最新のエントリー

資産運用こぼれ話:ESG情報がもたらす効果

2018年2月22日 19:52

ESGという言葉が投資の世界で広まりつつあります。EEnvironment (環境)、SSocial(社会)、GGovernance(統治)の頭文字です。気候変動、奴隷的強制労働、格差拡大、過大すぎる役員報酬など、社会が抱える問題一般を示します。

ESG投資というのは主として機関投資家がこれらの問題を配慮して銘柄選択をしようということです。さらに問題のある企業に株主として働きかけることで世の中の諸問題の解決に資することを目的としています。こうして企業は世の中を良くしていくことを強く求められていることになります。

 これは個別銘柄を選択して投資をするアクティブ運用だけでなく、インデクス運用などにも当てはまります。ESGに関連する問題を解決していくことで世の中全体の質を向上し、成長性を高めることでトータルのリターンを向上していこうというのです。事実、インデックス・ファンドの雄、米国バンガード社でも専従アナリストをすでに20名程度採用しているという話を創業者のボーグルさんの講演で伺いました。

 さらにこれはサプライチェーンにまで及びます。サプライチェーンの企業がこれらの問題にどう取り組んでいるかというところまでが責任の対象なのです。食品会社が海外のサプライチェーンで不適正な原材料を使用していたとすると、「当社は被害者だ」とは言っていられないのです。そのような企業を使っている責任が問われるのです。

 

重要なことは、これらの問題に関係のある企業がどのようなかかわり合いを持ち、どのような対策を講じているかなどのディスクロージャー基準も制定する試みが続いており、これにより財務情報だけでなくESG情報も統一された基準が定まっていくことでしょう。日本でもGPIFを始め、前向きの努力が続けられているのは良いことです。

私はESGの持つ本当のインパクトは機関投資家の投資行動にとどまらないだろうと思っています。つまり、社会の抱える問題に企業がどのようなかかわりを持っているかが生活者全体に大きな影響を与えるだろうと思うのです。

 生活者は消費者、従業員、そして、資本の出し手として三つの側面で企業とかかわっています。ESG情報がわかりやすくディスクローズされるようになれば、消費者は消費行動にそれを反映させるでしょう。製品やサービスが提供されるまでにどのような問題が発生しているかも「見える化」されるのです。

従業員も同じです。これらの情報が従業員の目に触れるようになれば、会社の方針がより良い方向に向かうように声をあげる人が増えることでしょう。また、就職先の判断も影響されるだろうと思います。ESG情報は機関投資家が投資のリターンを高めるためだけの投資戦略ではありません。生活者一人ひとりが自分の望む社会を、企業を通じて創るための鍵になる情報としての価値があるのです。

(この文章は投資手帖 2018年03月号に寄稿したものを加筆修正したものです)

 

ページごとに見る

I-OWAマンスリー・セミナー(第149回)が開催されました

2018年2月19日 19:06

 2月18日、I-OWAマンスリー・セミナー(第149回)が開催されました。

寒い中、またも満員御礼でお出でいただいた皆様に感謝します。

私はESG情報が機関投資家の企業への働きかけという範囲を超えて、消費者、従業員などに大きな影響を与え世の中を良い方に変えていく要因になるのではないかというお話をしました。

スライド1ab.JPGDSC04987.JPG

ゲストは井戸美枝さん。マンスリー・セミナーのメンバー、大江英樹さんが合いの手を入れてとても楽しく、また、勉強になるお話でした。

Ido Material Cover.JPG

DSC05005.JPG

DSC05009.JPG

フリー・ディスカッション、懇親会も気になるテーマだけにみなさん、体験談も含め多いに盛り上がりました。貴重なお話をいただいた井戸さん、絶妙のお囃子役を演じてくださった大江さんに大感謝です。

DSC05036.JPG

ページごとに見る

Stock Trading Game? 投資ってゲームなんですか?

2018年2月 5日 13:32

 東京証券取引所のギャラリー う~~~ん。Stock Trading Game? 投資ってゲームなんですか?

市場には投機家も短期投資家もいますし、彼らは流動性の提供者として重要な存在であることは間違いありません。ただ、私が抵抗感を感じるのは取引所が子供向けに「投資って面白いゲームだよ」という教え方をすることにあります。まず、証券市場が企業にとって長期安定資金の調達の場であり、投資家にとっては長期的に資産を形成する機会を与えてくれる場であることを教えてほしいのです。

DSC04818a.jpgDSC04819_0000.JPG

ページごとに見る

30年持っている便利グッズ

2018年2月 5日 13:26

 東京は昨夜から小雪。今朝は30年以上前にニューヨークで買った靴のゴムカバーを付けて外出。この便利なもの、日本で見かけないですね。27459997_10209240672008702_7579747140929837457_n.jpg27544982_10209240671968701_1470286008960110790_n.jpg

 

ページごとに見る

とても良い洋食店を発見!ふるはし@広尾

2018年2月 2日 13:28

広尾にまた名店を発見。前から気になっていたふるはしさん。ランチ時にはいつも満員で行列も。ついに行ってみました。ちょっとレトロな雰囲気の洋食屋さんで、創業50年、現在は二代目が活躍していますが、おじいちゃん、おばあちゃんも軽いフットワークで厨房に立っています。お店のみなさんが本当に感じが良くってうれしくなります。まさにアットホーム。小雪だった昨日も、「寒い中、お出でいただいて本当にありがとうございます」って一人ひとりにあいさつ。味も量も申し分なし。写真はチキンライスとハンバーグ、目玉焼きセットとドライカレーとクリームコロッケのセット。お店は奥もあって見た目よりはずっと広いです。

 27459254_10209244132575214_614873507402993620_n.jpg27459132_10209244132615215_3349290529160288131_n.jpg27545378_10209244133415235_5189429074256353422_n.jpg

ページごとに見る

寒い!自由が丘LaVitaもカチカチに凍っています。

2018年1月26日 13:23

 22050367_10209188066893607_259682643562391616_n.jpg

ページごとに見る

資産運用こぼれ話:ビットコイン・フィーバーに思う

2018年1月25日 13:15

相変わらずビットコイン・フィーバーとその後の暴落が話題になっています。ビットコインが、過剰流動性を背景にした単なるあだ花なのか、それとも未来を暗示するものなのかという議論も活発にされました。

有価証券には価値があります。債券には約束されたキャッシュフローをもらえるという価値があります。株式は会社の株主資本を保有し、株主資本が生み出す利益を得ることができます。しかし、為替にはそのような価値はありません。単なる通貨間の交換価値があるだけです。

ですから、私はドルであろうと、ユーロであろうと、ビットコインであろうと為替は人生を通じての資産運用には不向きだと思っています。価値の裏付けがないので価格の基準となるものがないのです。要はいくらになっても不思議はない。需給次第ということです。外貨のエクスポージャーは外国株式をヘッジなしで買えばよいのです。

話をビットコインに戻します。私は、仮想通貨は今後、紆余曲折を経て本格的に普及していくだろうと思っています。それがビットコインなのかどうかはわかりません。しかし、民間が発行主体になったデジタル・データ形態の仮想通貨は一段と浸透していくことだろうと思います。

その理由は単純です。グローバル化した世界で便利だからです。グローバル化は人類の変わらない歴史です。もちろんその過程で作用と反作用があるのは当然です。現在はこれまでの急速なグローバル化に対する反作用の時期なのかも知れません。しかし、メガトレンドはやはりグローバル化です。

金融取引はもちろん、貿易の決済も、個人の海外旅行もマネーの世界はグローバル化しています。そのような環境ではグローバルな通貨の方が使いやすく便利です。しかも、無駄なコストを削減するという大きな意味もあります。国家や金融機関など仲介者も少なく、送金も簡単で、民間同士で決済が進むところに大きな意味があるのです。

従来の法定通貨は中銀や国家が主体となって発行されてきました。その裏付けは、国家の信用です。リーマンショック以降、中央銀行が大量の資金を市中に供給しました。通貨の発行量が増えるほど通貨の裏付けとなる国家の信用は希薄化していきます。

今後、仮想通貨のデータ改ざん技術などもさらに改善され信頼度も高まっていくでしょう。世界的に国家の信用をベースにした通貨発行が信用希薄化の壁にぶつかりつつある一方、技術の進化で民間同士の信用に基づく仮想通貨がその利便性ゆえに広まり始めているのではないかと感じます。もしかしたら仮想通貨とこれまでの通貨が併用される時期もあるかもしれません。

ビットコインがいまのままそのような仮想通貨になるのかはわかりません。しかし、インターネットが普及したように利便性の高いものがグローバルに広まり改良が重ねられ普及していくことになるのではないでしょうか。

(この原稿は投資資手帖2018.02号に寄稿したものに加筆修正したものです) 

ページごとに見る

東証で「証券市場の歴史展」を見てきました

2018年1月24日 13:17

 昨日(1/23)、東京証券取引所で25日まで開催されている「証券市場の歴史展」を見てきました。講演は石井里枝先生(國學院大學経済学部准教授)による渋沢栄一についての話でした。そしてじっくり1時間半にわたって展示物の紹介を東京証券取引所金融リテラシーサポート部の千田康匡さんの名調子で伺いしました。本で学んでいた歴史的資料の実物を目にすることができとても勉強になりました。26904389_10209182102544502_8507062343173858160_n.jpg27066832_10209182107144617_4545810131360955327_n.jpg26904816_10209182106944612_8580613740198523009_n.jpg26904571_10209182106904611_6402010350842069356_n.jpg26907316_10209182107504626_1546673933309484549_n.jpg26991745_10209182110544702_4659815644632523648_n.jpg

 

ページごとに見る

第148回、I-OWAマンスリ―・セミナーが1月21日に開催されました

2018年1月22日 15:57

 第148回I-OWAマンスリー・セミナーが1月21日に開催されました。今月も満員御礼!

私は「高齢者のための100年投資のススメ」というお話。高齢だからもう長期投資は無理と考えるのではなく、命が終わったあとも、我々に代わって良い世の中を創ってくれる会社に投資をしましょうというお話です。そのためには需要が絶えることのない産業で、資金、技術、人・組織、文化という四つの面で強みが必要だと思います。最後にみなさんに100年投資をしたい企業名を書いていただき互選で投票をしました。
DSC04651t.jpg

 

ゲストは馬渕治好さん。毎年1月恒例の「今年の経済・金融市場を占う」というお話。馬渕さんが隠し持っている水晶玉に浮かんできた今年の見通しを語っていただきました。ジョーク満載の馬渕節に酔いしれました(?)。DSC04674t.jpgDSC04684t.jpg

座談会・懇親会も大盛り上がり。特にAIがもたらす世の中へのインパクトについて議論百出。20名までの小さいセミナーなので自由に発言し議論を交わせるのが楽しいです。このセミナー、主催している私にも本当に勉強になることが多いのです。
DSC04727ms.jpg

 

ページごとに見る

資産運用こぼれ話:ビットコイン・フィーバーに思う

2018年1月17日 19:41

相変わらずビットコイン・フィーバーとその後の暴落が話題になっています。ビットコインが、過剰流動性を背景にした単なるあだ花なのか、それとも未来を暗示するものなのかという議論も活発にされました。

有価証券には価値があります。債券には約束されたキャッシュフローをもらえるという価値があります。株式は会社の株主資本を保有し、株主資本が生み出す利益を得ることができます。しかし、為替にはそのような価値はありません。単なる通貨間の交換価値があるだけです。

ですから、私はドルであろうと、ユーロであろうと、ビットコインであろうと為替は人生を通じての資産運用には不向きだと思っています。価値の裏付けがないので価格の基準となるものがないのです。要はいくらになっても不思議はない。需給次第ということです。外貨のエクスポージャーは外国株式をヘッジなしで買えばよいのです。

話をビットコインに戻します。私は、仮想通貨は今後、紆余曲折を経て本格的に普及していくだろうと思っています。それがビットコインなのかどうかはわかりません。しかし、民間が発行主体になったデジタル・データ形態の仮想通貨は一段と浸透していくことだろうと思います。

その理由は単純です。グローバル化した世界で便利だからです。グローバル化は人類の変わらない歴史です。もちろんその過程で作用と反作用があるのは当然です。現在はこれまでの急速なグローバル化に対する反作用の時期なのかも知れません。しかし、メガトレンドはやはりグローバル化です。

金融取引はもちろん、貿易の決済も、個人の海外旅行もマネーの世界はグローバル化しています。そのような環境ではグローバルな通貨の方が使いやすく便利です。しかも、無駄なコストを削減するという大きな意味もあります。国家や金融機関など仲介者も少なく、送金も簡単で、民間同士で決済が進むところに大きな意味があるのです。 

従来の法定通貨は中銀や国家が主体となって発行されてきました。その裏付けは、国家の信用です。リーマンショック以降、中央銀行が大量の資金を市中に供給しました。通貨の発行量が増えるほど通貨の裏付けとなる国家の信用は希薄化していきます。 

今後、仮想通貨のデータ改ざん技術などもさらに改善され信頼度も高まっていくでしょう。世界的に国家の信用をベースにした通貨発行が信用希薄化の壁にぶつかりつつある一方、技術の進化で民間同士の信用に基づく仮想通貨がその利便性ゆえに広まり始めているのではないかと感じます。もしかしたら仮想通貨とこれまでの通貨が併用される時期もあるかもしれません。 

ビットコインがいまのままそのような仮想通貨になるのかはわかりません。しかし、インターネットが普及したように利便性の高いものがグローバルに広まり改良が重ねられ普及していくことになるのではないでしょうか。

 の原稿は投資資手帖2018.02号に寄稿したものに加筆修正したものです) 

 

 

 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ