最新のエントリー

資産運用「気づきのタネ」(87)おカネは借りた方が得か

2012年12月 4日 13:20

おカネは借りた方が得か


会社が使うおカネは借りたおカネ(デット)か、株主のおカネ(エクイティ)のどちらかです。会社はこれらのおカネを使って資産を保有し、モノやサービスを売ります。これが売上です。売上の一部は製造原価だったり管理費や販売費として使われます。同時に、おカネを借りている人に金利の支払いや元本の返済をします。そして残ったおカネから経営者に報酬を払い、さらに残ったものを株主が配当金でもらったり、会社に内部留保として預けておき、翌年以降の収益拡大のために用立てます。ここでポイントは会社はまず、借金の利払いや返済をして、その残った部分が株主のものになるということです。

最近、「いずれ金利が上昇するだろう。だから、その前におカネを借りておいた方がいいのではないか」という声をよく聞きます。確かにいま、固定金利でおカネを借りておければ、将来、金利が上がったとき得をするという考え方もできるかも知れません。これは個人の好みの問題でもあるのですが、私自身について考えるとやはり、借金は嫌いです。とにかく借りないですむのであればできるだけ借りたくないのです。

なぜ、そう思うのかを考えてみると、最初に述べた会社の仕組みに関連しているのだろうと思います。つまり、自分が会社だったとすると株主は私ひとり。そして、自分という存在と保有するモノやおカネの合計が総資産です。ここでは単純化し総資産のほとんどが自分という人的資産であるとしましょう。自分という資産を活用し、汗水流して、収入を得るわけですが、おカネを借りていると、その収入から、まず借金の元金利を払います。そして、その残りの部分しか自分のものにならないのです。借金をするということは、一生懸命働いて稼いでも、最初に、他人がその収益の一部を持っていく権利を与えてしまうということなのです。

しかも、フローの収入だけではなく、返済が完了するまでは自分という人的資産の価値の一部が借金取りに差し押さえられているのです。いわば自分であって自分のものでない部分がある。ここが私にとってはどうにも面白くないのです。一概に借金は全部、ダメと言えないのはわかります。しかし、おカネを借りる場合は、それがどのような意味を持つかを考えてから決めるべきです。

ページごとに見る

日経平均とTOPIXの違いを知ろう

2012年12月 4日 11:36

 「今日、マーケットはどうだったの?」、「たしか、150円ぐらい上がってたよ」などという会話はごく普通に行われます。このような場合は日経平均を指して話をしているんですね。つまり、いまの水準がだいたい9000円ぐらいでそれが100円安とか、200円高という言い方をします。その意味で日経平均はもっともポピュラーな数値だと言っていいでしょう。

日経平均は日本経済新聞社が選んだ代表的な日本の225銘柄の株価の平均です。時系列でみた整合性を保つための調整はしていますが、あくまで株価の平均です。一方、もうすこしジミな指標で東証株価指数(TOPIX)というのがあります。こちらは東京証券取引所の一部市場に上場されている全銘柄を対象にしています。

TOPIXのもうひとつの特徴は「時価総額加重」であるということです。「時価総額」というのは、株価と株数を掛け合わせたもの。つまり、もし、いまの株価で株式全部を買ったらいくらかかるかという数値です。あるいは、現在の株価でその企業の価値がいくらになっているかを表す数値だと言ってもいいでしょう。そして、それぞれの銘柄の時価総額でで株価をウェイト付けしたものが時価総額加重の指数です。つまり、時価総額が10の銘柄と1の銘柄では、同じ10円安でも10の銘柄の値動きが1の銘柄の値動きの10倍反映されるようにしています。

いま、単純化して銘柄がAとBというふたつしかない市場を考えてみましょう。A銘柄は現在の株価が1000円で、100株発行されているとします。一方、B銘柄は株価が100円で、1000株発行されている。したがって、平均株価は1000円と100円の平均で550円です。

いま、A銘柄が10%値上りして、B銘柄が10%下落したとします。そうすると株価はAが1100円、Bは90円となります。その結果、平均株価は1100円と90円の平均で595円になります。つまり、平均株価でみると当初、550円だったものが595円になっており45円高(約8%の上昇)ということになります。

ここでこれらの二銘柄に投資されているおカネの金額を考えてみましょう。最初の状態ではAが1000円の株価が100株ですから、100,000円です。一方、Bも100円の株価が1000株ですから、100,000円、AとBを合計すれば200,000円ということになります。さて、Aが10%上昇すると、1100円が100株ですから110,000円、Bが10%下落すると90円が1000株ですから90,000円。AとBを合計すると200,000円です。つまり、当初と株価変動後では市場に入っているおカネは変わっていないのです。この場合、時価総額加重の指数は前日比変わらずということになります。

上記の例で見てもわかるように平均株価では上昇していても、市場に入っているおカネは儲かっていないこともあります。あるいはその逆もあります。私はやはり、市場に入っている資金全体の変動こそ株式市場全体のパフォーマンスを表す適切な指標ではないかと思います。

大切なことは、日経平均のような平均でみると値段の高い株価の動きの影響を大きく受けてしまうということです。一方、時価総額加重のTOPIXは市場に入っているおカネの時価がいくらかということで市場の動きを示します。どちらが上がりそうかとか、下がりそうかという話とは別に、私は東証一部市場全体の動きをより正確に現す市場としては東証株価指数(TOPIX)を使うべきだと考えています。

ページごとに見る

今週の「小食知足」:川口市鳩ヶ谷のソース焼うどん

2012年12月 2日 20:02

 鳩ヶ谷中学校での講演の前にいただいたのが「鳩ヶ谷ソース焼きうどん」。ブルドッグソースの工場が鳩ヶ谷にあるとのことで、そこと町がコラボして作ったB級グルメだそうです。ソース焼きうどん研究会もあり、パンフレットによると20店舗ぐらいがさまざまな趣向を凝らして出しているようです。小麦も埼玉県産。専用のソースも販売されているとのことです。

私は鳩ヶ谷中学校のPTAの方にコーヒーショップ・シモンに連れて行ったいただきました。ちょっとレトロな感じのいかにもB級グルメという感じのお店。でも、満員です。地元で愛されているんだろうなあと感じました。 

20121130a.jpg

 ちょっとジミだけどおいしかったです。鉄板の一番下に薄焼き卵が敷いてあり、その上にソースとポークやキャベツ。見た目よりずっとシンプルな味です。

RIMG0628s.JPG

中学校での講演のときに、子どもたちに「ソース焼きうどん」を全国区に仕立てるプロジェクトをみんなでやってみたらどう?と提案しておきました。グランプリ上位にランクされることを期待したいです。がんばれ、鳩ヶ谷! 

ページごとに見る

川口市鳩ヶ谷中学校で講演

2012年12月 1日 07:18

11月30日、埼玉県川口市の鳩ヶ谷中学校で講演をさせていただきました。

遠~いところかと思ったら、我が家から二駅目の大岡山から乗り換えなしでいけるんですね。びっくりです。

この日の午前中は期末テストだったとか。みんな、ほっとした感じで体育館に集まりました。全校生450名+父兄+先生です。一番奥に小さく見えるのが私です。

20121130b.JPG

この講義は「ふれあい講演会」ということで、私は「世の中を良くするおカネとの付き合い方~大きな夢に向けてGO!」というテーマでお話をしました。 

20121130c.JPG

私の講演は「自己紹介といま、考えること・・・」、「スマート・マネー教室」、そして「大きな夢に向けてGO!]という三つのテーマでの話でした。試験が終わった直後だったのでみんな、疲れているのではないかなと少し心配でしたが、みんな、体育館のフロアーに座って元気でした。

20121130d.JPG

奥富校長先生はじめPTAのみなさんのご協力で実現した講演会、とても楽しく、うれしいチャンスを与えていただきました。

 450人の若いエネルギーをたっぷりいただき元気になりました。

ページごとに見る

那須で瞑想三昧

2012年11月30日 21:40

 11月23~25日の三連休を使ってヴェーダの森那須へいきました。23日の午後到着、25日の昼過ぎに到着したので滞在はトータル約48時間。そのうちほぼ12時間、瞑想プログラムをしていました。すっかり心身ともに休まった感じです。 

RIMG0635s.JPG

 二日目はとてもきれいに晴れて那須連邦がきれいに見えました。

20121124_130932.jpg

ここの楽しみは食事です。完全なベジタリアンのブッフェ・スタイルです。二日目のランチはカレーで豪華でした。 

RIMG0634s.JPG

澄んだ夜空に月がきれいでした。普通のコンパクト・デジカメで撮った写真ですが、本当に月のなかでウサギがお餅をついているように見えます。

RIMG0636s.JPG

 

ページごとに見る

Facebook上のクラブ・インベストライフ、参加者がついに1000人!

2012年11月22日 15:50

Facebook上に作ったグループ、クラブ・インベストライフの参加者がついに1000人になりました。
約1年と3か月で達成です。みなさまのご支援、本当に深く感謝します。

その瞬間を動画(YouTube)でご覧ください!

でも、まだ、これは出発点。

投資や資産運用には色々な考え方があって良いと思います。

でもまじめに人生を通じての資産運用、世の中のためになる投資を考えている人のためのバーチャル・サロンとしてこのグループがもっと、もっと発展して欲しいですね。

ページごとに見る

I-OWAマンスリー・セミナーを開催しました

2012年11月19日 10:35

 昨日(11月18日)I-OWAマンスリー・セミナーを開催しました。2005年10月に第一回を開催して以来、98回目のマンスリー・セミナーです。

私は「病から学んだ資産運用、そして、生き方」というお話をさせていただきました。健康・病気と資産運用のアナロジーで、ポートフォリオが病気にならないために気を付ける点、病気になった場合の対処法などについて体験談を交えてお話しました。また、「もしかしたら死?」に直面して考えたことなどについても聞いていただきました。

RIMG0402s.jpg

ゲストは南相馬で東日本大震災に被災されたFP、佐藤光一さん(ネクストライフ・コンサルティング代表)でした。通称、「ピカイチ」先生には「震災に遭遇して学んだこと」というテーマで講演をいただきました。やはり、実際に被災された方の体験談は本当に価値があります。テレビや新聞などの報道がいかに薄っぺらかということがよくわかります。特に、二人のお子さんの行動、親御さんとしての思いなど感動的でした。聞いている方からは「涙ぐんだ」というコメントもいただきました。 

RIMG0405s.jpg

佐藤さんの大変な被災経験、そして、比較にはなりませんが私のわずかな病気の経験、ともに「生かされている」、「命を与えられている」という実感が共通していました。死は誰にも訪れます。ですから、死に不確実性はなく、死はリスクではないのです。リスクは「生かされている間、命を与えられている間」に何をなすかということにあります。佐藤さんも私もその点でまったく同じ思いを持っているということを実感しました。

マンスリー・セミナーの動画(3時間40分、有料)は当社ホームページでご覧いただけます。ご希望の方は当社まで。 

ページごとに見る

タオのプーさんの教え

2012年11月19日 10:05

ベンジャミン・ホフのThe Tao of Pooh (日本語では「タオのプーさん」、吉福伸逸さんが訳しています)という本にとても良い一節があります(この一節は私の訳です)。

小川は森の果てに至るころには、ほとんど川と言っていい大きさになっていた。小さな川だったときは、走り回ったり、とび跳ねたり、しぶきを飛ばしたりしていたけれど、いまは流れもすっかり落ち着き、ゆっくりと進むだけだ。自分がどこへ流れていくかを知っているから、「急ぐことはない、いずれしかるべきところに着くんだから」と自分に言い聞かせるまでになっていた。

この一節、まさに投資家が本当の長期投資に目覚め、成長をしていく過程と同じです。人生を通じての資産運用を行うには、単に投資知識を頭に詰め込むだけではだめなのです。投資家としての「成長」が不可欠です。 

プーさんのような無邪気な心で「急ぐことはない、いずれしかるべきところに着くんだから」という気持ちで投資をしたいものですね。

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(86)定年とリタイアメント

2012年11月17日 16:35

 定年とリタイアメント


普通、英語の「リタイアメント」は日本語で「定年」と訳されています。しかし、この二つは全然、違うのではないかと思います。まず、「定年」というのは「終身雇用」という制度ゆえにできたものです。つまり、終身雇用制度では、文字通り「終身」会社で働くことを雇用の側も従業員の側も暗黙のうちに合意しています。もちろん「終身」と言っても「死ぬまで」という意味ではないので、どこかで「終点」を決めておく必要があります。ですから、60歳とか65歳と時期を定めてその時点で全員が会社を退職するわけです。外国人にそのような話をすると、彼らは大変驚きます。なぜ、本人の意向を無視して一斉に会社を辞めさせるのか。また、会社としても残って欲しい人までもなぜ、会社を辞めさせるのかというのです。

彼らの言う「リタイアメント」は違います。あくまで自分の意思で「働くのをやめる」ということです。つまり、老後資金もある程度できた、だからこれからはゆっくりと時間の流れを楽しもうというのがリタイアメントです。まさに、「ハッピー・リタイアメント」なのです。もちろん、「もう、働かない」と決めるのは自分です。

言い換えると「定年」というのは「終身雇用を前提として働いてきた会社を辞める」ということですが、必ずしも「働くのを止める」という意味ではないのです。そこがリタイアメントとの大きな違いです。最近はアメリカでも完全リタイアメントの前にいくつかの段階を考えるべきだという意見があります。

日本の場合、「定年=働くのを止める」である必要はありません。そこで、定年からリタイアメントの間の「ポスト定年-プレ・リタイアメント」の発想が必要なのです。私はこの時期に次の二つのステージを考てみてはどうかと思っています。

プレ・リタイアメント前期: 終身雇用とは異なる雇用形態である程度、生活費の足しになるような仕事を行う。これまでの経験や知識を活かした仕事もありうるし、また、まったく新しい分野でのチャレンジもありうる。

プレ・リタイアメント後期: 生活費の足しにするためのおカネを稼ぐというよりは、社会とのつながりを維持することを目的とする。報酬としては若干のお小遣い程度で構わない。毎日、出社する必要はなく、仕事と自分のペースを合わせて出社する。

定年を過ぎて一番変わるのは人生のプライオリティです。終身雇用という制度のもとで「会社のために」働くというクビキから解き放たれて、「自分のために生きる」ことが可能となるのです。別の会社で働くのも良いし、趣味に生きるのも良い、どちらにしても自分の価値観で生きればよいのです。要するにプライオリティが「会社」から「自分」に移るのです。それだけに「自立」が問われるのです。自分の望むものがはっきりしていないと何をして良いのかわからなくなってしまいます。

私の友人で定年になる前は「あれもやりたい、これもやりたい」とたくさんのことを考え、退職するのを楽しみにしていた人がいます。退職後、しばらくして再会したら「二ヶ月もあったらいままでやりたかったことは全部してしまった。いまはすることがなくなってしまって・・・」とこぼしていました。ここでわかるのは、定年後は「いままでできなかったことをする」時期ではないということです。「本当に自分の求めていること、望んでいること」を「未来に向けて」始める時であるということです。その意味で、自分の人生の目標を見つけることがおカネの問題に取り組む前に必要とされるのです。

日本でも終身雇用制度が崩壊しつつあります。それによって定年の在り方も変わるでしょう。また、アメリカでも資金がないためにリタイアメントできないという人が多いと聞きます。団塊の世代、ベビーブーマーが退職を迎える年齢になっているいま、これまで働いてきた会社を卒業した後の時間の過ごし方をしっかり考えて充実したポスト定年-プレ・リタイアメント生活を送って欲しいものだと思います。

 

ページごとに見る

今週の「小食知足」スープ・カリーとぶた丼

2012年11月16日 08:31

家族旅行。妻と札幌勤務の娘と三人で帯広へ。

とかちむらで十勝カリーとぶた丼。ぶた丼ははじめて食べましたがおいしかったです。三人でこのふたつ。でも、十分に「知足」でした。

RIMG0373.JPG

 RIMG0372.JPG

食後、ばんえい競馬を見ました。農耕用の体重1000キロぐらいのでっかい馬さんたちが騎手と重りを載せたソリを引きながら途中に作られた障害物(土を盛ったも土手のようなもの)を超えながら競争します。すっかりメタボになった国が大きな課題を抱えつつ汗をかいているようで、他人事(馬事?)とは思えない気がしました。

RIMG0374.JPG

 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ