最新のエントリー

東洋経済オンラインに寄稿をしました

2011年8月26日 19:31

「 この円高はグローバル化催促相場――今こそ必要な『てんでんこ』の姿勢」というテーマです。

結構、本音を気合を入れて書きました。ぜひ、お読みください。

東洋経済オンライン

ページごとに見る

8月のI-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2011年8月25日 09:34

 8月21日、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。

私は「人生を通じての資産運用~実践する」というテーマでお話をしました。基本ポートフォリオの紹介、ベンチマークの比較と組み合わせ方、銘柄選択のポイントなどにつき解説をしました。また、私の個人ポートフォリオについてもアセット・アロケーションを紹介。みなさまの参考になればと思っています。

 

20110825a.JPG

ゲストは伊藤宏一さん。今回から「エネルギーシフトと再生可能エネルギー」という新シリーズでの講義が始まりました。今月は「急成長する世界の再生可能エネルギー市場」というテーマでした。世界各国が力を入れている。特にお隣の中国が熱心で日本よりも進んでいる面も多いという点は驚きでした。

そして、質疑応答とお茶会。具体的な資産運用の考え方などにつきたくさんの質問をいただきました。

 

20110825b.JPG

次回は9月18日。私は退職後の資産運用について資産活用期固有の課題につきお話します。また、ゲストは注目のライフネット生命の出口治明さん。保険と危機管理などにつきお話をいただけると思います。

8月のマンスリー・セミナーは動画(有料)でご覧いただけます。興味のある方は当方までご連絡ください。

 

ページごとに見る

NEC匠塾のご案内

2011年8月22日 15:26

 日本フィランソロピー協会様より「NEC匠塾」のご案内がありました。

興味のある方もおられるかと思いご紹介しておきます。

 

-----------------------------------------------------------------
~キャリアと志を社会に活かす~
NEC匠塾 受講者募集 開始
http://www.philanthropy.or.jp/takumi/
-----------------------------------------------------------------

主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会

協賛:NEC

 NEC匠塾」は、定年後の第二の人生で、これまで身に付けたスキルや経験を社会のために役立てたい方のための講座です。
企業退職者やシニア層が、NPONGOのボランティアや、ソーシャルビジネス起業に挑戦する足がかりとし、地域における新たな起業や雇用創出等につなげる一助とします。
なお、インターンシップの期間・日数については相談に応じて調整致します。

講座概要

申込書

 

【申込締切】 2011年8月26日(金)
【お問い合わせ】公益社団法人日本フィランソロピー協会 担当:宮本
TEL 03-5205-7580 FAX 03-5205-7585
E-mail takumi.2011@philanthropy.or.jp

 

 

 

ページごとに見る

あれはブラック・スワンだったのか?

2011年8月20日 14:36

「リーマン・ショック」と言われる世界的な株式暴落が起こったのは2008年9月でした。あのとき、「100年に一度」の暴落とか、「ブラック・スワン」 だとか言われました。ブラック・スワンというのはナシーム・タレブという人が2007年に書いた本のタイトルで、「みんながありえないと思っている非常に 大きなインパクトのある事象が起こる」という意味です。ちょうど、スワン(白鳥)は白いに決まっているという常識に反して、現実には黒いスワン(「黒い白 鳥」というのも変な言葉ですが・・・)が存在するということから名付けられたタイトルです。

リーマン・ショックのような大暴落は過去の統 計で見ても100年か、それ以上に一回、起こるか起こらないという常識に反して、実際にそれが起こるときには起こったのです。それで、「ブラック・スワン だ」と騒がれました。しかし、良く考えると、あの時からわずか3年ほどでそれなりにマーケットは回復しました。そしていま、また、新しい波乱が始まってい ます。今後も波乱を繰り返しつつも長い時間の経過とともに回復し上昇していくでしょう。それは、株式というものに本源的な価値があり、十分に分散された ポートフォリオの価値は長期的には増加していくからです。

ですから、毎月の給料から積立投資をしている「資産形成世代」にはあのショック も今回の相場の下げも買いのチャンスではあってもそれほどのショックではないのです。しかし、高齢の「資産活用世代」の方にはそのダメージは甚大です。取 り戻すだけの十分な時間が残されていないからです。

結局、私は万人に共通する「ブラック・スワン」現象というのは存在しないのだろうと思 います。若い人には、数々の暴落は資産運用の長旅の途中の風景です。彼らには、スワンはやはり白なのです。しかし、高齢の方には大きな暴落は間違いなく深 刻なブラック・スワンなのです。暴落が起こると何でもかんでもブラック・スワンと決めつける傾向がありますが、自分の立ち位置に基づいた冷静な判断が必要 です。

ページごとに見る

華麗なるカレー探訪~インディア@自由が丘

2011年8月18日 08:51

自由が丘で私が好きなカレー屋さんは、サンガワ 、タージマハールインディアなどですが、今日はインディアの紹介です。

学園通りを大井町線の踏切を越えて田園調布の方向に少し行ったところの右側の地下にあります。北でもなく南でもなく、インドの西側のカレーだそうです。

20110818a.JPG

 

ディナーセット、2580円をいただきました。すごいお得なコースだと思います。


BBQ  タンドーリチキン&フィッシュティッカのBBQ
メイン  好きなカレーを1つ選択 (全てのカレーメニューから)
     ナンorガーリックナン選択 (サフランライス付)
ドリンク 1ドリンク選択 (アルコールも含め全てのドリンクメニューから)

ナンとライスの両方がでてくるところがうれしい。

20110818b.JPG

10品目の野菜が入ったカザーナサブジカレー

20110818c.JPG

こちらはスパイシーなチキンマサラ

20110818d.JPG

タンドーリチキン&フィッシュティッカのBBQ

大満足でした。ベジタブル・サモサをおみやげに持ちかえりました。

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(50)短期投資で大切なふたつのこと

2011年8月16日 09:20

 短期投資で大切なふたつのこと


株式市場のなかで短期投資はとても重要です。確かに人生を通じての資産運用を考える場合、基本は長期投資です。しかし、サテライト部分での短期投資は十分にありますし、また、楽しみとして短期投資を余資で行うことは決して否定されるものではありません。

短期投資は基本的に投資対象が株価です。そして、売買をすることによってリターンを得ようとします。一方、長期投資はあくまで投資対象が企業そのものであり、企業を保有することでリターンを得ます。つまり、企業が成長するとともに資産を増殖していくことを目的とします。

短期投資は普通、以下のようなプロセスで行われます。まず、人の知らない情報を得ることである証券の割安性を発見する、そして、それを他の投資家が気付く前に買い、みんなが割安性に注目しだし株価にそれが反映されだしたら売却する。ざっとこんな感じです。この過程で証券は常に新しい情報を反映することとなります。短期投資家は市場に効率性を与えています。これがアクティブ運用の役割です。

しかし、アクティブ運用全体を考えてみると市場が与えてくれるリターンは「市場リターン・マイナス・投資に伴うコスト」です。短期投資家は基本的にアクティブ運用者ですから、彼らもマイナス・サムの世界にいることは間違いありません。

そのなかでプロほど情報を持たない個人投資家が短期投資でうまくいったとしても、それはほとんど「幸運」です。ですから、短期投資でもっとも大切なことは、うまくいってもそれは「自分の運が良かった」と割り切ることです。決して、「俺は天才かも知れない」とか、「俺は遂に常に儲かる方法を発見した」などと思わないこと。「運が良かった」と、過去形であることにも注意してください。つまり、これまでは幸運にもうまくいったが、これからはわからないということを忘れないことです。

そして、次に大切なことは、短期の見通しが外れ株価が下がってしまったとしても、長期で保有しても安心な銘柄を選ぶということです。自分で保有していることが誇れるような企業の株式を買う。本当に良い世の中を創るために仕事をしてくれている企業を持つ。そのような企業こそ長期にわたって成長が可能なのです。そして、このような銘柄であれば短期の見通しが外れても、サテライト銘柄として長期で持つことができます。

大切なことは企業の株主価値が長期的に右肩上がりであることです。株価はその右肩上がりのトレンドに沿って、上に下に乱高下します。しかし、トレンドが右肩上がりであれば、仮に高値づかみをしても、次の高値は前回の高値よりも高い可能性が高いのです。逆に右肩下がりの銘柄だと失敗するとひどい目にあうことになります。

短期投資で大切なことは、まず、うまく行ってもそれは「幸運」であることを忘れない、マーケットはそんな甘いものではないということを忘れないことです。思い上がりは禁物。謙虚な姿勢が大切です。そして、短期投資であっても、長期投資同様にその企業の価値をしっかり見極めるということが大切です。「どうせ短期だから企業価値など関係ない」と思うのは大きな落とし穴です。短期投資をするのであれば、これらふたつを頭の片隅に置いておくのは大切だと思います。

 

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(49)価値のあるものを保有する

2011年8月 8日 14:11

 価値のあるものを保有する


債券を持っていると、債券発行をした企業から事前に約束したキャッシュフローを受け取ることができます。そして、定められた日に元本が返済されます。つまり、債券は将来にわたっておカネを受け取ることができるという価値を持っています。

株式を持っている人は、企業が保有する全資産から借りているおカネをすべて返済した残りをそれぞれの保有比率に応じて保有しています。つまり、株式には企業の純資産の裏づけがあります。そして、企業が生み出す利益の一部を配当金として受け取り、残りは企業に預けておき将来のビジネスに活用してもらいます。一部例外もありますが、基本的に企業が稼いだ税引き後の利益は最終的には株主のものです。ですから、株式にも価値の裏づけがあります。

債券にしても、株式にしても、価格が市場で変動します。なぜ、変動するかというと、その証券の現在から将来にわたる価値に対する評価が人によって異なったり、変動したりするからです。しかし、これはまだ、ファンダメンタルな価値を反映した評価だといえます。なぜなら、その証券の価値そのものが評価の基準になっているからです。

しかし、証券価格が上に行きそうだ、下に行きそうだという思惑で価格はさらに大きく変動をします。投資家の需給関係や、チャートなどのテクニカルな状態をもとに株価や債券価格の先行きを予測し、それで一儲けしようという人たちがでてきます。証券価格は最終的には本来の価値の周辺を動きます。ですから、本来の価値を投資判断の基礎としない人たちは、結局、短期の売買か、あるいは投機をしていることになります。

さらに、証券価格の将来の動きを予測してそれを証券化した証券、つまり、派生証券が取引されるようになります。こうなってくると、影の動きを予測する別の影が誕生することになります。そして、その影の影が市場を大きく動かすこともよくあります。しばしば、犬がシッポを振るのではなく、「シッポが犬を振っている」といわれます。これは価値ある証券の価格が影の影である派生証券に振り回されるという意味です。

証券価格は証券の価値という実体の影です。そして、派生証券は影の影です。そして、影の影の影が生れたり、色々な影の影を組み合わせていかにも魅力がありそうな商品が開発されています。でも、ご用心。所詮、影は影です。安心してのんびりと、ゆったりと資産形成をしようという人は実態価値のあるものだけをしっかりと保有し続けるのが一番いいのです。

ページごとに見る

「日本人のための『和風』資産運用入門」セミナー

2011年8月 7日 21:58

 8月6日、暑い日、しかも、朝の10時30分から当社オフィスで「日本人のための『和風』資産運用入門」というセミナーをさせていただきました。

セゾン投信さんの主催で市本さんが司会をしてくださいました。

最初に中野さんから、石田純一の「さ・し・す・せ・そ」という大変、ためになる話をがありました。中野さん、セゾン投信の成功の秘密を垣間見た感じがしました。

そして、私は「賢い芸人が焼き肉屋を始める理由~投資嫌いのための『和風』資産形成入門」で述べたことを中心に解説。また、本には書かなかった「エドノミックスとエドノミストたち」のお話もしました。

休憩をはさんで1990年ごろから現在までの世界の経済・金融の流れをお話し、今日、世界が抱えている問題の原因について解説をしました。そして、中野さんと私への質疑応答はたくさんの質問をいただきました。

セミナーの概要はご参加いただいたまっき~さんがありがたいことに詳細を書いてくださいましたのでこちらをご覧ください。

セミナー後、近所の亀よしに場所を変えて懇親ランチでした。人気は天丼とうなぎ温玉丼が最後まで争いましたが一票差でうなぎ温玉の勝ち。紅一点だったまっき~さんのみ超お得な「レディーズ・ランチ」を食べていました。

主催をしてくださったセゾン投信、中野さん、市本さん、ありがとうございました!

たまにはこんなアットホームのセミナーも楽しいですね。また、開催したいと思っています。

ページごとに見る

インデックス運用は株式市場の活力を奪うか

2011年8月 5日 10:51

インデックス運用を採用する投資家が増えそれが株式市場の活力を奪っているという議論があります。日経も、企業年金は平均すると日本株の7~8割を東証株 価指数連動のインデックス型で運用していると報じており、「そろそろ『市場全体を買う投資』を見直さないと、日本の株式市場はますます閉塞してしまう」と 述べています(日経2011年7月4日夕刊、電子版の紹介記事より)。本当でしょうか。

インデックス運用は市場全体を買います。インデッ クスの対極にあるアクティブ運用は、市場の一部を買い、市場以上のパフォーマンスを狙います。確かに、年金のような巨額の資金を運用する場合、運用機関を たくさん採用してアクティブ運用をしていても、結局、市場全体を保有するのに近づき、「それなら最初からコストの安いインデックス運用の方がよい」という ことになります。また、個人投資家もなかなか個別銘柄を選択するだけの経験や知識、そして、時間がない人が多いので、それならマーケット全体を持っておこ うという人も多いのだと思います。その結果、インデックス運用に人気が集まっているのでしょう。

インデックス運用をする場合、ファンドマ ネジャーは個別銘柄の価値評価はしません。運用の目的はいかに市場と同じようなパフォーマンスを達成するかにあり、個別銘柄の高いパフォーマンスを狙って いるわけではありません。一方、アクティブ運用はあくまで個別銘柄を分析し、割安銘柄を買い、割高銘柄を売ることで市場よりも高い成果を求めます。つま り、アクティブ運用者が市場の効率性をもたらし、インデックス運用者はその効率性に依存する形で存在しているのです。

市場のなかでイン デックス運用の売買が増えるほど、結果として、割高銘柄や割安銘柄が増えます。つまり、市場の非効率性が増し、アクティブ運用者にとって収益チャンスが増 えるのです。問題は、その収益チャンスを積極的に取ろうというアクティブ運用者があまりいないということなのです。大きなリスクを取るべきアクティブ運用 者が、「負けない運用」ばかりを求めているところに市場の活力のなさがあるのです。何か、全員が横並びでゴールインする小学校の徒競走のような気がしま す。

インデックス運用の市場全体に占める比率が上がったとしても、アクティブ運用者がリスクをとってしっかりとしたアクティブ運用をして いる限り、市場の活力は奪われません。大切なことは、市場全体に占めるインデックスの比率ではなく、毎日の売買に占めるアクティブの比率なのです。仮に市 場の9割がインデックス運用になっても、残りの1割で活発なアクティブ運用が行われていれば、市場の活力の源泉となる価格発見機能が損なわれることはない でしょう。

有識者として著名なウィルシャー・アソシエイツ社のデニス・ティトー氏が以下のような発言をしたのを聞いたことがあります。
「実 際にはありえないことだが、もし、年金資産にアクティブ運用者がまったくいなくなってしまっても、年金以外の分野で市場の効率性を生み出す多くの投資家が 存在するであろう。私の考えでは、取引量の5%くらいが活発に売買されれば大型株の値動きは十分に効率性を保ちうると思う」(拙著、「新時代の投資戦略」 より)
活力を奪っているのはインデックス運用が増えることではなく、ハングリーにリターンを求めるアクティブ運用者が減っていることなのだと思います。

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(48)投機と投資の違いを理解することの大切さ

2011年8月 2日 09:48

投機と投資の違いを理解することの大切さ


視野を長期にするほど、世の中の動きにはトレンドがあることが分かります。特に超長期の潮流は普段、我々はそれほど気づかなくても、力強い流れで世の中を動かしています。

例えば、グローバル化です。グローバル化は決して最近、始まったことではありません。中世の大航海時代だってグローバル化です。また、モンゴルが領土を拡大したのもグローバル化、フェニキア人が貿易をしていたのだってグローバル化です。

ある意味、グローバル化は人類が生れてからずっと続いている潮流です。情報化についても同じことが言えるでしょう。

このような大きな潮流が100年単位の変化を起こし、その変化が10年単位で世界を動かし、それが中期的、短期的な変動を生み出しています。

長期投資家はそのような大きな流れを把握した上で自分の立ち位置を確認し、長期的な流れに沿った投資をします。ですから間違う確率が少ないのです。ただし、その効果が実現するのには長い時間がかかります。

一方、短期投資家は、大きな流れとは関係なく、非常に短期な変動を見て賭けをしようとします。大きな潮流には明確な方向性がありますが、短期の変動はランダムです。つまり、次にどう動くかは予測できないのです。でも、うまく「当たれば」すぐに儲かります。

ランダム性に賭け、一発勝負をするのはまさに投機、長期的な潮流に乗ってその流れのなかで資産を増加していこうとするのが投資です。どちらが良いとか悪いとかいうものではありません。大切なことはこれらは違うものだということです。

投資は自分の将来の生活を支えるために行う、ある意味、ちょっと退屈な、でも、とても大切な作業です。反対に投機はエキサイティングなレジャーです。そして、投機を続けていても将来の経済基盤は造れません。

とても残念なのは「投資」というとほとんどの人が「投機」のことだと思ってしまうことです。これは本当に深刻な問題です。いま、きちんとしたまじめな投資教育が必要なゆえんです。

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ