最新のエントリー

腰痛はかなわないですね・・・

2017年8月23日 11:52

 ここ2週間ばかり持病の脊柱管狭窄症が悪化、8月20日の「大人と子供のためのハッピー・マネー®教室」はブロック注射を打ってなんとかつとめましたが、無理をしたのがたたったのかさらに悪化。今週は立っていることもつらい状態です。室内でも10歩も歩くと左足全体がしびれて歩けません。今日、東京医療センターでレントゲンを撮り、金曜日にMRIの検査があります。PCの前に座っているだけでもつらいので仕事にならず。寝転がって撮りためたビデオなど見ています。ある意味、ぜいたくな生活ですが、我慢の夏になりそうです。(書くべき原稿と予定に入っているプレゼン資料作成がどんどん遅れていますが・・・)

1503450511922.jpg

ページごとに見る

毎年恒例の「大人と子供のためのハッピー・マネー®教室開催

2017年8月21日 14:04

 昨日(8月20日)毎年恒例の「大人と子供のためのハッピー・マネー®教室(I-OWAマンスリー・セミナー)が浅草橋ヒューリック・カンファランスで開催されました。下は一歳八か月、上は70歳(私)まで満員のお客様にご来場いただきました。

第一部は「ハッピー・マネー®教室」お金は感謝のしるし、良いお金の稼ぎ方、しあわせ持ちになれるハッピー・マネー®四分法のお話。小学生以下はその後、ワークセッションへ。

20170820_ハッピー・マネー教室 (11sm).jpg

第二部はハッピー・マネー®ソングをみんなで歌うセッション。ハッピー・マネー®シスターズ(Labi、ユミ、トキの三人娘)の指導のもと、みなさんと振り付けを入れて大きな声で歌っていただきました。
20170820_ハッピー・マネー教室 (34s).jpg20170820_ハッピー・マネー教室 (43s).jpg

ワークショップ.png

第三部は「起業家になろう」というお話。主として中高生向けにどんなビジネスを始めたいかを考えていただくためのお話でした。そして、中高生はワークセッションへ。

 第四部は大人、大学生のための「人生を通じて学ぶお金と投資のこと」、いま、なぜ、金銭・投資教育なのか、かんたんすぎる資産運用、しあわせ持ちへのロードマップなどのお話をしました。
第五部はワークセッションの発表会と表彰式。みんな堂々と発表してくれました。小学生の部では「ためる」⇒お金をためて足の痛いお父さんにサポーターを買ってあげるというほのぼのとした話があったり、中高生からはレアメタル再利用のビジネスアイデアなどが披露されました。表彰式はありましたが、本当はみんな優勝でした。

表彰式.jpg

マンスリー・セミナーのメンバーの方々がたくさんお手伝いくださいました。本当にありがたかったです。ありがとうございました。

ページごとに見る

広尾・恵比寿のラーメン探訪 九十九ラーメン

2017年8月11日 11:37

すでに20年以上通っているお店です。1995年、前職の新オフィスを決めたとき、「このラーメン屋さんが近いからだろう」といううわさが流れたほどです。写真は九十九とんこつラーメンと元祖マル究チーズ・ラーメンです。どちらもおいしい。のり、ゆで玉子、コーン、半ライス、サラダ、ピリ辛もやし、ねぎ、激辛高菜から二品、トッピングが無料で選べます。これも太っ腹。

14568046_10206031897391342_5016312811658614615_n.jpg14650230_10206031897031333_7911666020982761761_n.jpg14713798_10206031896951331_7824246587863250452_n.jpg14691031_10206031920591922_5963745510839439443_n.jpg14716273_10206031896991332_3336679721876129911_n.jpg

ページごとに見る

長野で「大人と子供のためのハッピー・マネー教室」

2017年7月31日 09:28

 長野で「大人と子供のためのハッピー・マネー教室」をさせていただきました。たくさんの方が出席してくださってとてもうれしかったです。乳幼児が9名ということでちょっと心配もしましたがみんな、しっかりと塗り絵などを楽しんでくれたと思います。さすが教育県の長野です。
アレンジをしていただいた長野證券のみなさま、ほんとうにありがとうございました。創業1900年という長い歴史を持つ長野證券さん、五代目の山田社長のもと、いまから子供のお金・投資の教育に力をいれている長期戦略には感服します。
善光寺さんへもお参りができました。20170728-29_長野證券_大人と子供の (43as).jpg20170728-29_長野證券_大人と子供の (39).JPG20374440_10208144143076164_75477199955874650_n.jpg20170728-29_長野證券_大人と子供の (49□)_0000.JPG20374227_10208144155196467_808818499689446518_n.jpg20170728-29_長野證券_大人と子供の (69a).jpg20170728-29_長野證券_大人と子供の (14x).JPG

 20170728-29_長野證券_大人と子供の (22).JPG

ページごとに見る

「深海と生物」展へ

2017年7月28日 09:22

 「深海と生物」展へ。予想以上に面白かったです。この絵を見ると日本列島って崖っぷちに建っている家のような感じですね。それから人間が分かったつもりになっている地球の範囲ってほんとに表面をちょっとかすったくらいだということも実感します。

20170714_深海展 (20).JPG 20170714_深海展 (9).JPG20170714_深海展 (11).JPG20170714_深海展 (12).JPG20170714_深海展 (3).JPG20170714_深海展 (13).JPG

ページごとに見る

タイ~仏の国の輝き展@平成館へ

2017年7月27日 09:12

 タイ~仏の国の輝き展@平成館へ。圧巻はこの扉(ここは写真撮影可)。透かし彫りで膨大な数の動物や植物が描かれています。人間も含めてあらゆる動物・植物たちがみんな仲良くしあわせに暮らせるのが本当の良い世の中なのかもね。どの仏様もやさしいスマイルで満ちています。

20170719_タイの仏 (12).JPG20170719_タイの仏 (5).JPG20170719_タイの仏 (10).JPG

 

ページごとに見る

ららら♪クラシックにアンドレス・セゴビア登場!

2017年7月26日 09:06

7月21日のららら♪クラシックではクラシック・ギターの神様、アンドレス・セゴビアが取り上げられていました。ビデオで何度も繰り返して見ています。学生時代、LP版のレコードを何度も、何度も聞いたのを思い出します。真似したってできっこないのに、ちょっとでも弾ける部分があるとうれしくってね、そこばっかり弾いていた。1976年、ニューヨークに赴任した翌年のコンサートに行けたのは本当に幸いでした。プログラムは添付の写真の通り。生セゴビアを聞けたのは貴重な体験でした。当時、ニューヨークで買った本も大切に持っています。

Segovia (1).jpg Segovia (2).jpgSegovia (3).jpg

ページごとに見る

日本FP協会富山支部の継続教育研修の講師で富山へ

2017年7月24日 08:58

 ヨコジュンさん 本当に至れり尽くせりで迎えてくださってありがとう。今回は久しぶりにパワーポイントも紙芝居もなくほとんどトークオンリーで2時間の講演。こういうのもありだなって思いました。みなさんに少しでもメッセージが伝わってくれていたらうれしいです。

20170722-23_富山 JY (3).JPG20170722-23_富山 JY (1).JPG

富山へ行ったら、やっぱりこれ食べないとね。がんばって食べました。

20170722-23_富山 (2).JPG20170722-23_富山 (5).JPG 

 

ページごとに見る

資産運用こぼれ話 「投資家ファースト」という言葉の重さ

2017年7月22日 14:56

本年5月に米国フィラデルフィアで開催されたグローバルな証券アナリストのプロフェショナル団体、CFA協会の年次総会に出席しました。その席で何度も繰り返された言葉が「Putting Investors First」でした。最近、はやりの言い方をすれば「投資家ファースト」ということでしょう。2017年6月に米国労働省がフィデューシャリー・デューティ(FD)/受託者責任ルールを実施し、日本においても金融庁が「顧客本位の業務運営に関する原則」を本年3月に発表し、投信会社などがFD宣言を公表したと聞いています。

大きな運用会社の場合、会社としてのFD宣言がどこまで現実に実行されるのかという点に疑問が残らざるをえません。会社としてのスタンスはいままでも当然、「顧客優先」だったと思います。まさか、「自社利益優先」を宣言する企業はなかったでしょう。それでも種々、疑問符のつく行為があったことは否めないのです。今年の流行語大賞の最有力候補と言われる「忖度」ではないですが、会社の建前は建前として、組織のピラミッドの下に行くほど上司の本音を忖度する行動が起こらないとも限りません。

本当に大切なのは日々の業務を行うすべての役社員がFD宣言を出すことではないかと思います。会社も社員も顧客ファーストの本音で仕事に向き合おうという決意が重要だと思うのです。これは企業としても実務担当者としても非常に重い宣言ということになります。しかし、それだけの覚悟がなければ結局、絵に描いた餅に終わってしまうのではないかと危惧します。

グローバルなCFA協会は業界団体ではなく、プロである「個人の団体」です。その団体が「投資家ファースト」ということを標ぼうすることの裏にはプロのアナリストが「個人として」この原則を守り、協会として個人に何らかの組織的な圧力があったらプロを守るという覚悟があるのです。

最近、CFA協会から来たメールのバナーには「You put investors first. We put you first.」とありました。この後半部分はまさにCFA協会がどんな圧力にも負けずにプロであるCFAを守るという決意を示すものだとも言えます。FD宣言の投資家ファーストの重みを会社も個人もしっかりかみしめてもらいたいものです。

20228393_10208084863554213_8736066727656448843_n.jpg

ページごとに見る

投資ルネッサンス2007、あれから10年

2017年7月18日 14:47

 FDのお友だちが2007年1月17日に開催されたインベストライフ主催、「投資ルネッサンス2007」のパンフレットの写真を投稿してくださいました。

懐かしい・・・・。あの時、東京銀座に日本中から400人の方に集まっていただきました。そのとき採択されたのが個人投資家宣言です。いまでも新鮮です。
【個人投資家宣言】
第一条 私たちは、生活の一部として、長期投資を学び実践する
第二条 私たちは、長期投資によって経済的自立と社会貢献を目指す
第三条 私たちは、良い社会づくりに貢献する企業を投資によって応援する
第四条 私たちは、投資リターンに心の豊かさも求める
第五条 私たちは、急がずあせらず、ゆったりと投資を行う
2007年1月14日
東京都中央区銀座にて
I-Oウェルス・アドバイザーズ/インベストライフ®主催「投資ルネッサンス2007」参加一同

20106727_109092859745516_2944782366933059900_n.jpg

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ