最新のエントリー

秋田でセミナーをさせていただきました

2015年10月12日 09:40

 秋田でセミナーをさせていただきました。

周到な手配をしていただいた土井さん、本当にありがとうございました。

DSC04704a.JPG


とてもうれしいコメントもたくさんいただきました。少し紹介します。

実際に働いてかせいだお金でなければ良いお金ではなく、あぶく銭だと思っていました。株を買うことは貧富の格差を生むと思っていました。少し投資に興味がわきました。

投資について、今お金を必要とする人にお金を使わせてあげる事という大切なことを学ばせていただきました。

投資には若干ギャンブル的なイメージがありましたが、使い方次第ということがわかりました。次回は妻にも参加してもらいます。

株、債券について全くわからないことが多かったが、少し勉強してみようかと思えた。もっと難しいかと思っていました。

とても興味深いお話が盛りだくさんで引き続き投資をがんばりたいと思いました。

お金の考え方がだいぶ変わった。秋田市立●●小学校で授業をして欲しい。(小学6年生)

ページごとに見る

名古屋で「台湾ラーメン」を賞味

2015年9月29日 14:45

名古屋で講演をする数日前にテレビで「ケンミン・ショー」を見ていたら名古屋でみんなが好きなものとして台湾ラーメンを紹介していました。それではどうしても賞味せねばというわけで名古屋駅近くの味仙さんへ。

DSC04588.JPG

こぶくろ辛し和えをつまみに、ビールをいただきました。ここのところ禁酒をしていたのですが久しぶりに飲むビールはうまい!それに手羽先の煮込み、そして、シメは台湾ラーメン。どれも結構、ヘビー級の味でした。でも、くせになりそう。

DSC04591a.jpg

DSC04595.JPG

DSC04598.JPG

翌日、町でベンチに座りながら台湾ラーメンのカップ麺を食べているお姉ちゃんをみかけました。やっぱりほんとに好きなんですね。

ページごとに見る

名古屋と尾張一宮でセミナーをさせていただきました

2015年9月29日 14:28

 9月27日に午前中は名古屋で、午後は尾張一宮でセミナーをさせていただきました。

午前の部は大江英樹さんとのコラボ・セミナー、O&O Together in Nagoya。O&Oのシリーズもすでに5回目となりました。

今回は確定拠出年金の制度と運用を中心としたお話でした。大江さんは「確定拠出年金~最強の老後資産家青樹津」というお話で制度の基本をわかりやすくお話くださいました。

DSC04603.JPG

私は「年金運用革命に学ぶ人生を通じての資産運用術」というテーマで確定給付年金で起こった運用革命から個人が学ぶべき運用の基本などについてお話ししました。

IMG_6172.JPG

午後は私一人、尾張一宮に移動、「大人が学ぶハッピー・マネー教室」というお話をしました。子供向けのハッピー・マネー教室を親御さんや先生が一緒に聞いて下さることがよくあるのですが、「やっとお金のことや投資のことが少しわかった」という感想をいただきます。今回は大人の方向けにハッピー・マネー教室を行うと同時に、「起業家になろう!」というところからスタートして企業の仕組み、株式と債券、インフレと株式、価値と株価などについてお話しをしました。

DSC04615.JPG

ダブルヘッダーでしたが充実の一日でした。

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(140)望遠鏡を逆さに見る

2015年9月22日 14:34

望遠鏡を逆さに見る


ギリシャの債務問題、中国の景気減速、米国の利上げ、日本のGDPのマイナス成長等々、この夏はたくさんの悪材料が次から次へと出現しました。まるで昔の「スペース・インベーダー」のようです。マーケットもパニック的な売りがあったと思うと、急に反発したりして、まことに忙しいことです。8月の初めには20500円ほどだった日経平均が一月もしないうちに18000円割れ、1割以上の下落です。しかし、どう考えても日本企業の投資価値がわずか一か月で1割も消えたとは思えません。要するに、暴落前が高すぎたのか、あるいは暴落後が安すぎるかのどちらかしかないのです。

「株価は影」、投資家の心理は欲望と恐怖の間をめまぐるしく行き来しています。実体価値は変わっていなくても欲望の側から光を当てると影は大きく見えます。恐怖の側から光を当てれば影は小さくなります。投資家の心理が日々、変化するに伴い、影は上にも下にも大きく変動します。ですから、影を追いかけていても仕方がないのです。企業の投資価値を冷静に判断して価値が育っていくのを待っていれば良いのです。

企業が育つのには時間が必要です。短期間ではほとんど価値の成長はありません。ですから、株価の動きは心理に影響する部分が大きくなります。長期になるほど、株価の中心点となる価値が成長します。むろん、その時点では心理によって大きな価格変動はありますが、長い目で見ると株価は価値の周辺を大きく変動しているのがわかります。

もちろん、銘柄によっては長期間のうちに衰退し、場合によっては倒産の憂き目にあう企業もあるでしょう。しかし、多数の企業を保有していればすべてがそうなるわけではありません。まして、長期で見れば世界経済全体は緩やかな成長を続けるでしょう。そして、その成長をけん引していくのが世界の主要企業です。ここにグローバルな主要企業への分散投資と長期投資が必要な根本的な理由があります。

数十年単位で対数グラフに描かれた株価チャートを見るとかつての大暴落が小さな「へこみ」にしか見えないことに気づいている方も多いと思います。その時にはパニックになるほどの暴落も長い年月のうちには小さな変動になってしまいます。ちょうど、望遠鏡を逆さにして現在の相場を見るような発想がいまのような混乱の時期には必要なのです。

(投資手帖2015年10月号への寄稿文に加筆修正したものです)

ページごとに見る

第120回目のI-OWAマンスリー・セミナーが9月20日が開催されました

2015年9月21日 10:13

第120回目の I-OWAマンスリー・セミナーが昨日開催されました。この会を始めてちょうど10年目ということです。

連休中にもかかわら大勢の方にご参加いただきました。私は久しぶりの名著ヨミトキ・シリーズでアダム・スミスの「道徳感情論と国富論」のお話をしました。スミスのころの時代背景、道徳感情論にいう「共感」、「公正な観察者」、「賢人と軽薄な人の違い」、そして、国富論の「富とは何か」、「分業と資本蓄積」、そして「軽薄な人が経済発展をもたらすメカニズム」など。スミスは本当に「しあわせ持ち」になることをこの二冊の本で解説していたのだと思います。 

DSC04500.JPG


ゲストはマンスリー・セミナーの会員としてご参加いただいている原俊英さん。30数年、メディアで文章とかかわってこられた方です。テーマは「人を惹きつける文章 読んでもらってナンボの世界」というものでした。多くの例文を示しながら心に訴える文章とはどのようなものか、そして、「文章テク」まで良い文章を書くコツをお話いただきました。特に「持ちネタをバッサリ捨てる覚悟」が必要というお話には「ハッ」とするものがありました。文筆に関わる方も多く参考になったのではないかと思います。

DSC04504.JPG

そして、懇親会。マンスリー・セミナーは少人数でのサロン的な会です。みなさん、顔なじみの方ばかりなので、狭い会場(当社オフィス)は笑い声でいっぱいでした。
 

DSC04561.JPG

ページごとに見る

三島、沼津を訪問。

2015年9月 6日 16:16

三島では三木昌子さんと三木さんの生徒さんたち三人とランチ会。テーマも決めず、資料も使わず、ただ、美味しい食事をいただきながらのトーク・ランチ。でも、ポイントになることはお伝えできたと思います。このような形式も良いものです。

DSC04410.JPG

DSC04407.JPG

ランチの後、沼津に移動。吉野エージェンシーの吉野さんの定例セミナーでお話をさせていただきました。久しぶりの沼津、そしてたくさんの方にご参加いただき力が入りました。1時間半たっぷりお話をしてそれから質疑応答、全体で2時間のセミナー、そしてそのあとは懇親会。北海道産と比べると小ぶりのほっけ、おいしかったです。お酒も少々、いただきすぎて新幹線でうとうとしながら帰宅しました。

DSC04414.JPG

DSC04419.JPG

ページごとに見る

8月29日 和歌山でセミナーをさせていただきました

2015年8月31日 14:01

和歌山でセミナーをさせていただきました。和歌山は私にとっては初めての地でした。

和歌山城、立派なお城です。昔、ここに吉宗公が住んでいたのかと思うと感動します。先週は会津城、ここのところお城づいています。

DSC04365.JPG

 今回はダブル・ヘッダー、午前中は大人向け、午後は親子向けのお話でした。

午前中のテーマは「人生を通じての資産運用」のお話。みなさん、とてもまじめに聞いてくださいました。

DSC04392.JPG

午後は親子のための「ハッピー・マネー教室」、私の話に続けて子どもたちはワークショップ。いま、「起業したどんなことをする?」という問いかけにビジネス・プランを書いてもらいました。そして、みんなの前で発表会。どの子も堂々と大きな声でプレゼンしてくれました。

DSC04369.JPG

始めての和歌山でここだけはぜひ行きたいと思っていたのが井出商店さん。行きました!早すしをいただき、和歌山ラーメンを堪能しました。

DSC04344.JPG

DSC04340.JPG

DSC04333.JPG

 

DSC04336.JPG

井出商店さんは満員、でも、駅前のアーケードは誰もいない閑散状態。夕方5:30頃なんですけどね 。ちょっと寂しい感じでした。 

DSC04348.JPG

ページごとに見る

8月22日に会津若松でセミナーをさせていただきました

2015年8月23日 15:59

8月22日に会津若松でセミナーをさせていただきました。初めての土地、そして、とても熱心に聞いて下さる方々を前にとても楽しく充実感のある時間を過ごさせていただきました。
DSC04200.JPG

立ちっぱなしで話し続けて気が付いたら2時間たっていた感じです。アレンジの労をとってくださった志甫さん、本当にありがとう。懇親会も楽しかったですね。

DSC04228.JPG

翌日は出発がお昼頃だったので午前中に会津城(鶴ヶ城)へ。志甫さん、鈴木さんが案内してくださいました。きれいで雄大なお城です。白虎隊の悲しい歴史などもあるのですが、蒲生氏郷,保科正之、松平容保などの歴史の舞台だったと思うと感激します。

DSC04300.JPG


会津は美味しいもの、たくさん、ありました。輪箱飯、会津そば、馬刺し、お城の茶室でいただいた薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)など、堪能させてもらいました。

DSC04215.JPG

DSC04243.JPG

DSC04306.JPG

このセミナー開催に至るまで多大なご尽力をいただいた志甫さん、本当にありがとうございました。

 

 

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」139回 中学1年生からの感想文

2015年8月20日 19:28

中学1年生からの感想文


「ぼくは、岡本先生の授業を受けて、働くことがいやな印象から良い印象に変わりました。なんで働くことはいやな印象になっていたかというと、ドラマとかである人が上司に怒られるシーンを見たりしていましたし、ぼくが小さいころお父さんが『仕事をやめたい』と一日に一回ぐらい言っていたからです。いまもたまに言うので働くことはいやなことだと思っていました。でも、今日の授業で働くことは良い印象に変わりました。岡本先生が言う通りだれかのために働くと思うと良い気分になります。それにこれでお金をもらい、お父さんやお母さんに楽をさせてあげられると思うと上司から怒られてもたえられるんじゃないかとと思いました。岡本先生、お金のことや働くことについて色んなことを教えてくれてありがとうございました。これからは働くことを良い印象を持ってしょうらい働きたいです」

私が出張授業に行った中学校1年生の生徒からこんな感想文が届きました。校長先生によると、このクラスの生徒の三分の一が何らかの形で生活補助を受けているそうです。きっと、この子のお父さんも決して高くない給料できつい仕事に精をだされているのでしょう。この子が「人に喜ばれる働き方をして、稼いだお金で両親を楽にしてあげたい」と気づいてくれたことをとてもうれしく思います。

授業で聞いてみたいことを事前に書いてもらうと、「楽して儲ける方法はありませんか」という質問が非常に多いのです。多くの子供が仕事はきつく苦しいものだが、お金を稼ぐためには仕方がないこと」と考えているようです。私が子供たちに最も気づいて欲しいことは「お金は感謝のしるし」だということです。ですから、お金を得ようと思ったら人に感謝をされる仕事をしなければならない。まさに「仕事」とは世の中に「仕える事」なのです。

一度、そのことに気づいてもらうと子供たちの変化は非常に早いのです。本当に一瞬のうちに考え方が変わります。おそらくみんな、心のなかにモヤモヤしていた雲がさっと晴れるような気がするのでしょう。中学2年生の女子からはこんなコメントがきました。

「お話のなかで『お金は感謝の気持ちである』と聞いてお金に対するイメージが一瞬で変わりました。今日のお話を忘れずに生きていきたいと思います」

この文章は「投資手帖」2015.09号に寄稿したものです。

ページごとに見る

第119回、I-OWAマンスリー・セミナーが8月16日に開催されました

2015年8月17日 19:14

 第119回、I-OWAマンスリー・セミナーが8月16日に開催されました。

お盆にもかかわらずたくさんの方が参加してくださいました。

私は小学校4年生以上に行っている「目指そう!起業家」の資料の紹介と子供たちがワークショップで書いてくれたビジネス・プランを紹介。職業体験というすでにあるビジネスを学ぶのではなく、自分の頭で「みんなhが必要としているもの」を考えだし、そのために必要なものとそのコストを調べ、需要を判断しながら値段を決める。そして、利益を試算する。そのビジネスの将来性を予測する。子どもたちの発想はどんどん広がっていくのを感じます。

また、バフェットさんの本とDVDから「人生のビジネスで成功するための26の秘密」を紹介しました。これも子供に向けての内容ですが、結構、大人にとっても参考になる人生の秘訣が書かれています。

DSC04121.JPG

ゲストは伊藤宏一さん。半年ぶりの登場でした。「中立的な投資アドバイザー制度の確立をめぐって」というお話でした。米英における中立的投資アドバイザーの普及、制度などの変化の歴史などや、日本における課題などを伊藤さんの論文に沿って伺いました。

DSC04129.JPG

そして、座談会。中立投資アドバイザー的仕事をしている方も多かったので、みなさんの抱える悩み、困難などが話合われてとても有益でした。もちろん、その後の懇親会はさらに盛り上がり、暑さを吹っ飛ばす午後の4時間でした。

DSC04146.JPG

 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ