セミナー開催

2009年1月22日 16:02

2009年最初のマンスリー・セミナーが1月18日、東京都千代田区の全国町村会館で開催されました。

最初に伊藤宏一さんから「住宅資金のファイナンスと住宅の資産価値」について講義がありました。

私は、今月からバートン・マルキールの「ウォール街のランダム・ウォーカー」の解説をしてゆく予定で、今回はその一回目。今月は第一部の「株式と価値」について話をしました。歴史上のバブルの話などがたくさんでていますので、それらとの比較でみた今回のバブルについての解説を加えました。

ゲストはフジフューチャーズの西島靖さんによる「商品市況~仕組みと見通し~」という題の講演でした。商品先物取引の仕組みは、みな、あまりなじみがなく最初、少し戸惑いましたが、金と原油の上昇パターンの違い、世界の商品指数の構成比の比較など、とても面白いお話を伺えました。

懇親会も少人数だったのでかえって盛り上がり、大変、楽しいひと時でした。

ページごとに見る

成長を続ける世界の上場投信(ETF)市場

2009年1月20日 12:05

● 2008年は世界のマーケットにとっても投資商品にとってもひどい年でした。世界中の市場が、ほとんど同時に、急速に、大幅な下げを演じました。そのような環境下で投資家は、信用リスクや、流動性、商品の透明性などに懸念を抱き、「バック・トゥ・ベーシックス(基本に戻ろう)」が合言葉になっています。そのような風潮を受けて昨年大幅に成長したのが上場投信、ETF市場です。今日は、ETF市場で大きな勢力であるiSharesの運用会社、バークレイズ・グローバル・インベスターズのデータを紹介したいと思います。

● まず、2008年10月までの統計(Strategic Insightまとめ)では、世界のETF市場には1875億ドル($1=90円として、16.9兆円)の新規のネット資金流入がありました。一方で従来型のミューチュアル・ファンドは2567億ドル(同、23兆円)の売り越しでした。2008年末の時点で、世界のETF業界では、1590本のETFが発行されており、その残高は7110億ドル(同、64兆円)に及んでいます。

● 2008年には、MSCI World(世界の先進国市場)指数の下落率は42.0%となりました。一方、ETFの残高は相場の下落を受けて減少しましたが、わずか10.8%の減少にとどまりました。昨年の一日当たりのETF取引額は、804億ドルで前年比32.5%増加しました。円に換算すれば、約7.2兆円で、東証1部市場の売買代金2.3兆円(2008年)をはるかに上回ります。

● ちなみに、今日の日本経済新聞によると昨年末の日本の公募投信の純資産残高は40.8兆円、前年比で25.9兆円の減少でした。買いから売りを差し引いた資金流入額は2.3兆円で前年比8割減だったとのこと。一方、国内ETFの買い越し額は1200億円で、海外と比べると規模は小さいですが、ETFが好調であるというトレンドは同様です。それでも国内ETFの売買代金は一日当り100億円程度で、海外の7.2兆円とは大きな差があります。

● 世界ではETFがどんどん大きな市場に育っています。金融バブルが崩壊し投資家が安心できる商品を求めているのです。現物の裏付けがきちんとしていて、流動性と透明性の高いETFはまさにこの基準に適した商品だと思います。海外では、多くの業者がETF市場に参入し、創意工夫をこらし、さまざまなETFを開発しています。ETFは、個人投資家が、容易に機関投資家のような運用をすることを可能にする便利なツールです。これから日本のマーケットでも、もっと、もっと、色々なETFが開発され、市場にだされることを願っています。

ページごとに見る

マーケット・レビュー(2008年12月)

2009年1月15日 15:06

● ベンチマークの月間パフォーマンス(配当を含めたトータル・リターン)
【日本株式  】  +3.0% (配当込東証株価指数)
【日本債券  】  +1.7% (野村BPI指数)
【先進国株式】  -2.7% (MSCI KOKUSAI、円換算値))
【新興国株式】  +2.1% (MSCI Emerging Markets、円換算値)
【外国債券   】  +0.3% (CITIGROUP WGBI)

● ベンチマークの2008年間パフォーマンス(配当を含めたトータル・リターン)
【日本株式  】  -40.6% (配当込東証株価指数)
【日本債券  】   +3.4% (野村BPI指数)
【先進国株式】  -53.3% (MSCI KOKUSAI、円換算値))
【新興国株式】  -62.6% (MSCI Emerging Markets、円換算値)
【外国債券   】  -16.8% (CITIGROUP WGBI)


● 2008年はサブプライム問題に端を発し、信用格付け、金融不安、世界同時不況と玉突き的に問題が拡大した一年だった。ITバブル崩壊以降、供給された流動性が資産価格を押し上げ、レバレッジにより流動性がさらに流動性を生み、「上がるから買う、買うから上がる」というバブルに典型的なパターンが起こった。このような循環が発生したのは、低所得者向け米国不動産、新興国株式、国際商品、円安などが中心であったが、これらの崩壊が流動性の高い市場での換金売りを誘発し、さらに実体経済にも大きな影響を及ぼしている。もはや、シンボル経済の問題ではなくリアルの経済が大きな影響を受けている。

● ある意味、現在市場で起こっていることは「正常化」である。これまで、流動性で押し上げられてきた金融市場の価格体系が、実体価値に基づいた価格体系に移りつつある。今年は金融再構築の年になるだろう。

● メインシナリオとしては以下のように考えている。景気の回復には2~3年を要する、しかし、市場の回復はそれよりも半年程度は早く始まるだろうと思われるので、2009年の後半にはマーケットも安定し底入れに向かうのではないか思う。経済指標は発表までに遅れが生ずるのであまり役に立たない。むしろ、素材などの商品市況の動きに注目すべき。企業業績では売上減少下での増益が達成されれば底入れの強いサインになる。

● サブシナリオ1は現在の在庫調整から見て意外に世界景気の立ち直りが早いのではないかというもの。それでも、米国の需要減退はある程度、避けられないので、サブプライムのダメージが比較的少ない日本や、インフラ投資需要の高い中国などが世界景気の牽引車となるかも知れない。

● サブシナリオ2は世界不況が深刻化し、今後、数年は立ち直れないというもの。米国の消費需要が大幅に減退し、経常収支赤字が大幅に改善する。この場合、結果として世界的にドル不足状態となり、ドルが意外にしっかりした展開になるかも知れない。これは米国以外の国には非常に厳しい状態となる。

● 現状でメインシナリオは60%、サブシナリオ1が25%、サブシナリオ2は15%程度の確率ではないかと考えている。どのシナリオが展開してくるかは注目を要するが、ここ2年程度をかけてコアとなる株式ポートフォリオを貯めこむ戦略には変わりない。深刻な波乱要因として、イスラエルのガザ攻撃を契機とする中東情勢の緊迫化。

ページごとに見る

2009年、ラーメンの食べ始め

2009年1月 7日 15:38

午前中、兜町に用事があったので帰りに築地で地下鉄を下車して、築地井上ラーメンへ。
名店です。長い行列ができていました。

スープも美味しく、麺も、ネギもメンマもたっぷり。
しかも、煮豚も立派なものが四枚も入っていて大満足。

立ち食いもなかなか味わい深い。

年初からうれしいラーメンが食べられた!

 

 2009010701.jpg 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ