最新のエントリー

BGIセミナー2007

2007年10月11日 17:20

2005年まで13年間、私が社長をつとめたバークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)のセミナーが開催され、参加させてもらいました。 会場にはおそらく400名ぐらいのお客様がいたでしょうか。私がこの会社を設立した1992年、第一回のセミナーを開いたときには、30名のお客を集める のがやっとでした。それ以来、毎年、必ずこのセミナーをしています。いまは本当に内容の濃いセミナーとしてお客様の間で定評をいただいているものと思いま す。私が退任したあとも立派に続いていることをとてもうれしく思います。

講師は資産運用業界のグル、リチャード・グリノルド氏とロン・カーン氏という豪華メンバーがサンフランシスコ本社から来日し、「アルファ追求の基本 姿勢」や「投資戦略の革新」などにつき話をしました。しかし、私にとって特に興味深かったのは「iシェアーズ」営業総責任者/証券営業部長の関塚健太郎氏 のスピーチでした。彼は私が採用した最初のスタッフで、当時は20代の厚顔の美青年。いまでもいい男ですが、立派になって会社をリードしてくれています。

関塚さんの話は、BGIの上場インデックス投信(ETF)のブランドである「iシェアーズ」についてでした。特に彼の最初のコメントは印象的です。

「ウィンドウズが、コンピュータの役割を変化させたように、ウォークマンやiPodが、音楽との関わりを変化させたように、上場投資信託(ETF)が、資産運用の世界を劇的に変化させようとしています」

と、いうものです。特にBGIは海外市場に上場されているETFの日本への持込に注力しているようです。

現在、世界中に847本のETFが上場されており、残高は72兆円に昇っています。この金額は日本の企業年金の規模とほぼ同じです。モルガン・スタ ンレーではこの残高が2011年には240兆円にまで達するだろうと予測しています。一日当りの売買代金もほぼ3兆円と、東証の売買代金全体に匹敵するほ どです。

BGIの日本法人はすでに62本のiシェアーズを金融庁に届け出ています。オンライン証券で取扱いに熱心なところも現れ、雑誌などでも特集が組まれ るようになってきています。このような個人投資家が簡単にポートフォリオを構築できるビルディング・ブロックが提供されるのはとてもありがたいことです。

ページごとに見る

インベストライフ・セミナー@岐阜

2007年10月 7日 17:19

Gifu20071001.jpg

岐阜でインベストライフ・セミナーを開催しました。12時少し前に岐阜駅で今回のアレンジをしてくださった井川さんと会い、まずはお昼。井川さんの案内で駅から5分ぐらいのところにある大正庵といううどん屋さんへ。釜揚げうどんをいただきました。恒例により写真をどうぞ。

セミナー会場は駅に隣接した「じゅうろくプラザ」、講師は村山さんと私。そして、特別ゲストとしてセゾン投信の中野さんにご参加いただきました。比較的少 人数だったので打ち解けた雰囲気で楽しい時間があっという間に過ぎました。セミナーのあと、コーヒーを飲みながらの懇親会もありました。みなさん、おカネ や投資の疑問をごく自然に口にして話しあえる雰囲気を喜んでいるように見受けられました。「おカネの話はタブー」という変なカルチャーが少しずつでも変 わって行ってくれればいいなあと思います。

ページごとに見る

東京インベストライフ・セミナー

2007年10月 5日 17:18

10月5日、午後7時よりいきいきプラザ一番町で東京インベストライフ・セミナーを開催しました。今回は編集委員の島田知保さんに基調講演をお願い しました。「資産つくりのための投信の選び方、使い方」というテーマでのお話でしたが、会報誌9月号に概要を紹介しておいたので、お聞きのみなさまも理解 が一層、進んだことと思います。良い投信であるための色々な条件を設定し、選択してゆくと2400本の追加型投信が実に17本に絞られてしまうという驚き のお話でした。

参加していただいた講師は島田さんのほか、菱川さん、菅さん、速水さん、澤上さんはちょっと遅れての参加でした。投信などに関してたくさんの質問が でました。今回は、質問票を用意し、みなさんに事前に配っておき、質問をそれに書き込んでいただきました。この方式だと効率的にたくさんの方の質問が受け られます。最後、残った時間は挙手による質問もお受けすることもできました。しばらくこの方式でやってみようかなと思っています。

ページごとに見る

帰国

2007年10月 4日 16:59

と、言うわけでロサンジェルスとサンフランシスコの旅も終了。今回もしっかりと美味しいものをいただきました。
今回の短い旅行でアメリカの景気やはり根強いなという感を強めました。色々と問題もありますが、外国人に対して比較的オープンであり、しかも相対的には安 全度が高い。そんなことで新興国などから人々が移住してきたり、子どもをアメリカの大学に送り込んだり、家を買ったりという人が多いようです。景気循環的 には良いとき、悪いときがあるのは言うまでもありませんが、大きなトレンドで見るとアメリカに人、モノ、カネ、そして情報が流れ込むという時代はまだ続き そうです。

ページごとに見る

サンフランシスコ二日目

2007年10月 2日 16:58

お昼ごろに町の金融地区へ。この辺りは私が以前、働いていた会社の本社があるのでなじみの地域です。大きな本屋、Stacy'sの店頭にはベビーブーマー向けの「100歳」本がぎっしり。どこも同じですね。

20071002_01.jpg

お気に入りの中華、Yang Singで飲茶を。小籠包がとてもおいしい店です。

ユニオン・スクエア地区をぶらぶらとウィンドウ・ショッピング。一度、アパートに帰り、今後はフィッシャーマンズ・ウォーフにあるお気に入りの店、 Cost Plusへ。特に何も買わないのですがあれこれ見ているだけで楽しい店です。スーパーのSafewayでは、改めて品の豊富さに驚きます。やはり、アメリ カという国は「より多く、より大きく」がモットーの国なのかなあと思ったりします。

ギラデリ・スクエアへ向かって歩いてゆく途中で、Buena Vistaに寄りました。ここはアメリカで初めてアイリッシュ・コーヒーを出した店として有名です。アルコール度が高いので、コーヒーというよりは酒。でもおいしい!

20071002_02.jpg

ギラデリ・スクエアのMcCormick & Kuletoと いうシーフードの店でディナー。昔、ニューヨークにいた頃、親しくしていたご一家のお嬢さんがサンノゼで働いています。そこで彼女(亜希ちゃん)を呼び出 し、食事を付き合ってもらいました。まあ、すっかり大きくなって、立派になって、感激しました。あまりに会話が楽しく、珍しく食べ物の写真をとるのを忘れ たほどでした。彼女も食べ物ネタのブログをしています。英語ですが、楽しいですよ。

20071002_03.jpg

ページごとに見る

サンフランシスコへ

2007年10月 1日 16:54

ロスを後にしてサンフランシスコに移動しました。サンフランはとにかく空港から町までが近いのがいいですね。タクシーで約20分ぐらいです。私はもう10年ぐらい前から小さなアパートをここに持っています。

昼過ぎに到着。ところが大事件が起こっていました。冷蔵庫の製氷室が氷で一杯になっているのです。なぜ、そうなったのかは不明ですが、どうも掃除を 依頼した人が最後に扉をきちんと閉めなかったのではないかと思います。ともかく冷蔵庫のスイッチを切って、ヘアドライヤーで製氷室の中をあっためて氷の大 きな塊を取り出しました。結構、大変な作業でいささか疲れました。

それから近所のWhole Foods Marketというスーパーに行き買い物。このスーパーは自然食品などとても質の高いものを置いているのでこの地域でも人気があります。

夜は歩いて1ブロックのMaharaniというインド料理店へ。私の妻はカレーがとても好きなのですが、一度、是非、連れて行きたいと思っていました。ダール豆のカレーとパニールとほうれん草のカレー、ともに元気がつくような気がする料理でした。

sfcurry200710.jpg

ページごとに見る

ロサンジェルス三日目

2007年9月30日 16:53

弟夫婦とゲッティ・センターへ。世界一の富豪といわれたポール・ゲッティの財産で作られた総合美術館でした。絵画などの美術品そのものはニューヨー クのMOMAやグーゲンハイム、シカゴ美術館などと比べつと少し劣るものの、その建物と庭園はすごい。しかも山のてっぺんにあるのでフラットなロスの町が 眼下に広がりこれがすばらしい借景になっています。景色、建物、庭園などを堪能。ランチは同センター内のレストランでいただきました。光が満ち溢れた感じ の明るいお店でこれもロス的で結構でした。(このサイトに写真がたくさん掲載されています)

姪が行っているUCLAのキャンパスを案内してもらいました。これも広大。私の知っているニューヨークの大学のキャンパスとは随分、雰囲気が違います。でも、そこでのびのびと勉強と生活を楽しんでいる姪を見ると、「やっぱり若いっていいなあ」と思います。

サンタモニカを見物して夜はステーキで有名なLawry'sにて。弟夫婦と二人の姪っ子とそのボーイフレンドが参加。おいしいステーキをたっぷりと味わいました。下は前菜のシーザー・サラダ。

20070930_01.jpg

そしてメインのステーキ。もともとスパイスの会社だったそうでソースがおいしかったです。付け合せのコーン、マッシュ・ポテト、スピニッチ、そしてヨークシャー・プディンも大満足の品々でした。

20070930_02.jpg

ページごとに見る

ロサンジェルス二日目

2007年9月29日 16:50

弟と彼の次女の案内で全米日系人博物館へ。私と妻は1970年代の初

めにブラジルのサンパウロに住んでいました。ご存知のようにブラジルにはたくさ んの日系人がいます。サンパウロにも日系移民博物館が日本人街にありました。そこを訪問したときの衝撃を思い出しました。特にアメリカの日系人の方は、日 本が戦争の相手国になったという決定的な要因があり、そのご苦労は筆舌に尽くしたいものだと思います。ロスにいらっしゃる方はここは絶対、必見の場所で す。先人たちの苦労の上にいま、アメリカと日本の関係があるのだということが分かるはずです。

リトル・トーキョーを散歩。ここにくるといつも感じるのですが、ここでは「アジア」というのがひとつの意識で結びついた「国」のような存在になって いるということです。色々とあってもやはりアジア人は共通項が多いので「カッコでくくる」ことのできる要素が多いのでしょう。と、いうわけでKorea Galleryど韓国ののり巻き、キムパップでランチ。ビバリーヒルズやハリウッドを案内してもらいました。まあ、「大きいことはいいことだ」的アメリカ の底抜けに明るい面を堪能。

200710Lax04.jpg

夕食はEBISUという和食へ。私は海外ではほとんど和食を食べない主義なのですが、今回は特に「巻き物」に興味があったのです。色々、いただきま したが、圧巻は、ドラゴン・ロールとレインボー・ロール。それが下の写真です。上がドラゴン・ロールで龍のイメージ。鰻がカリフォルニア・ロールにどんと 乗っていて、角までついていて、それで食べるとおいしい。レインボー・ロールはマグロ、サーモン、エビ、アボガドなど色とりどりの素材で作った巻き物。こ れもいけました。日本の伝統的食べ物が海外にでて、そこのユニークな発想で新しい食べ物として誕生するのを見るのはうれしいことです。「こんなものは寿司 とはいえない」という声もあるかも知れないけど、私はこういうの好きですね。

ページごとに見る

ロサンジェルスの弟を訪問

2007年9月27日 16:49

この夏はとうとう休みがとれず。ようやく9月末になり妻とロサンジェルスの弟を訪問するという夏休みが実現。26日の夕刻に成田をでてロスへ。弟に出迎え てもらい彼のオフィスへ。彼はこの地にすでに26年住んでおり、自分の設計事務所を経営しています。彼の事務所前ので写真です。ほとんどの人が私を弟だと 思うのですが、私は兄なのです。(彼のホームページの「アーキテクトの独り言」と「英語トラブル集」は結構、面白いですよ。)

200710lax01.jpg

それから彼の家に行き10年ぶりに犬のCobyと再会。ちゃんと覚えていてくれたので感激しました。
そして、彼ら夫婦とともに町のVietnam Houseという店で夕食。野菜がたっぷりとでて健康的でした。麺の好きな私としてはフォー(左)とクリスタル麺(右)という二つには特に興味が惹かれました。ともにすごく美味しかったです。

200710lax03.jpg

たらふく食べてホテルでばったり。

ページごとに見る

現代ギター10月号

2007年9月27日 16:48

クラシック・ギターを楽しむための情報誌、「現代ギター」という月刊誌があります。私が学生のころから刊行されており、昔は一生懸命に読んでいたものです。

10月号の83ページに私が所属している東京ギターアンサンブルの記事がでています。飲み会の写真では私が一番でっかく写ってます!

現代ギター2007年10月号83ページより
(現代ギター社およびこのページを担当されている日本ギター合奏連盟のご了解をいただき掲載しています)

ギター合奏を楽しみたい方、参加しませんか?

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ