最新のエントリー

資産運用「気づきのタネ」(60)もっと配当金を注目しよう

2012年1月18日 14:18

もっと配当金を注目しよう


株主は株式の発行企業に対して色々が権利を持っています。例えば、株主総会に出席して議決に参加する権利、万一、会社が解散することになった場合、残った財産を請求する権利などです。そのなかでも一番、直接的に重要なのが利益の一部を配当金としてもらえる権利です。ある意味、株主と株式の発行会社の間の「絆」となっているのが配当なのです。

株式の価値は未来永劫にわたって支払われる配当金の現在価値の合計であるとされます。つまり、今年、来年、再来年、さらに10年先、100年先の配当金それぞれが、現在、どれぐらいの価値を持っているかを計算して、それを合計したものが現在の株価だということです。

もちろん、100年先と言わずとも、5年先でも、10年先でも配当金や、配当金の原資になる利益の予測は非常に難しいものです。また、それは投資家それぞれの判断によって異なります。そこで、ある人は「この株が1000円なら安い」と思い、別の人は「1000円では高い」と判断し、その結果、取引が成立しているのです。

配当金の流列が現在の株価を決める。だから、配当金の原資である利益が重要である。流通市場で毎日、乱高下している株価は、将来の配当金に対する投資家ひとりずつの見通しが変化している結果なのです。企業と株主を結びつける「絆」が配当金です。長期投資のグル、ジェレミー・シーゲル氏はこんなことを言っています。

「経営陣がつねに、あくまで株主の利益のために行動するというなら、配当は重要ではない。だがそうではない大多数の企業では、決定的に重要となる。株主と経営陣との間に信頼関係が築かれ、収益に関する経営陣の発言が裏付けられるからだ。・・(略)・・配当がなくてはならないほど重要なのは、それが信頼の印となるからだ。」

企業が会計操作や不正行為などをしていたとしても一般投資家はなかなかそれを知る術がありません。しかし、株主のための配当を払ってくれるということは一番、確かな事実として株主と企業を結び付けています。

多くの投資家が株価ばかりを注目して配当を忘れがちです。でも、上記のような理由で配当は本当に重要です。さらに、配当を再投資することの効果も見逃せません。景気が悪くなり株価が下がり、配当も減ることは良くあることですが、普通は株価の下落率よりも配当の下落率は小さいのです。その結果、もらった配当金でそのときの株価で再投資をすると積み立て投資と同じような効果を得ることができます。これを続けていれば持ち株の配当利回りを向上していくことが可能です。

前述のシーゲル氏の試算によると、「1871年から2003年にかけて、インフレ調整ベースで、株式の累積リターンの97%は、配当再投資が生み出してきた。値上り益が生み出した部分は3%にすぎない」ということです。配当金はもっと重視されることが市場の活性化にも必要なのではないかと思います。
 

ページごとに見る

2012年1月I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2012年1月16日 14:04

 1月15日、本年最初のI-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。

私はジェレミー・シーゲルの名著、Stock for Long TermとFuture for Investorsの二冊の本の読み解きをしました。二冊合計で730ページの本を80分で解説するのはなかなかチャレンジングでした。しかし、この二冊の本を読むとシーゲル先生の考えかたの変化がわかり非常に興味深かったです。1871年から2003年を見るとインフレ調整ベースでは株式累積リターンの97%がインカムゲインから発生いているというのは私も少なからず驚きでした。

ゲストは経済ジャーナリストの内田裕子さんでした。新興国で成功している日本企業の共通点や、大企業の海外市場戦略など、実際に現地を訪問し企業を取材している内田さんならではの迫力ある講演をいただきました。

20120116a.JPG

そして、お茶(酒)会は色々な議論がでていつもながら非常に楽しかったです。島田知保さん、田村正之さんも参加してくださり話が盛り上がりました。

RIMG0986.JPG

このセミナーの様子が当社の有料動画でご覧いただけます。興味のある方は当社までご連絡ください。
 

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(59)「投資教育家」と「ファイナンシャル・ヒーラー」

2012年1月11日 14:15

ベンジャミン・グレアムの名著、「賢明なる投資家」の序文でウォレン・バフェットが次のように言っています。

生涯を通じての投資で成功するためには、知能指数がずば抜けて高い必要もなければ人並み外れた洞察力を持つことも、内部情報に通じている必要もありません。必要なのは、意思決定のための適切かつ知的なフレームワークと、それを働かせないような力から感情を一定に保つことができる能力です。

私はかねてから自分の天職は「投資教育家」であり、同時で「ファイナンシャル・ヒーラー」であると考えています。

バフェットのいう「 意思決定のための適切かつ知的なフレームワーク 」をそれほど知識も経験も時間もない一般生活者のために提供するのが「投資教育家」としての私の仕事です。投資を始めるためには決して難しい知識や長い経験は要りません。本当に基礎的なことをいくつか知っておけばよいのです。しかし、また、それを知らずに投資をするとひどいことになる恐れがあります。そして、投資の世界は奥が深いものです。少しずつ投資に習熟してきて、興味が湧いてくるのであれば、さらにステップアップしていけばいいのです。

そして、バフェットの言葉にある「感情を一定に保つことができる」ようにするのが、 「ファイナンシャル・ヒーラー」の仕事です。人生を通じての資産運用は孤独な長旅です。途中は晴天の日ばかりではありません。むしろ、その晴天の日は少ないといってもいいでしょう。金融危機、バブル崩壊、自然災害、インフレやデフレ、戦争、その他諸々の色々なことが怒ります。それにマーケットは日々、反応します。特に短期的には極端な動きをすることが多いのです。それが心の中にストレスを生みます。そして、そのストレスから逃れるために長期投資をやめてしまう人も多いのです。そうならないように、「こういうことも時々あるんだ、安心して自分の定めた道を歩み続ければいいんだ」という「癒し」を与える、それがファイナンシャル・ヒーラーとしての私の仕事です。

投資教育とファイナンシャル・ヒーリングは長期投資に不可欠な車の両輪です。微力ながら私の仕事によって、少しでも多くの人々が将来の経済的独立を勝ち取り、金融面の束縛から解放されることを心から願っています。

 

 

ページごとに見る

長期投資は視座を高く持とう

2012年1月 5日 11:18

10年間の長期投資をするのであれば、少なくとも20年は続く大きな潮流に乗っていなければなりません。なぜなら、もし、10年の投資で10年の潮流に賭けて投資をしていたなら、投資期間を終えて資産を売却しようとするときに、潮流が終わってしまっているからです。その場合は当然、その資産の評価は下がってしまっている可能性が高く、せっかく長期間投資をしてきても満足のゆくリターンを得にくいからです。

もし、30歳代の人が30年後の退職資金を形成するために投資をするのであれば、当然、50~60年は続くトレンドに投資をする必要があります。そのような長いトレンドを考えるのであれば、当然、より幅広い視野とより長期の視点が必要です。ちまちまとした毎日起こる出来事はアワのようなものです。アワではなく潮流を見ることが必要です。

個別銘柄はどうなるかわかりません。大成功する企業もあるでしょう。また、立派な企業と思われていても倒産や廃業になってしまう例も枚挙にいとまがありません。国にしても同じです。60年代、日本は奇跡の成長を遂げました。70年代、80年代、日本は光り輝いていました。でも、いまは問題山積で悩み苦しんでいます。永遠の成長産業だと思われた半導体産業もいまはすっかりコモディティ化してしまいました。やはりすばらしい成長を遂げたVTR(ビデオ・テープ・レコーダー)はいまやDVDやブルーレイに取った代わられてしまいました。

それでは何十年も続くトレンドとはいったい何なのでしょう。例えば、地球全体の人口増加は確実に起こるでしょう。その人口増加は現在、貧困に悩む国々で起こります。グローバル化は人類が誕生して以来の長い、長い潮流です。情報化も同様です。これらは地球経済のフラット化をもたらすでしょう。それが貧困地域の人口増加に対する答えでもあるでしょう。しかし、エネルギー問題、水、食料の問題も深刻化するでしょうし、環境問題も大きな課題です。

結局、地球経済全体を買う、そして、目先のことではなく非常に長いメガトレンドに基づいた投資をするというのが答えです。私はそれがグローバルなインデックス投資だと考えています。長期投資には高い視座が必要です。年の始め、高い視座を持って地球の行く末を考え自分の長期投資に反映させるのも面白いと思います。

ページごとに見る

投資教育家!

2012年1月 5日 09:26

 とてもありがたいことに1月4日の日経16面、「金融人」のコラムで私と私の活動を紹介していただきました。

20120104b.JPG

うれしかったのは私を「投資教育家」として紹介していただいたことです。最初、「投資評論家」でいいですかというお話があったのですが、「できれば投資教育家としていただけませんか?」とお願いしたのが採用されたようです。

ベンジャミン・グレアムの名著、「賢明なる投資家」の序文でウォレン・バフェットが次のように言っています。

生涯を通じての投資で成功するためには、知能指数がずば抜けて高い必要もなければ人並み外れた洞察力を持つことも、内部情報に通じている必要もありません。必要なのは、意思決定のための適切かつ知的なフレームワークと、それを働かせないような力から感情を一定に保つことができる能力です。

私はかねてから「ファイナンシャル・ヒーラー」を任じています。

グレアムのいう「 意思決定のための適切かつ知的なフレームワーク 」をそれほど知識も経験も時間もない一般生活者のために提供するのが「投資教育家」としての私の仕事。

そして、「感情を一定に保つことができる」ように、 人生を通じての資産運用の過程で発生する様々なストレスに癒しを与えるのが「ファイナンシャル・ヒーラー」の仕事。

これらは長期投資に不可欠な車の両輪なんだと改めて実感しました。

今年も投資教育とファイナンシャル・ヒーリングを私の天職と心得て一生懸命にやっていきます。
 

 

ページごとに見る

1月4日、やっと初日の出を見ることができた

2012年1月 3日 09:18

ずっと曇りがちでしたが、 1月4日、やっと我が家から初日の出を見ることができました。

写真は私の心のなかの初日の出です。

 

20120104a.JPG

 

ページごとに見る

初詣一万歩、でもカロリー・オーバー

2012年1月 2日 14:21

 大晦日。我が家では恒例の手打ちそばで年越しでした。

20111231.JPG

そして、年を越してから近所の熊野神社にお参りに。これも恒例です。
神社ではお神酒と甘酒がふるまわれています。私はます酒をいただきました。

20120101a.JPG

明けて元旦の朝。

20120101.JPG

おせち料理をいただき、私の氏神様である氷川神社にお参りに。
景気と関係があるのかどうか知りませんが、人出は少な目でした。 

20120101b.JPG

氷川様のある都立大学(八雲)から目黒通りを目黒方面に歩き、碑文谷警察のところを右折。
我が母校、目黒第八中学校へ。校舎の窓が広いのに驚きました。昔はこんなにすばらしくなかった・・・。

20120101c.JPG

碑文谷の「すずめのお宿」の竹藪です。 

20120101d.JPG

そして、サレジオ教会へ。お祈りをさせてもらいました。

20120101e.JPG 

そのままどんどん歩いて都立林試の森公園を通り抜けて目黒不動へ。
ここも毎年、来ています。

20120101f.JPG

ここも少し人出が少なかったです。いつもは長蛇の列のたこ焼き屋さんでジャンボたこ焼きをゲット。 

20120101g.JPG

さらに「和菓子だるま」で草餅とあんこを買って帰宅。

夜は朝のおせち料理と娘作成のおせち。瀬戸物のお重も自分で作ったとか。 

20120101h.JPG

歩数は1万歩強でしたが、摂取したカロリーはそうとうのものでしょうね。

まあ、元旦だからいいか。

 

ページごとに見る

明けましておめでとうございます

2012年1月 2日 11:07

 NewYear2012b001.jpgのサムネール画像

みなさま

明けましておめでとうございます。
おかげさまでI-OWAの活動も7年半目の新春を迎えることができました。

今年も価値ある情報を提供してみなさまの人生を通じての資産運用のお役に立ちたいと思っています。

どうぞ引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

岡本和久 & スタッフ一同

ページごとに見る

国民の質が問われる時代

2011年12月29日 10:05

東洋経済オンラインに寄稿をしました。

世「危機の玉突き」――危機の回避が次の危機を生む

一つの危機が発生するとそれを救済するために次の危機が発生します。
ITバブル ⇒ 世界的信用危機 ⇒ ソブリン危機、まさに危機の玉突きです。そして、いま、玉突き効果が我々の生活を直接影響するようになってきています。情報化により民衆の不満が集合して爆発しやすくなり暴動が各地で頻発しています。

来年はたくさんの重要な選挙が世界中であります。政治家が暴動を恐れ、そして保身のため、ポピュリズムに走るのか、それとも痛みに耐える必要性を国民に訴え、危機の玉突きに抜本的な対策を講じるのか、それが大きな焦点です。

その意味では、リーダーの資質とともに国民の資質も問われています。つまり、危機の本質をしっかりと理解でき、自制心を持って、よりよくなるための忍耐ができるかという「国民の質」に国家の将来がかかっています。その点では、戦後、オイルショック後、そして、今回の震災のときに見せた日本と日本人の底力に期待したいと思います。

http://www.toyokeizai.net/money/investment/detail/AC/364f72badf0dd6d4aeb677884c5fdb49/page/1/

 

ページごとに見る

マルチョイと投資

2011年12月20日 12:08

私は人生を通じての資産運用の方法を啓蒙する活動をしています。しかし、「方法論」はお教えしますが、何を買うべきかということはお話しません。それはそ れぞれの方が考えるべきことだからです。ところが、投資セミナーなどに来られる多くの方が求めるのは、「難しい話はともかく、要するに何を買えばいいので すか?」ということが多いのです。私のセミナーでも口では言わなくても、「きっと本音はそうなんだろうなあ」と思うことがしばしばあります。

今 年、残念なことに逝去された三原淳雄さんからこんな話を聞いたことがあります。三原さんがアメリカに住んでおられたころ、子供さんは現地の中学校に行って いたそうです。そのときの試験問題が「清教徒たちはなぜアメリカに渡ってきたのかその理由を書きなさい」という論文形式のものだったそうです。日本に帰っ てきて学校ででた試験は「清教徒がアメリカに渡ってきたのは何年ですか」というものだったとおっしゃっていました。

いま、日本の試験はマ ルティプルチョイス(マルチョイ)形式のものが多いと聞きます。マルチョイでは、解答の選択肢が三つとか、四つ与えられます。受験者はそのひとつずつを検 討してマルかバツかを考えていきます。そして、最終的に「これが一番、正解の確率が高いだろう」と思うものを選択します。子供の頃からそのようなやり方で 試験を受けてきた人たちは、解答の候補をいくつか与えられ、そのひとつずつに自分なりの判断を加えて最後に正解をひとつ選ぶことに慣れているのです。しか も、かならず唯一の絶対的に正しい答えがあると信じている。そして、それ以外のものはすべて間違いだということになります。

これは投資で はありえないことです。投資では、まず、選択肢は自分のニーズに合わせて考えなければならない。しかも、絶対的な正解はなく、すべて不確実性を内包してい ます。そのリスクをどのようにコントロールするか、バランスを取りながら自分に適した答えを作りだすことが必要なのです。その方法が資産配分であり、分散 投資なのです。確定拠出型(DC)プランのメニューでも、どれが一番上がりそうかという視点から商品を選んでしまう。それが上がったら(あるいは下がって しまったら)次の商品をメニューから選ぶ。ポートフォリオという発想が希薄なのです。

学校での試験形式を変えるのは大切なことですが、私 個人がそのために時間を使うのはムダだと思っています。でも、若い人たちに正しい投資を通じて、マルチョイとは違う世界があるということを啓蒙していくこ とは少しはできると思っています。ある意味、本当の投資教育はそこから始まるのではないでしょうか。

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ