最新のエントリー

神戸の横尾中学校で出張授業

2016年9月29日 16:24

 神戸市の横尾中学校で出張授業をさせていただきました。体育館に120数名の生徒たちが床に座って私の話を90分、じっくりと聞いてくれました。①私がこれまでの人生で学んできたこと、②ハッピーマネー®四分法、③起業家になろう、④私が大切にしている⒑の言葉という演目(?)でした。

以前、同じく神戸市立の白川台中で講演をさせていただいたのですが、その時、参席されていた中田先生が横尾中に転校になり、日本フィランソロピー協会を通じて私を呼んでいただいたものです。今回は昨年、伊丹での講演でお会いした西岡さんと竹内さんがお手伝いをしてくださいました。

体調の問題もあり、今年は4月以降、首都圏以外の講演はすべてご辞退させていただいていたのですが、少しずつ体調も戻ってきているので今回はチャレンジしました。ただ、日帰りはまだ自信がないので伊丹で前泊し、旧友の伴さんと旧交を温めました。

中田先生からは生徒さんの感想文をメールでいただきました。

「私も「しあわせ持ち」になりたいなと思いました。私は今までお金持ちの人は何だかケチで少しイヤなイメージがありました。でも、今日の話を聞いて、お金持ち=たくさんの人に感謝されている人だと分かりました。私もこれからの生活でお金を使うときやもらうときには感謝の気持ちを持って生活していきたいと思います。
 また、今の生活(勉強をちゃんとすること)が将来につながることが良く分かりました。まだ中学生で先のことはわからないけど、毎日の授業・勉強や一日一善を頑張って「しあわせ持ち」になりたいと思います。」

20160928_29_伊丹・横尾中 (60).JPG20160928_29_伊丹・横尾中 (63a).jpg20160928_29_伊丹・横尾中 (65).JPG

 

 

ページごとに見る

長寿蔵で楽しいひと時

2016年9月28日 16:30

伊丹と言えば清酒白雪。昨年も行ったのですが白雪ブルーワリー・レストランの長寿蔵に伴さん、竹内さん、西岡さんとご一緒しました。白雪麦酒テイスティングセットから始まり、名物の伊丹諸白 淡にごり、サムライロックなどをいただきました。久しぶりにたっぷりとお酒をエンジョイ。楽しい会話が弾みました。
淡にごりはインドのチャイのように1メートルぐらいの高いところから注いでくれます。(動画が横になっていますが・・・)

20160928_29_伊丹・横尾中 (28).JPG20160928_29_伊丹・横尾中 (15).JPG20160928_29_伊丹・横尾中 (20).JPG20160928_29_伊丹・横尾中 (1).jpg

 

ページごとに見る

我が旧友と久しぶりにギターで遊ぶ。また、楽しからずや。

2016年9月28日 16:20

伊丹の旧友を訪問。

大学時代のギター仲間で彼とはデュオを組んでいました。
お互い昔ほどは弾けないけど楽しい。

20160928_29_伊丹・横尾中 (3).JPG20160928_29_伊丹・横尾中 (7).JPG

ページごとに見る

私の好きな広尾・恵比寿のラーメン・シリーズ①

2016年9月26日 16:10

 これから私のオフィスのある広尾・恵比寿地域のラーメン屋さんを紹介していきます。ただし、あくまで私の個人的テイストに基づく選択ですのでみなさまの好みとは違う可能性が大です。その点、お含みおきください。

先日、行った恵比寿の一風堂さん。昔、外人客を連れて行って毎回、好評でした。ただ、ネクタイをスープで汚してしまった人がいて困ったっけ。どんぶりの中が何やらモダンアート風にも見えます。 

DSC08346.JPGDSC08351.JPG

DSC08355.JPGDSC08348.JPGDSC08357.JPG

ページごとに見る

資産運用こぼれ話:プロとアマの違い

2016年9月24日 14:28

投資に関連してメディアなどで専門家が登場して色々な予測をしています。記憶に新しいところでも、「日本の消費税増税は実施されるか」、「英国はEUから離脱するか」、「米国の利上げはどうなる」、「中国経済の先行きは」など、枚挙にいとまがありません。その道の専門の方がコメントをしているので、それは十分、傾聴に値するのだろうと思います。しかし、これらの方々は評論の分野では専門家でも決して、資産運用のプロではないのです。

 
資産運用のプロは人さまの資金をお預かりして、その方の代わりに運用を行い、その成果に対して報酬を受け取る人のことです。その意味では個人投資家であれ、経済評論家であれ決して運用のプロではありません。
 
また、証券会社などの営業マンを投資のプロと思っている人も多いものです。しかし、これも間違いです。彼らは販売のプロであって運用のプロではありません。いわば、証券営業に従事する人は魚屋さん、運用を行う人はお寿司屋さんのようなもの。もちろん、どちらも大切な仕事ではありますが職種はまったく違うということも良く知っておく必要があります。
 
かつてアメリカで仕事をしていた時、親しくしていたファンドマネジャーが語ってくれた言葉が記憶に残っています。それはこんな言葉でした。
 
「私は予期せぬ出来事に対するポートフォリオのパフォーマンス防衛策を常に講じている。私の相場シナリオが外れたときに大幅高をし、当たった時にもそこそこの動きをしそうな銘柄をファンドの一部に組み入れる努力をしている。つまり、間違った場合のダウンサイド・リスクを限定するように心がけているのだ」
 
つまり自分の考えに絶対の自信を持って運用するのは危険である。常に自分が間違った場合のことを想定して運用をするということなのです。そこに本当のプロとしての謙虚さと顧客資産を守るという責任感の強さを感じたものです。言い換えれば相場の怖さを熟知し、自分が間違える可能性を常に前提にしてこそ初めて一人前のプロといえるのでしょう。そこに運用者としてのプロとアマの大きな違いがあるように思います。(投資手帖2016年10月号への寄稿文に加筆修正しました)
 
 

ページごとに見る

I-OWAマンスリー・セミナー(第132回)

2016年9月19日 15:42

2005年10月に第一回を開催して以来、 I-OWAマンスリー・セミナーも今回で11年目を完了、132回目を迎えました。一回の休みもなく続けてこれたのもみなさまのおかげです。深く感謝いたします。

私は「波乱相場を黄金のシナリオに変える資産運用法 第四回」ということで「運用耐久力の鍛え方」というお話をしました。なぜ、投資で間違えるのか、また、なぜ、続けることが難しいのか。そして、耐久力を強化するために身につける知識とは、というようなお話です。耐久力強化のための四カ条は①合理的な運用の基本を学ぶ、②人生を視野に入れる、③単純で簡単な方法を実践する、④心地よい運用をするです。

DSC08392.JPG

ゲストは尾藤峰男さん。3年連続でバークシャー・ハサウェイの株主総会に出席されています。今回はバフェットさんの人となり、投資哲学、人間としての魅力、バフェットから学ぶことなどを写真を交えつつたっぷりお話いただきました。

DSC08413.JPG

DSC08424.JPG

フリーディスカッションでは参加者のみなさまからもたくさんのご意見がでて幅広い内容の議論ができました。とても深い内容の議論ができうれしく思いました。

DSC08432-1.jpg

ページごとに見る

松本楼と本多静六生誕150年展

2016年9月 9日 13:17

 日比谷公園内の松本楼でランチ。洋食プレート(カニクリームコロッケ)、オムレツライス・二色ソース、そして氷!公園いっぱいの緑が心地よかったです。

DSC08308.JPG

DSC08304.JPG DSC08312.JPG

DSC08317.JPG

日比谷公園の緑と水の市民カレッジで「本多静六 生誕150年展」が開催されていました。時空を超えた広い意識を持った本多静六さんのような人たちのおかげで今日の我々が良い生活をできるのだなあと改めて感じました。私の財産告白 (実業之日本社文庫) は必読書ですね。

DSC08314_0000.JPG 

DSC08320_0000.JPG

DSC08321_0000.JPG

DSC08322_0000.JPG

 

 

 

 

 

ページごとに見る

4歳から9歳のためのハッピー・マネー®教室

2016年9月 5日 13:08

 8月21日に開催したI-OWAマンスリー・セミナー「大人と子供のためのマネー教室」から「ハッピー・マネー®四分法」の部分をご紹介します。(10分弱です)

チビさんの年代が4歳~9歳と小さかったので「つかう」、「ためる」を中心にお話しました。

YouTube 

ページごとに見る

市川門之助丈とのお食事会

2016年9月 4日 13:11

 昨日(9/03)は歌舞伎の市川門之助丈のお食事会に参加。三笠会館の美味しい食事をいただき、楽しいお話を伺いました。質問コーナーでは、「歌舞伎は常に新しいことに挑戦しているし、いまも大胆な試みがたくさんなされている。でも、一方で伝統を守るということも重要です。これが崩れたら歌舞伎が歌舞伎でなくなってしまうという要素は何でしょうか」と質問させていただきました。門之助さんの答えは「男が演じるということと、常に変化をしていくということだ」とのことでした。つまり、変化をしていくことこそ歌舞伎であるというお答え。非常に興味深いお答えでした。NO KABUKI NO LIFEというTシャツもゲット。左の袖口にMONNOSUKEとあります。楽しいひと時でした。

DSC08272.JPG

DSC08278_1.JPG 

ページごとに見る

「大人と子供のためのマネー教室」にご参加された方からの感想を紹介します

2016年8月27日 15:38

 2016.8.21 「大人と子供のためのマネー教室」 アンケート集計

普段 自分が話していることを息子は理解しているか、意図が子供に伝わっているかは、まだまだ難しいかもと感じています。お金を通して、世界を感じて欲しいです。今日はありがとうございました。息子の新たな一面を見ることができました。

“マネー教育”に興味があり受講させて頂きました。
「子供だからわからないだろうと考えるのは間違い」― 潜在的にある大人の傲慢な部分に気付く所から始まった講座はあっという間でした。重要なことを易しい言葉でお伝え頂くことにより、子供達が伸び伸び吸収し積極的に取り組んでいる姿に驚きました。

途中で歌うハッピーマネーの歌も楽しく盛り上がり、大人と子供がひとつになった一体感が素敵でした。中・高生対象の内容も気になります。金銭教育の哲学性を是非伺いたいと思いました。ありがとうございました。

お金に、関して正面から考える機会となりました。Happy money は素敵な言葉ですね。
子供達と接する機会もなかったのでとても新鮮でした。また、声を出した歌うことも良かったです!

こどもも夏休みにお金について考える良い機会をなりました。
今後おこづかいやお年玉をもらった時に今日学んだ事を生かしていって欲しいと思います。

子どもの1人がねてしまいましたが。。。大変ためになる話をきかせていただきました。

とても為になる教室をありがとうございました。是非また参加したいです。

子供と一緒だとゆっくり話しが集中できなかったです。

“起業家になろう”のセミナー興味あります。
今日のセミナーには、我が子はお金 = はたらいてもらう のつながりがよく分かったようです。

楽しく稼ぐ、楽して稼ぐではなく、根幹はそこなんだな~と思いました。これからも、事業及び投資で価値有る勝ちを積み重ねて日進月走でひた走ってみます。ありがとうございます。

お金に対する考え方が、更にポジティブになりました。「お金は感謝のしるし」たくさんの方を笑顔にしたい。そしてピギーちゃん使って、有効活用して参りたいと思います。働く心構えが変わりました。有難うございました。

今後、ビジネスを進めていくにあたり、世の中に貢献していく意識をより強く持ちたいと思いました。また、お金に対してのイメージがハッピーに変わりました。ありがとうございました。

子供達の欲しいものから、商品+企業の持つ求心力を感じられて勉強になった。また、最良の教育についても感銘を受けた。

自分の幸せを願うとき、世の中、皆のことを考えることが近道で、投資にはそのチカラがあることを伝える立場として、とても良いお話を聞けました。貴重なお時間をありがとうございました。

ありがとうございました。お金の使い方(つかう、ためる、ふやす、ゆずる)
つかう・・・今
ためる・・・ちょっと先
ふやす・・・ずいぶん先
ゆずる・・・他の人のため
自分のため(つかう、ためる、ふやす)時間軸の説明があると分かりやすいと思います。(子供向けにも)
今だけ、自分だけ、の世界から将来、世の中へと世界が広がるということ。その通りだと思いました。

“お金は感謝のしるし”という今回のお話は、これにつきるなと思いました。当たり前のようで今まで全然気が付かなかったので、ハッと気がつかされました。息子とお金の話をディスカッションする時に、このまほうの言葉を一緒に話し合いたいなと思います。ピギーちゃんの貯金箱を購入したので、息子がどういう使い方をするのかが楽しみです。先生、大変わかりやすいご講演をありがとうございました。

子供がたのしくすごせたことが何よりも参加してよかったと思える理由です。大人もたのしくすごせました!! 歌は少し恥ずかしかった…かな、です。ありがとうございました。

今日参加した子どもは低年齢だったので、1時間ぐらいたつと飽きが見えてきた。そのタイミングで歌をうたうということがあったので、構成がうまくできていると思いました。また、小さな子が自ら手をあげて意見を発表するということに驚きを覚えました。
 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ