最新のエントリー

2017年1月21日 Mission4が大阪でセミナー

2017年1月22日 09:39

2016年7月に東京で開催した「Mission 4 Presents 一日で本当に大切なことが学べる特別セミナー『惑わされない資産運用』」を大阪で開催させていただきました。もちろん、前回同様、大江英樹さん、馬渕治好さん、竹川美奈子さんとのコラボです。

16143196_1149149295204572_6794585769096737263_n.jpg

前夜に大阪に集合。大江さんおすすめのレストラン、Libertusでおいしいフレンチを満喫しました。ちなみに大江さんの会社、オフィス・リベルタスとは関係ないそうですが、同じ名前なので大江さん、お気に入りとのことです。

16114583_10206753531671748_8532365496141866103_n.jpg

さすがに美食家の大江さんご推薦だけあってとてもおいしかったです。

16142996_10206753531831752_2107910071520252605_n.jpg

 

16195074_10206753532311764_3569306563040480661_n.jpg

 

当日はありがたいことに超満員でした。

16195588_10206754222929029_3580065492919799634_n.jpg

まずは、馬渕さんの「情報に惑わされない」というお話。真実をついたお話でした。


16195798_10206755382358014_2355951140942782271_n.jpg

そして、私は「相場に惑わされない」。伝説の投資家、テンプルトンさんの話なども紹介しました。

16195267_10206755041189485_1601354062101345475_n.jpg

ランチは竹川さん厳選のお弁当。

16142685_10206755051469742_3755172797913853664_n.jpg

午後の最初は竹川さんの「商品に惑わされない」。納得のお話です。

16174537_10206755396678372_1722973873152563689_n.jpg

そして、大江さんの目から鱗の「自分に惑わされない」というお話。

16114793_10206755382118008_5527471092847530178_n.jpg

シメは四人で会場からの質問に答えました。

16265650_10206761165542590_3628796674524571209_n.jpg

四人ともそれぞれ専門性が少しずつ違い、コラボをしていてもとても楽しい仲間です。これからも続けたいと思っています。講師が四人で午前10時から午後4時30分まで、ランチ付き。それでも参加費は決して安くない1万円。

ご参加いただいた方から「お金払うセミナーに初めて参加したけど、また今度も行ってみたい。もう無料セミナーに興味はない。」というコメントをいただいたのはとてもうれしかったです。

 

 

 

 

ページごとに見る

資産運用こぼれ話 アメリカ株式会社CEO、ドナルド・トランプ氏

2017年1月17日 21:12

アメリカ株式会社CEO、ドナルド・トランプ氏

1990年代に入り、ソ連が崩壊し、中国の開放改革政策が加速。世界経済は資本主義が支配するようになりました。グローバル化が進展し、新興国が躍進し、そして多国籍企業が成長しました。この20数年間、資本主義が世界経済・社会の隅々にまで浸透しました。そして、いま、その大きな潮流が政治の世界にまで及んできているような気がします。
 
アメリカの新大統領にトランプさんが就任したのはその象徴的出来事でしょう。これからは、良くも悪くも経済的論理が世界の政治を支配する度合いが増えてくることだろうと思います。まさにアメリカ株式会社のCEO、トランプさんなのです。トランプさんがCEOであれば、では株主は誰か。それはアメリカ国民でしょう。アメリカ国民こそアメリカのオーナーなのです。彼らは投票権という「株式」を持っているのです。そして、国が彼らに与えてくれるサービスこそ政府が払ってくれる配当金というわけです。
 
そう考えるとトランプさんの発想からすれば自国優先になるのも当然のことだと思います。アメリカ株式会社にとって他国は顧客、取引先、あるいは、競合企業です。そう考えると国内的にも、国際的にもムダを省いて自国の利益を優先するのも分かる気がします。
 
このような動きは世界各国の政治のあり方も変化していくのではないかと思います。よく評論家の方々が「政治の世界は1足す1が0にも10にもなる」などとおっしゃいます。これまではそうだったのでしょう。しかし、これからは「1足す1が2にしかならない」場面が増えてくるのではないかと思います。
 
必ずしも効率的だったとは思えない公的な部門が経済原理で動くようになればそれは良いことなのだろうと思います。ただ、大株主ばかりが優遇されるような経営がなされるとトランプさんに期待していた個人株主からかなりの抵抗がでることでしょう。また、極端な自国優先主義が結局、天に向かって唾をすることにもなりかねないでしょう。結局、アメリカにとって外国は顧客でもあるからです。そして外国とうまくやっていくことが自国民のためにもなるからです。
 
ケータイがスマホになり、一対一の通話の道具が情報へのアクセスと発信のツールになったことで益々、サイレント・マイノリティがボーカルなマジョリティに変貌しうる環境です。その意味ではかなり大きな不安定材料も抱えているのだろうと思います。
 

ページごとに見る

第136回 I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2017年1月16日 20:06

2017年 1月15日、第136回、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。ゲストは毎年、新春恒例になっている馬渕治好さんの世界の市場経済見通し、私は江戸の経済思想と和風資産運用についてお話をしました。少人数のサロン形式でのセミナーとしては過去最高の20名の方が参加、しかも、大変、熱気にあふれた議論ができました。特に初めてご参加いただけた方が多かったのはとてもうれしかったです。話題はやはりトランプさんの政策がどうなるのかという点もありましたが、トランプ革命が象徴する大きな時代の変化という潮流に関連した話もたくさんみなさんとできました。いつも、勉強と気づきの素材がたくさんいただけます。

16003262_10206724819313957_7152112759579254176_n.jpg16114823_10206724809753718_4251323089052839184_n.jpg16105773_10206724819273956_1995042210125754660_n.jpg15976991_10206724819353958_4525663107121886421_n.jpg

 

 

ページごとに見る

瞑想は資産運用耐久力アップのための強い味方

2017年1月 9日 09:07

 「将来が不安」、「老後が心配」という方は多いことでしょう。
でも将来の自分を支えてくれるのはいまの自分しかいません。

できるだけ若いうちから人生を通じての資産運用を始めることです。

人生を通じての資産運用を始めるのはとても簡単です。
相場観も、銘柄選択能力も、経済予測も要りません。
運用をするのに時間もかかりません。

ただ、とても難しいのはそれを続けることです。
なぜ、難しいのか。それは市場が日々、大きな変動をするからです。
また、経済的にも社会的にも政治的にも短期的にはいろいろなショックや危機が発生するからです。

これらのノイズに超然としてひたすら運用を続けることが大切なのです。

資産運用だけでなく、我々の生活もノイズに囲まれています。
それらのノイズを受けて我々の心にはストレスが溜まっていきます。
体も疲れていますが心も疲れているのです。

この心のコリをほぐしてくれるのが瞑想です。
私は20年余にわたって瞑想を毎日していますが、それは証券市場というストレスの多い環境で仕事をしてきた上でとても有益でした。

瞑想によって日々のノイズに対する抵抗力が増し、ストレスが解消されます。
日常生活だけではなくそれは人生を通じての資産運用にも当てはまります。
つまり、瞑想は資産運用耐久力アップの強い武器なのです。

今年は少し、瞑想と資産運用をテーマに各地で講演をしていきたいと思っています。
人生を通じての資産運用法、大きな変化の時代を迎える現在の世界と投資環境などについてもお話します。

現在、1月28日に東京有楽町で、3月26日に金沢を予定しています。

開催日時:2017年1月28日(土)13:30〜15:30
会場名:マハリシ総合教育研究所 有楽町オフィス(JR有楽町駅徒歩1分)
対象者:どなたでも
参加費:2,000円 
定員:24名
​お申込:https://goo.gl/Xu3pqG

QR Code.gif

お問合せ:kobayashitaku@maharishi.or.jp (小林拓)

20170128_瞑想と投資セミナーちらし.jpg

 

ページごとに見る

歌舞伎を追っかけ大阪へ

2017年1月 7日 11:58

 仁左衛門さんが富樫を演ずるとのことで追っかけて大阪松竹座へ。

20170107_大阪 (12).JPG

その勧進帳、橋之助さんの気合のこもった弁慶、団十郎さんの激しさのなかに静寂さのあった弁慶とは違った気迫いっぱいの弁慶。これからが本当に楽しみです。20170107_大阪 (23).JPG

仁左衛門さんの富樫は実に細かいところまで行き届いた感じで何度も観ている菊五郎さんとは違った良さを感じました。

雁のたよりはとても楽しく観せていただきました。雁治郎さん、すごくはまり役ですね。

祝い幕、よく見ていると「芝」、「はし」、「ふ」、「う」と見えて来るところが面白い。

20170107_大阪 (17).JPG

帰りは、はり重カレーショップで牛カツカレー。大阪まで来てよかった!

20170107_大阪 (28).JPG

ページごとに見る

新年おめでとうございます

2016年12月31日 20:00

 みなさま

新年おめでとうございます。
 
みなさまからの暖かいご支援をいつも感謝しています。
本年も生活者のためのシンプルでかんたんすぎる資産運用を広めていく所存です。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
 
確定拠出年金も本格的拡大期に入ることが期待されます。
「将来の自分はいまの自分が支える」ということに多くの人が気づき行動を取ることを願っています。

2017年賀状.jpg

元旦の深夜、近くの熊野神社に初詣。

DSC09618.JPG

元旦の朝、我が家のベランダから見えたご来光と霊峰富士。

DSC09637.JPG
DSC09632.JPG

ページごとに見る

第135回マンスリー・セミナー 兼 岡本和久 古希感謝祭を開催しました

2016年12月20日 10:29

 12月18日、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。ちょうど私が14日(討入りの日!)に70歳を迎えたので岡本和久古希感謝祭を兼ねさせていただきました。本当はもっとたくさんの方をお呼びし感謝の念を表するべきだったのですが会場の都合もあり今回はマンスリー・セミナーの会員になっていただいている方、インベストライフを長くご支援いただいている方を中心にお招きさせていただきました。本当にもっと、もっと、多くの方に感謝をしています。
私も「70代をどう生きるか」というお話をさせていただきました。以下の資料(画像と動画)をご覧ください。
動画 ⇒ https://youtu.be/Iery9lQMm8E
<こんな生き方がしたい>
Pro-Agingな生き方
 生まれてから死ぬまでが進化のプロセス
 行動力から存在力へ
 少ない行動に大きな想を愛情を込める
お礼・奉公
 人々の笑顔を増やす
 後世の人々のために少しでも良い世の中を残す
しあわせ持ちの死に方
 ありがとう、ありがとう、ありがとう
 しあわせの積立投資
 死ぬときが一番しあわせ
20161218a.JPG
20161218b.JPG
20161218d.jpg


第二部は私のギターの恩師、中島晴美先生をお招きしてミニ・ギター・コンサートでの演奏をしていただきました。私も先生と二重奏をさせていただきました。大緊張でした。私の演奏は「ほろにがい」ものでしたが。
15665518_10207605586446374_8643154059028449609_a.jpg

 そして第三部、懇親会は最年長の新将命様に乾杯の音頭をお願いし、みなさんに交流の場を広げていただきました。みなさんが一言書いてくださった色紙をいただきました。一生の宝物です。

IMG_0326.JPG 
DSC09487-1.jpg 
DSC09498_0002.JPG 

ページごとに見る

ハッピー・マネー®ソングの歌入り、カラオケ・バージョンがDVD発売

2016年12月16日 11:34

 ハッピー・マネー®ソングの歌入り、カラオケ・バージョンがDVDになりました。ピギーちゃんと一緒にご活用ください。お求めは以下で。(2017年1月15日まで10%OFFのウィンター・セールで特価522円です)

https://happymoney.stores.jp/
定価:580円(税・送料込み)

DVDの一部をご覧いただけます。
https://youtu.be/KYTcLA1bHN8
 

ページごとに見る

資産運用こぼれ話 ショートターミズムとゼロ金利

2016年12月13日 11:45

ショートターミズムとゼロ金利 

最近、ショートターミズムという言葉をよく耳にします。「ショートターム」の「イズム」、つまり短期志向主義と言った意味です。例えば企業経営も非常に短期的な結果が優先される。これは特にアメリカでかなり顕著な現象ですが、日本など米国以外でも見られるようになってきています。多くの経営者ができるだけ短期で大きな収益を上げてしっかり報酬をもらって引退したいと考える。また、従業員もできるだけ短期で手柄をたてて多大なボーナスを手にしたい。株主もできるだけ早くできるだけたくさん儲けたいという傾向が強まっているようです。

 グローバル化、情報化の進展などで世の中が油断のならない状態になっている。だから、とにかく身動きを早くしておかないと命取りになるというような恐れをみんなが持っているのかも知れません。同時に現在、ほぼゼロ金利に近い状態が世界的に続いていることもショートターミズムの大きな原因ではないかと私は思っています。

 金利とは時間の価値です。お金を使ってしまいたい欲望を抑え、そのお金を他の人に使ってもらうことで稼ぐことができるのが金利です。言い換えれば金利は「我慢のご褒美」なのです。そのご褒美がとても小さくなっているのが現状です。その結果、多くの人が時間をかけてお金を大きく育てることを止め、「すぐ、たくさん」という方向に走ってしまっている。そんな気がしてならないのです。 

時間をかけて企業の成長を見守る、長期間、企業を投資家として応援する、ひとつの職業を長い時間をかけて極める。将来のためにしっかりと勉強をする、退職後のために資産運用をする。すべて将来、大きな喜びを得るための「がまん」、「いまという時間の投資なのです。そのリターンが小さいということは、生き方にも影響を及ぼします。

時は金なりといいます。これは二つの意味があります。一つは早く行動することこそ、金儲けのカギであるということ、もう一つは長い時間をかけることで大きな収益を得るということです。どちらも真実ですが、もう少し後者のような時間の使い方を考えることが必要ではないかと思います。ショートターミズムは結局、将来の果実を先取りしているのですから。

(この文章は投資手帖 2016.12号への寄稿文に加筆修正したものです)

ページごとに見る

ストック・ボイスに出演させていただきました

2016年12月10日 11:51

 12月9日、ストック・ボイスに出演させていただきました。
番組はYouTubeでご覧いただけます。ピギーちゃんも共演しました。

株式会社トレーデクスの伊藤 明さん、アナウンサーの村田美紀さんと。

15419485_1324966007554103_2061032292_o.jpg

YouTubeはこちら 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ