最新のエントリー

I-OWAマンスリー・セミナー開催

2007年8月19日 16:08

当社のマンスリー・セミナーが8月19日に永田町の砂防会館で開催されました。
マーケットが荒れているからでしょうか、たくさんの方がお見えになりました。

最初に伊藤宏一さんの「SRIファンドを選ぶ」という講演が行なわれました。
「SRI」の意味が「社会的責任投資」から「持続可能な責任投資」へと変化しているとの指摘から話が始まり具体的投信の紹介なども含めて幅広いSRIに関する解説がされました。

私は、「証券市場の基礎知識と業界構図」というお話をしました。証券市場の基本的な仕組みや、最近の投資家動向などにつきおさらい的な説明をし、さらに業界の利益=投資家の負担という構図につき解説しました。

また、今月の「マーケット・レビュー」では「サブプライム・ローン問題とその余波」につきお話をしました。サブプライム・ローン、住宅ローン担保証 券(MBS)、債権担保証券(CDO)の仕組みとリスク、そして、ヘッジファンドが抱えた問題点など、表面的なニュースではなかなか分からないことを説明 しました。時節柄、みなさん、非常に真剣に聞いていただけました。

ゲスト講演は、グッド・インベストメンツ株式会社のチーフアナリスト、アレクサンダー・フラッチャーさんの「コーポレート・ガバナンス(CG)の評 価に基づいた投資のすすめ」というお話。流暢な日本語でCGの大切さにつき解説をしていただきました。特に、CGに優れた会社のパフォーマンスは1年では むしろ全体に比べても、CGに劣った会社に比べても悪いが、3年、5年、10年と長期になるほど、CGの良い会社のパフォーマンスが際立ってくるという指 摘は大変興味深いものでした。

フラッチャーさん、伊藤さんと私のフリーディスカッションでは、SRIとCGの違い、関係など企業利益の質という切り口から鋭い質問もたくさんいただけ大変、知的刺激に富んだセッションがもてました。

ページごとに見る

会報誌「インベストライフ」2007年8月号発刊

2007年8月16日 16:05

club200708.jpg

クラブ・インベストライフの会報誌、「インベストライフ」が発刊になりました。今月のトップ・ストーリーは座談会、「主婦の目から見た物価と景気動向」で す。河口真理子アネゴの司会のもと、古市千晶さん、川元由喜子さんを迎えて生活実感でみた物価動向。とても面白いです。イタリアから輸入されるトマトの本 当のコストなど、インベストライフ的視点も興味深いものがあります。それから東京インベストライフ・セミナーの誌上ライブもお見逃しなく。基調講演では藤 沢久美さんが非常に興味深いエピソードを紹介されています。

ページごとに見る

日経金融新聞に私のことがでています

2007年8月15日 16:04

8月15日の日経金融新聞、一面の「ザ・コジン」というコラムに、日曜日に福島県いわき市で開催されたインベストライフ・セミナーのことがでています。 「個人は基礎知識を体系的に聞ける場を求めている」という私のコメントが引用されていますが、まさにその通り。まだまだ、草の根的な活動ですが、いつか大 きなうねりになるものと信じています。

ページごとに見る

いわき市でインベストライフ・セミナー

2007年8月13日 16:02

いわき市でインベストライフ・セミナー

iwakiseminar0708.jpg

8月12日(日)午後1時から4時まで福島県いわき市でインベストライフ・セミナーが開催されました。澤上篤人さんと私が講師としてお邪魔しました が、約60名ぐらいの方にご参加いただけました。非常に若い方から高齢の方まで、どちらかというと女性の方が少し多かったでしょうか。投資経験もゼロから かなりのベテランまで。私がライフ・ステージと色々な投資の話をし、それから澤上さんが長期投資の醍醐味について講演をしました。その後、質疑応答。全部 で20もの質問がでました。非常に内容の濃いセミナーができたと思います。セミナー開催にご尽力いただいた、安藤哲夫さま、すばらしい司会をしていただい た大川幸子さま、関係者すべての方に感謝します。

セミナー後、有志との懇親会。赤鬼という居酒屋で美味しい海産物をしっかりいただきました。さすが漁港の町の魚はおいしい。

iwakisashimi.jpg

しかし、どうしてもひと言触れたいのはお昼に食べた味希というお店の超高級中華麺。下の写真の右上はオマールえびの冷麺、その左は神戸牛入りの冷麺、下は五目麺と鶏肉の麺。心地よいジャズが流れ、お店の作りも食事もご主人のこだわりが感じられました。

miki0708.jpg

どうも、また、食べ物ネタばっかりになってしまってます。いかんなあ、来週は人間ドックなのに・・・。

ページごとに見る

DIY資産運用教室@名古屋

2007年8月11日 16:01

午前10時半から12時まで、名古屋の中日コンサルティング・プラザで「DIY資産運用教室」を開催。今回は「投資信託入門」というテーマでお話を しました。なぜ、投資信託で儲かったという人が少ないのか、その問題を解決するにはどうしたらよいのか、それらがメイン・ポイント。結論は自分が運用の設 計図を描き、それぞれの部分にベストの投信をはめ込んでゆくことが必要ということ。つまり、自分が司令塔になることが成功の秘訣なのだということをご説明 しました。

diy070825.jpg

次回の名古屋でのDIY資産運用教室は10月8日です。私の新著、「100歳までの長期投資*コア・サテライト戦略のすすめ」を教科書にして、投信を使う基本になる設計図の描き方をじっくり時間をかけてご説明します。

ページごとに見る

名古屋へ

2007年8月10日 15:58

yamamotoya.jpg

土曜日のDIY資産運用教室のために夕方、名古屋入り。
ちょうど、セゾン投信の中野晴啓さん、佐藤恭子さんらも名古屋にお見えになっていたので、みんなで中日ビルにある山本屋本店の 味噌煮込みうどんをいただきました。熱々の土鍋のフタを取るとミソと麺が圧倒的存在感で現れます。フーフー息を吹きかけながら土鍋のフタを皿代わりに食べ る麺はあくまでしっかりとして、それだけで十分、主食の貫禄です。香物が少なくなると店員さんが付け足してくれます。麺の味が濃いのでとても親切な心配 り。みんなエプロンをかけてまじめな顔でうどんに取り組んでいました。

ページごとに見る

インベストライフ編集会議

2007年8月 9日 15:57

インベストライフの編集会議が行なわれました。今回は株式市場が荒れているので緊急座談会を開催。澤上さん、村山さん、菱川さんと私の四名でインベストライフ的視点から市場を考えて見ました。面白い内容になったと思います。9月号をお楽しみに!

会議のあと、久しぶりに菱川さんと一杯。四谷の名店、支那そば屋こうやさんへ。私は随分、前に一度行ったことがありました。皿わんたんと支那麺、ビールで乾杯。このお店で学んだお弟子さんたちが各地で活躍されているので有名ですが、味わい深くいただきました。

皿わんたん

sarawantan.jpg

支那麺

kouya.jpg

 

 

ページごとに見る

蓮の華

2007年8月 8日 15:57

先週の日曜日、法事で上野へいきました。不忍池で蓮の華を発見。
法事でも住職が、「あの美しい蓮の華は根を泥水のなかに下ろしている」という話をされていました。
う~ん、深いなあ。

lotus.jpg

ページごとに見る

私の財産

2007年8月 7日 15:56

朝日新聞に折り込まれているお茶の間経済情報誌、「私の財産」(平成19年8月号)に「長期投資で自分年金づくり」という題でさわかみ投信の澤上篤 人さん、セゾン投信の中野晴啓さんとともに私がでています。インベストライフの活動がかなりのスペースで説明されています。二面には「北海道の廃校でセミ ナー」として美瑛でのセミナーについても書かれています。新聞編集センターの許可を得て下記掲載します。

お茶の間経済情報誌、「私の財産」2007年8月号

ページごとに見る

朝青龍問題

2007年8月 4日 15:55

私は朝青龍が昔から好きです。やはり、相撲は強くなければ面白くない。彼は時々、行動が行き過ぎる傾向もあるけれど勝負師です。彼が土俵に上がると場がピリッと締まる、その感じが好きです。

その彼が病気を理由に巡業を休んでモンゴルに帰国し、サッカーをしていたということで問題になり、相撲協会は処分を発表しました。言うまでもなく朝青龍の行動は軽率であったことは否めませんが、まあ、ちょっときびしすぎるのかなという気も個人的にはします。

問題は処分が重いか軽いかということではなく、相撲協会が何を目指していいるのか良く分からないところにあります。どうも、「これでもか」とばかり きびしい処分をして廃業に追い込もうとしているのではないかなどとも考えてしまいます。もし、そうなら最初から「引退勧告」という処分をだすべきでしょ う。しかし、もし、本当に朝青龍に強く立派な横綱として復帰してもらいたいなら、心技体を鍛え直すことのできるような処分をするべきです。どうも、今回の 処分は、閉門蟄居を申しつけ、精神的にも追い詰め、十分な稽古もさせず、体力も勝負勘も弱めてしまおうという意図が見え隠れしているような気がしてしょう がないのです。こういうのって嫌ですね。

イギリスで「ウィンブルドン現象」 が起こったことはご存知と思います。私はいまの相撲は日本版ウィンブルドン現象、「大相撲現象」だと思っています。相撲がグローバル化するのは不可欠で す。そうでなければ面白くない。それには相撲協会の発想がもっとグローバル化する必要があるのではないでしょう。もっと外部の人の声、特に日本以外の人の 声を取り入れるべきだと思うし、また、横綱審議会に外人の有識者を入れるなども考えるべきでは?しかし、いつも「国技」である、「神事」であるという建前 のもとに改革を避けているように思われて仕方ありません。

結局、この問題はグローバル化する世界における組織の統治体制の問題であるような気がします。

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ