最新のエントリー

Financial Adviser 2015.12号にアセット・ロケーションについて書かせていただきました

2015年11月20日 16:54

Financial Adviser 2015.12号にアセット・ロケーションについて書かせていただきました。

<タイトル>
アセット・ロケーションを意識した効率的な資産運用の考え方


<見出し>

  • アセット・ロケーションを意識する時代が来た
  • 資産形成と製造業のプロセスは類似している
  • より高いリターンを狙うならバリュー平均法という手も
  • 債券は購買力の維持を目指し株式でプラスアルファを稼ぐ
  • NISAや確定拠出年金の他財形貯蓄制度の活用も検討
  • 支払う税金がリターンに与える影響は非常に大きい
  • 盆栽ではなく森を見る視野が必要
12274541_448509768670606_3829208206632008421_n.png

ページごとに見る

第122回、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2015年11月16日 16:00

 第122回、I-OWAマンスリー・セミナーが11月15日に開催されました。

今回は私は少し趣向を変えて「瞑想と投資で生きるしあわせな人生」というお話をしました。瞑想によって意識を拡大し静寂さが心に浸透するほどに、長期投資、分散投資などが自然に自分のものになってきます。投資は始めることよりも、続けることの方がずっと難しいのです。それはマーケットの変動というストレスが常にかかるからです。行動ファイナンスが指摘するような合理的でない行動もしばしば行ってしまいます。瞑想で心の持ち方を変えることは資産運用を続けていく上でも非常に重要だと思います。 

DSC05360.JPG

今回のゲストはアムンディ・ジャパン株式会社 債券運用部長 有江 慎一郎氏でした。タイトルは 「個人投資家のための債券投資法」。一般に金利上昇局面では債券投資は良くないとされます。そして、超低金利のいま、金利はさらに下がるよりも上昇する可能性の方が高いでしょう。そのような環境のなかでどのように債券投資を考えていったらいいのか、とても有益なお話を伺えました。

DSC05370.JPG

恒例の座談会では債券投資についてはもとより、経済、金融などの幅広い議論をみんなですることができました。今後の投資環境を考える上でも有益な時間を過ごすことができました。

DSC05400.JPG

ページごとに見る

埼玉県の高校で行った出張授業の感想文がきました

2015年11月10日 14:27

 埼玉県の高校から私の出張授業の感想文が到着。私が受け持ったクラスは情報技術科の高校二年生でした。

ハッピー・マネー四分法についてはこんなコメントがきました。実に良く理解してくれているので生徒の優秀さを感じます。

コメント
「今までの自分にとってお金は自分のためだけになるのだと思っていたけど講演会をきいて、お金をつかうのは自分だけでなく、いろんな人の感謝とともに世界を巡っていくんだということに気づけた。
また、ただお金を使うのだけではなく、ハッピー・マネー四分法の「つかう」、「ためる」、「ふやす」、「ゆずる」が大事だということを学んだ。
そのなかで「ゆずる」ことは人に自分の喜びを分け合い、将来の自分に返ってくるという考えはなかったので知ることができてよかった。「ふやす」は、お金だけを「ふやす」のではなく、いまの学びの時代で、たくさんの知識をふやし、友だちをふやす意味が入っていて、このハッピー・マネー四分法には、お金以外のこともふくまれていることにおどろいた。
また、起業家は、勉強ができ、頭のいい人だけだと思っていた。もちろん、たくさんの知識も重要だけど、今の世の中であったら便利だということをふまえ、アイディアを出すことによって起業家になれるんだなと感じた。
これからの人生、今は学びの時代だけど、次にその学んだことを生かさないといけない働きの時代がくる。そのあとに遊びの時代だけど一番大事な時期は学びの時代だと思う。なので今たくさん知識をつけて将来をその知識を生かす仕事につきたいと思えたのでよかったです。」


授業の後半は「起業家になろう!」という話をしました。みんな、それぞれ自分が企業家になったら何をしたいかを書いてくれました。ちょっと面白かったのは以下です。

「君のビジネス・プランを書いてみよう」
ビジネスの内容: 故障した電気器具の回収
必要とするもの、コスト: 回収するための車、広告料
価格は?利益は?: 無料で回収し、なおすことが可能ならなおして売る
将来性は?: 最近はどんどん新しい電気器具が開発されているため、故障したら買い替える人が多い。故障したものを回収し、再利用できるものに変える


その他、ビジネスの内容のみ書くと以下のような面白いアイディアがでていました。

○ 家計簿を計算してまとめてあげる
○ チケット取のために行列に並ぶ代行
○ 家族、親せきなどの代行
○ 夏はかき氷屋、冬はいも屋
○ 服の貸し出し
○ ハンバーガーをはさまないで中身を自分で選べるセルフ型のハンバーガー屋
○ カウンセリング、心理相談(岡本:意外に多かったです)
○ 将棋の相手(岡本:一回10円だそうです)
○ パソコンの操作説明(岡本:このクラスは情報技術科でした)

みんな、頭をひねって考えてくれてますね。誰でも「みんなが必要なことを提供できれば起業家になれる」ということに気づいてくれたらいいのですが。

image8.JPG

image6.JPG

ページごとに見る

九州横断鉄道の旅

2015年11月 8日 18:49

11月7日に大分で大江英樹さんとセミナーをさせていただきました。
8日の午後は熊本でのセミナーがありました。

8日午前中は九州横断鉄道で移動。楽しかったです!
大分駅、すっかりきれいになっていました。温泉風のれんのトイレも。

DSC05281.JPG

DSC05283.JPG


DSC05288.JPG

電車では阿蘇山も見えたしスィッチバックも体験できたし、社内アテンダントのお姉さんも感じ良かったし・・・、十分に楽しめた3時間の旅でした。

DSC05302.JPG

DSC05292a.JPG

DSC05313.JPG

 

ページごとに見る

11月8日 熊本でセミナーをさせていただきました

2015年11月 8日 08:12

 11月8日、熊本で三年ぶりのセミナーをさせていただきました。たくさんの方がご参加くださり、質問もたくさん。そして、うれしかったのは投資をまったくしたことのない方がたくさんいらっしゃったということでした。

人生の「学びの時代」、「働きの時代」、「遊びの時代」、それぞれにおけるお金との付き合い方についてお話しました。具体的には「ハッピー・マネー四分法」、「人生を通じてのリラックス資産運用」、「しあわせ持ちへのロードマップ」です。

3時間をかけてゆっくりお話しができました。みなさんのお金や投資に対するイメージを少しだけでも変えることができたならとてもうれしいです。

木造の会場で落ち着いたとてもすてきな会場でした。

DSC05330.JPG

セミナーの前の腹ごしらえ(ランチ)は地元の方のお勧めのにぼしらーめん「にぼらや」さん。私は煮干しラーメンと半熟煮卵丼(小)のにぼらやセットをいただいちゃいました!満腹。

DSC05319.JPG


夜、東京へ。飛行機がだいぶ遅れましたが充実の一日。アレンジをしてくださった西田則子さんに大感謝です。

 

ページごとに見る

11月7日 大分でO&O Togetherを開催

2015年11月 7日 07:57

 2015年11月7日、大分でO & O Together Seminarを開催しました。

大江英樹さんとのコラボもこれで6回目、今回は「投資と生き方の技法」という大テーマのもと、大江さんが 「人生楽園への入り方」、私が「しあわせ持ちへのロードマップ」というお話をしました。

大江さんのお話も私の話も単なる投資による経済基盤構築以上のしあわせな人生を送るためのヒントという切り口の話で普通の投資セミナーとは一味も二味も違う内容の話ができたと思います。

DSC05240.JPG

12219589_1004226782971342_576126146698665624_n.jpg

セミナー終了後はいつもの定番通りこつこつ庵でみなさんと食事。大好きなお店です。団子汁、おいしかったです。
DSC05272.JPG

お昼にいただいた会場近くの永楽庵の鴨なんそばも美味でした。カボスがテーブルに置いてあるのはさすがに大分です。

DSC05237.JPG

このセミナー実現にご尽力いただいた野崎久美さん、ありがとうございました!

DSC05249.JPG

ページごとに見る

10月31日、金沢で講演をさせていただきました

2015年11月 2日 09:11

10月31日、金沢で講演会をさせていただきました。

午前中は谷崎由美さんの主催でいつもお世話になっているお宅でお話をしました。サロン的雰囲気でリラックスしてお話ができよかったです。このお宅、一歩、敷地に足を踏み入れただけで気持ちがスーと落ち着きます。

IMG_9591.JPG

毎回のことながらこのお宅のお母さまがお昼を出してくださいました。おいしいお米、おいしい野菜、本当の美味ってこのような食事をいうのでしょうね。

IMG_9608.JPG

午後は小嶋久之さんが主催してくださったI-OWAインベストライフ・セミナーでした。小嶋さんの尽力と谷崎さんのご協力でたくさんの方に参加していただけました。富山から横山純子さんが駆けつけてくれたのもうれしかったです。午後の部では小嶋さんに「起業」の話も少ししていただきました。

DSC05156a.JPG

金沢には新幹線で行きましたが、金沢駅で大江英樹さんとばったり。出迎えの谷崎さんの紹介で行列ラーメン店、大河で味噌ラーメンを堪能しました。最初に特性野菜ジュースがでてきました。

DSC05123.JPG

 

ページごとに見る

中学2年生のビジネスプラン

2015年10月30日 21:34

10月に出張授業をした足立区の中学2年生から感想文が届きました。今回はいつものハッピー・マネー四分法の話に加えて「起業家になろう!」という問いかけの話をしました。中2生がどんな起業家をイメージするか、ビジネスプランを書いてもらいました。感想文から少しピックアップしてご紹介します。

  • 学校にいったときに忘れ物をした人に忘れ物を50円で貸す

  • 部屋のそうじをする。必要なものはそうじ道具、価格は10平方メートルで200円、将来性はこれから老人が増えてきて大変になるからだいじょうぶかなと思いました。

  • 似顔絵を描いてたくさんの人を喜ばせたい。費用は紙や画材道具などで1000円。一回200円ぐらいで描きたいです。そうすれば5人くるだけで1000円、50人くれば1万円かせげます。

  • 夕飯を作ってあげるサービスをやってみたいです。なぜなら、両親の帰りがおそくて食べるのがおそくなってしまう人がいると思ったからです。必要とするものは料理に使う材料でコストは料理によって違うけど、利益はあまりでないと思います。お弁当の方が安いので競争はきびしいと思います。(岡本:その競争に勝つためにはどうしたらいいだろうね?)ビジネスを一つ考えてみて成功するのがどれだけ大変かわかりました。

  • ストラップをつくって売る。自分の描いた絵のストラップをみんなに使ってもらえたらうれしい。

  • 仕事中、赤ちゃんやペットのお世話をする。費用・コストはペットの散歩のときに必要な袋で一箱200円ぐらい、価格はペットは100円、赤ちゃんは120円、将来には役立つ。

子どもらしく微笑ましいです。こんなところから少しずつ具体的な考えになっていってくれたらいいなあと思います。授業の後は、生徒たちと給食。さんまのかば焼き。今年、初めてのさんまでした。おいしかったです。 

DSC04834.JPG

ページごとに見る

「寄付と投資について考える」鬼丸昌也さんとのコラボ・セミナーのお知らせ

2015年10月28日 13:05

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「僕は、お母さんの腕を切らなければいけなかったんだ」

16歳の少年が、僕の目の前でそう語った。
2004年、ウガンダ北部。子ども兵の調査に行ったときのことだ。

コマケチ君(仮名)は、12歳のときに隣村に出かけたお母さんを迎えにいき、銃を持った兵士に誘拐された。そして、数日後、自分の生まれ育った村を襲うよう指示され、大人の兵士に母親を殺せと命令された。

拒否すると、「腕を切り落とせ」と銃で殴られた。
「切らなければ、母親もお前も殺す」と・・・・。
コマケチ君には、その言葉通りするしか道はなかった。

コマケチ君の体験は、決して特別なことではない。
ウガンダでは、反政府軍が多くの子どもを誘拐し、兵士として従軍させた。その数は3万8000人と言われている。18歳未満の子ども兵が、約19か国で25万人確認されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これはNPO法人テラ・ルネッサンスの理事で創設者の鬼丸昌也さんの著書「僕が学んだゼロから始める世界の変え方」の「はじめに」の冒頭の文章です。子どもたちを誘拐して、洗脳して、子ども兵に仕立てる。それを行うテロリスト集団の資金源の一部はレア・メタルがらみの欧米企業の利権に関係しているそうです。そして、そのレア・メタルを日本のメーカーが輸入して、我々が使っているスマホなどの部品になっている。テラ・ルネッサンスはそのような元少年兵の社会復帰を支援しています。

自分のできることで少しでも手を差し伸べたい。そんな思いで寄付をさせていただきました。数日前にテラ・ルネッサンスからはがきがきました。こんな文章が書かれていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あたたかいご支援のおかげで支援プログラムを卒業できた、元子ども兵のマイクさん。日用雑貨店の経営と洋裁のビジネスにより、安定した収入を得られるようになりました。また、今年になってから待望の第一子に恵まれ、本当に幸せそうな笑顔を見せてくれています。

201510Terra Renaissance.jpg 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こころが暖かくなりました。お金は自分が必要な物やサービスと交換できるから価値があるのです。自分の欲しいものが手に入ればうれしい、幸福感を得られる。だからお金は大切なのです。寄付をする、それで、寄付を受けた人に喜んでもらい、そして、それが自分の喜びになる。

投資をするということはいま、すぐに必要としないお金を、いま、お金が必要な会社の持ち分を買うことで活用してもらい、世の中のためになることをしてもらう。たくさんの人が喜んでくれるビジネスをする結果としてその企業が成長し、投資価値が増加するというものです。投資のリターンは自分のお金が世の中のためになっているという喜びと投資リターンによって自分がゆたかになれるという両面があります。結局、寄付も投資も世の中の人々も自分も笑顔になれることが究極のリターンなのです。どちらも世の中に笑顔を増やす手段なのです。

11月29日、鬼丸昌也さんと私でコラボ・セミナーをします。寄付と投資の接点などについて熱い議論をしたいと思っています。参加費は実費を差し引いてすべてテラ・ルネッサンスに寄付させていただきます。みなさま、是非、ご参加ください。

詳細・ちらし

お申込み

 

ページごとに見る

第121回、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。

2015年10月20日 09:04

 マンスリー・セミナーもいよいよ11年目に突入です。

第121回は10月18日に開催されました。

私はポートフォリオ思想の進化についてお話をしました。個人投資家の方と話しているとどうしても個別銘柄の値動きに目が行ってしまい、資産全体の価値を見落としがちです。資産運用の目的は資産全体(ポートフォリオ)が安定的に増加することにあります。今回はマーコヴィッツ、トービン、シャープ、そしてそれに続く、効率的市場仮説、敗者のゲーム論、アセット・アロケーションの効果に関する研究などを紹介しました。

DSC04843 (1024x767).jpg

ゲストにお迎えしたのは一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会 代表理事の門多 丈さんでした。企業の不祥事が続出するなかでコーポレート・ガバナンスの基本から今後の在り方など詳しくお話いただきました。グローバルな年金関係の会議でもご活躍されているだけに非常に高い、広い視野からのお話で大変、勉強になりました。

DSC04868 (1024x870).jpg

そして、座談会と懇親会。論客の方々のご参加を得て非常に内容のある白熱した議論ができました。ご参加のみなさま、ありがとうございました。

DSC04890a (1024x720).jpg

来月は11月15日に開催されます。ゲストは債券分野がご専門の有江慎一郎さんに現在の債券投資戦略についてお話いただきます。

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ