最新のエントリー

為替と株式市場について考える

2010年9月20日 13:08

● 先週は政府、日銀の介入もあり為替市場が神経質な動きをしています。確かに円高が急速に進むと日本の産業・企業や経済そのものにも大きなインパクトがあります。特に、投機筋が実体経済と関係なく極端な動きを引き起こすのは考え物です。

●  一般に円高は株式市場にはマイナス要因であると考えられます。確かに海外で売り上げが大きい企業は収入が目減りしますから、収益見通しの下方修正に追い込まれることもあるでしょう。また、輸入品の価格が低下するのでデフレ圧力がさらに強まる可能性もあります。これらの要因から円高=株安という公式ができあがっているのです。

● 日本のマーケットが90年代以降、低迷を続けている一番の原因はグローバル化の遅れだと私は考えています。新興国市場への参入のみならず、日本国内の組織、体制などがグローバルにそぐわなくなっています。それは、政府、企業、個人のすべてのレベルで言えることです。

● ある意味、円高はこの遅れを一挙に取り返す機会を与えてくれます。企業もグローバルな体制整備が必要とされるなかで海外の優良企業を買収し、グローバルな企業グループを再編したり、日本にない希少金属などを確保したりすることもできます。

●  要するに円高は短期的にはマイナスの面もありますが、長期的にはたくさんのプラスがあるのです。短期投資家は目先のインパクトを重視して、円高をマイナスと捉えます。長期投資家は長期のプラス面を評価して短期投資家が売るものを買っていればいのです。その意味では、今は長期投資家の信念が問われているときだと言えます。

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(10)

2010年9月18日 14:10

株式投資は馬券を買うのとは違う、馬主になることなのだ


投機と投資はどう違うか、私は次のように考えています。

投機は、結果に法則性がないことを対象に資金を投ずる
投機は、結果をコントロールすることができない

投資は、結果にある程度の法則性があることに資金を投ずる
投資は、結果をある程度、コントロールすることができる

最も典型的な投機はコインの裏表を当てたり、サイコロの目をあてることです。パチンコも投機的ですが、人によっては、台を選ぶなど、少し分析的な要素も交じってきます。競馬は、(私はあまり知りませんが)馬の調子や、馬場の状態など、さらに分析的な部分が増えるようです。

株式投資は「ある程度」、結果に法則性があり、その結果をコントロールする術もあります。この「ある程度」というところがミソで、完全にはできない。この「できない」という部分をリスクというのです。

よく「株式投資なんて競馬みたいなものだよ」という人もいます。そういう人は株式=馬券と考え、馬券がパアになると同じように株式もパアになると考えています。でも、本当は違います。株式を持つということは企業のオーナーになることです。つまり、競馬で言えば馬主になることに近いのです。

馬券を買うのは1レースごとの非常に短期の取引です。馬主になるのは、その馬との長いお付き合いです。

良い馬の馬主になれば馬が賞金を稼いでくれる。良い企業の株主になれば、企業がリターンを稼いでくれる。この点を考えれば、株式投資と馬券を買うのは全然違うことがわかると思います。株価を対象として、それを売買して短期で儲けようとするのは投機です。企業を長期間、保有して、企業の成長とともに自分の資産を増殖しようとするのが本当の投資です。

ページごとに見る

日本株復活のための条件とは

2010年9月17日 19:41

マネックスラウンジに「日本株復活のための条件とは」というタイトルで寄稿をさせていただきました。

    マネックスラウンジ2010年9月17日 お金の相談室

円高は短期的には企業業績の下方修正を招いたり、デフレ圧力を増すというようなマイナス面がありますが、長期的には、日本がグローバル化していく上で非常に有力な武器になります。

短期投資家は短期のマイナス面に注目しますが、長期投資家は長期のプラス面を見ていればいいのではないでしょうか。

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(9)

2010年9月14日 08:10

意識の時空を広げることこそ投資成功の秘訣


私は2005年、起業を前に「瞑想でつかむ投資の成功法」という本を書きました。意識の表面はいつも荒波です。色々な刺激に対して、さまざまな感情が沸き起こり、ストレスが発生します。瞑想で心を静めていくと、表面の意識から、心のなかの奥深いところへ意識が移動して行きます。自分が小さな今に縛られたものではなく、とても長い時間の流れのなかの、そして、宇宙全体に広がるご縁のネットワークのなかの存在であることを、少しではあっても感じることができます。

投資も同じです。毎日の株価、基準価格や金利、為替の変動は表面の荒波のようなものです。でも、心を静めてマーケットを見れば、表面の荒波の背後にある大きな長期の潮流があることに気付きます。

意識の時空を広げてマーケットを見ることが投資成功の秘訣です。長い時間軸で見る。そして、空間、つまり、個別銘柄ではなく、日本だけではなく、世界中の投資対象を全体としてとらえる。これを具体化したものが、グローバルなインデックス投信の長期保有なのです。

ページごとに見る

二日目は長崎観光

2010年9月13日 20:26

9時半ごろホテルをでてまずはグラバー邸へ。先日、テレビでグラバーのことをやっていたので、何となくなじみがありました。しかし、本当に一等地に建てられたのですね。

20100912a.JPG

それから大浦天主堂へ。キリシタン発見の逸話などの話を聞きましたが感動しますね。驚きました。

そして、清風堂さんでカステラを購入。長崎で作っていて、長崎でだけ売られているカステラは清風堂さんのものだけだそうです。外に出ようとしたら突如、バケツをひっくり返したような大雨。清風堂さんのなかで店長さんと話をしていました。非常に立派な考えを持った若い店長さんです。きっとこの店は繁盛するだろうと思いました。

雨の中を意を決して四海楼へ。ちゃんぽん発祥のお店だそうです。非常に大きな店内にお客が一杯で大繁盛。ビールとちゃんぽん、皿うどんをいただきました。ちゃんぽんは昨夜の江山楼さんとはちょっと違った味わいでした。比較するとさっぱり目でおいしかったです。ただ、皿うどんはかなりラードが強い感じでちょっと私には重かったです。若者向きでしょう。

20100912b.JPG

20100912c.JPG

   あこがれのちゃんぽんとの出会いに満足

食事が終わると雨もあがっていました。出島へ。東インド会社のころからの西洋との交流が感じられ実に勉強になりました。江戸時代、各地からかなりの数の留学生(?)が出島にきていたとか。短期留学という感じだったのでしょうか。でも、きっと、本当に海外に行ってみたいなあと思った人も多かったろうと思います。

そして、長崎歴史文化博物館へ。ここでも海外と日本の交流のカナメであった長崎のことが良くわかりました。

短い長崎観光でしたが、すっかり長崎が好きになりました。妻ともまた来年も来たいねと言っています。

20100912e.JPG

  龍馬さんと記念撮影

ページごとに見る

長崎でDIY資産運用教室を開催しました

2010年9月12日 20:03

初めて長崎におじゃまして、DIY資産運用教室「長期でのんびり資産形成」を開催させていただきました。場所は市立図書館。すばらしい施設でした。

少人数での勉強会でしたのでたくさん質問もいただきうれしかったです。みなさん、非常に真剣。将来のために何かしなければならないと思いつつ、どうしていいかわからないというお悩みがひしひしと感じられます。

20100911a.JPG

少しでもお役に立てたなら幸せです。アレンジをしてくださった森さん、ありがとうございました。

勉強の後は食欲。森さんの案内で中華街の江山楼へ。ちゃんぽんと東坡肉、そして生ビール。3時間話続けた後のビールは格別。ちゃんぽんも東坡肉もさすが本場でした。

20100911b.JPG

     野菜の味が良く出たおいしいスープでした。

20100911c.JPG

     しっかりとしたボリューム感のある麺でした。

20100911e.JPG

  勉強会をアレンジしてくれた森さんと

ホテルに戻る前にまちなか龍馬館へ。龍馬ゆかりの場所がコンパクトに紹介されています。

長崎という町が本当に江戸の終わりまで世界への窓口だったんだなということが、色々なところで実感できます。当時の人々にとって長崎にくるということが、いまの我々でいえば海外旅行へ行くのと同じような意味を持っていたのだろうなあと感じられます。
 

ページごとに見る

ミルク・ワンタン

2010年9月10日 08:28

JR山手線の有楽町と東京の間のガード下はかなり再開発が進んでいます。

80年代の中ごろから時々、行っていたミルク・ワンタンのお店、鳥藤に随分、久しぶりに行きました。ミルク・ワンタンというと「え~」という方も多いのですが、これがとってもおいしいのです。

再開発で消えてしまったのでは?と少し不安を感じながら行ってみると、ありました、ありました!お店に入ると「久しぶり!」などと声をかけてくれました。本当に覚えているのかどうかはわかりませんが、やっぱり、うれしい。

20100909a.JPG
                                  (生き残っている鳥藤)

決してきれいとは言えないお店も昔と同じ。オヤジ2人も昔のまま。そして、食べ物も同じです。

まず、お茶とタクアンと梅干がでます。それからスープ、そしてチャーハン、最後に真打のミルク・ラーメンが登場します。

20100909b.JPG

満腹して、お勘定。「800万両!」(800円)という掛け声も同じ。

再開発もいいけど、ピカピカではない味わいのある、このようなお店にもがんばってもらいたいですね。

ページごとに見る

フカヒレ・ランチ勉強会開催しました

2010年9月 9日 08:14

9月8日、広尾の筑紫楼広尾店で「フカヒレ・ランチを楽しみながらおカネ・投資のお悩み解決会」という勉強会を開催しました。

このお店はフカヒレで有名ですが、この日はランチ・メニューに豆乳冷坦々麺付の点心コースもありました。私はこちらを注文。でも、みなさんはほとんどフカヒレ・ランチでした。

お友達同士で誘い合ってお出でになっている方も多く、なごやかな雰囲気で、丸テーブルを囲んで、ランチを楽しみながら勉強会ができました。比較的少人数だったので普段聞きにくい質問もたくさんいただき、私も勉強になりました。

大きなセミナーや講演だと、こちらもつい、「当然、分かっているだろう」という前提で話をしてしまうことが多いのですが、その面でも、私自身にとってとても勉強になりました。

何かを学び、それを実践に移すときに、目に見えない壁があります。その壁をいかに乗り越え易くするかというのが私の仕事。今回、学んだことを今後、活かしていきたいと思います。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

ページごとに見る

資産運用「気づきのタネ」(8)

2010年9月 6日 21:40

長期投資、分散投資の本当の意味は?


「長期投資と分散投資は大切」、これは耳にタコができるぐらい聞いている方も多いでしょう。確かに、株価は大きく変動しながら株主資本の増加を反映しながら上昇していきます。でも、大きく変動するときにみんな、同じように変動するわけではない。だから、色々な銘柄に分散投資をしていれば、それぞれの動きがお互いに相殺しあって、比較的なだらかに価値の増加を反映した株価の上昇を得られる。それはその通りです。

でも、その背景にある事実に気が付いている方は割合少ないのです。ある一銘柄のみを持っているとその企業が倒産するとその投資はパアになります。JALやGMなど、記憶に新しいところです。でも、たくさんの企業を持っていれば全部の企業が倒産することは考えにくいのです。

また、ある一年をとってみれば確かに企業利益が赤字になることもあります。しかし、長期的にずっと赤字が続くということも考えにくいのです。株式会社はその起源は東インド会社だと言われます。つまり、この制度はすでに400年以上続いているのです。その間、世界の需要が拡大し、企業はその需要を満たすという役割を果たし続けているのです。

分散投資と長期投資が有効な背景には、ビジネス・ポートフォリオへの分散投資、長期投資という事実があるのです。それが根元にあることをしっかりと認識することはとても大切です。

 

ページごとに見る

日本が成長力&幸福度ランキングで9位に!

2010年9月 5日 11:10

● NEWSWEEKの9月1日号に成長力&幸福度世界国別ランキングが発表になっています。 それを見ると日本は第9位です。1位はフィンランド、次いでスイス、スウェーデンが上位3位。日本はアメリカ(11位)、ドイツ(12位)、イギリス (14位)、フランス(16位)より上位です。新興国ではブラジルが48位、ロシアが51位、中国59位、インドは78位です。日本は生活の質、経済活 力、教育、医療(トップ)などで高い得点を稼いでこの結果となりました。

● 「ホントにそんなにいい国?」と思う方もいるかも知れません。私は世 界の色々なところを見てきましたが、少なくとも現状の日本は極めて住みやすい良い国ではないかと考えています。雇用やデフレの問題があるといわれながらお 盆の休みには大挙して海外に家族旅行をする人で空港はあふれかえっています。貧富の差と言っても海外の貧富の差はもっと強烈です。公園の近くの病院では ホームレスがメタボ検診を受けにきているそうです。

● 日本の若者が非常に内向き指向になっている点が指摘されています。産業能率大学が行った新 入社員の意識調査では「海外で働きたいか?」という質問に49%の人が「働きたいとは思わない」と答えたそうです。高校生に対する「偉くなりたいか?」と の質問に対し、「強くそう思う」と答えた人は韓国、中国、米国がみな20~30数%なのに対し日本は8%のみだったとの調査もあります(日本青少年研究 所)。逆説的に言うと、現状がきわめて安心と豊かさにあふれた国であるが故に、リスクを取ることを嫌うようになったのかなと思います。また、この安心と豊 かさが損なわれるかも知れないという恐れが、将来への不安を生み出しているのではないでしょうか。でも、将来は自分たちの力で変えられるのです!

●  マスコミも「日本はダメだ」というような記事を連発しています。その結果、みんな、きっとそう刷り込まれ、あきらめているのではないでしょうか?電通総 研が出版した「世界主要国価値観データブック」によると新聞や雑誌への信頼度が日本は圧倒的に高いのがわかります。その意味では海外のNEWSWEEKの 記事は、我々を「日本はダメだ」という呪縛から解放する良い機会を与えてくれているのかも知れません。アラ探しに明け暮れするのではなく、もっと日本の明 るい面をみんなで探したいものです。

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ