最新のエントリー

4月のマーケット・レビュー

2010年5月20日 10:31

● ベンチマークの月間パフォーマンス(配当を含めたトータル・リターン)

【日本株式  】   0.8%  (配当込東証株価指数)
【日本債券 】   0.8%   (野村BPI指数)
【先進国株式】   1.1%   (MSCI KOKUSAI、円換算値)
【新興国株式】   2.2%    (MSCI Emerging Markets、円換算値)
【外国債券  】   4.6%   (CITIGROUP WGBI 円建)

● 基本ポートフォリオの月間パフォーマンス

①積極型      1.3%
②成長型          1.8%
③安定型          2.3%
-----------------------------------------------------------------
①国内株式40%、先進国株式36%、新興国株式4%、国内債券10%、海外債券10%
②国内株式25%、先進国株式22.5%、新興国株式2.5%、国内債券25%、海外債券25%
③国内株式10%、先進国株式9%、新興国株式1%、国内債券40%、海外債券40%
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

ギリシャの次は日本か?

●  ギリシャの財政問題が深刻化し、国家債務の信用度が問題になっています。さらには、やれ、PIGS(ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペイン) だ、いや、PIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)だ、はたまたSTUPID(スペイン、トルコ、英国、ポルトガル、イタ リア、ドバイ)だなどと懸念の輪が広がっています。人によっては次は日本だと懸念する人もいます。

● たしかに日本の財政状況が非常に大きな問題 になっているのは事実です。でも、結論からいうと、日本がいますぐ財政破綻するということはちょっと考えにくい状態です。まず、日本国債は95%日本にい る人が保有しています。つまり、国内の貯蓄で借金がまかなわれているのです。

● 先日も日経新聞(5月11日)に2009年末の「国の借金が 882兆円になり、国民一人当たり693万円である」という記事がでていました。これは正しい表現ではありません。これは国の借金ではなく、「政府の借 金」です。そして、国民一人当たりの借金ではなく、「国民一人当たりが政府に貸しているおカネ」なのです。

● 卑近な例をあげましょう。いま、あ る家庭で親父が収入以上、どんどんおカネを使っているとします。当然、資金が足りなくなるので、奥さんからへそくりを借りて使っています。これが現状で す。つまり、親父が政府、奥さんが家計部門です。つまり、その家庭全体としては外部からの借金はないのです。

● 問題は、親父がこのままどんどん おカネを使っているといつか奥さんのへそくりが底をつくのは目に見えているということです。そうなってしまうと、元利金を支払うためにも外からおカネを借 りてこなければならなくなります。当然、奥さんが貸してくれるよりは厳しい条件になります。

● 日本の家計部門は1400兆円の金融資産を保有しています。それに対して政府の借金が882兆円。いつ、これが交差するかというのが問題なのです。諸説ありますが、2015年とか、2020年などという人が多いようです。

● 結論は、ギリシャが破綻しそうだからといってすぐに日本が危ないことはない。しかし、ほっておくと大きな問題が起こることはわかっている。つまり、できるだけ早く、厳しい対策であっても講じなければ、国の規模からいってもギリシャどころの騒ぎではなくなる。

●  日本が抱える一番の問題は、この厳しい対策をどのような政治的リーダーシップのもとにできるのかということです。これは本当に心もとないですね。もし、 日本人の手で解決できなければ、IMFなどが介入して厳しい手段を否応なく実行することになるでしょう。日本はいま、この面からも本当に政治のリーダー シップを問われているのです。

ページごとに見る

5月16日、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2010年5月17日 12:55

昨日、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました。

最初の講演は私。「債券投資を考える」でした。最近はすっかり忘れ去られた感のある債券ですが、こんなときこそ債券ポートフォリオをきちんと整理しておくべきです。債券投資の基礎、日本国債の問題、そして債券の投資戦略についてお話しました。

20100516oka.JPG

続いてモーニングスターの朝倉智也さんによる「モーニングスターが考えるファンドの選び方」という講演。モーニングスターのホームページの具体的な使い方など有益なお話でした。また、モーニングスターの目指す「あるべき投信の姿」が垣間見える講演でした。まさに、モーニングスター(明けの明星)ですね。

20100516asa.JPG

そして、コモンズ投信の吉野永之助さんのお話。タイトルも「運用人生40年、私の投資哲学」でした。私にとっても大先輩ですが、ますます、お元気で吉野さんの志を熱く語っていただけました。

20100516yoshi.JPG

フリーディスカッション(質疑応答)も質問がたくさん。四時間があっという間に経ってしまった感じでした。

そして、恵比寿アトレ内のライオンで懇親会。10数名の方がおいでになりにぎやかに楽しい時間が過ぎていきました。

(このセミナーの全内容は動画でご覧いただけます。受講料5000円、お申し込みは当社まで)

ページごとに見る

月と金星

2010年5月16日 20:28

マンスリー・セミナーを終えて帰宅する途中、ふと西空を見上げると月と金星が実に美しい配置になっていました。早速、デジカメで写真をとりました。ちょっとぶれているけどご覧ください。

20100516a.JPG

インドの占星学、ジョーティッシュでは今日は「アクシャートリシア」という日で新しいことを始めるのに最適な日なのだそうです。

ちなみに小泉政権が始まったのもこの日だったとか・・・。

 

 

ページごとに見る

インベストライフ5月号が公開されました

2010年5月10日 15:10

インベストライフ5月号が発刊となりました。

www.investlife.jp

年会員の方は先月のIDとPWでお読みになれます。
また、評価をお願いしますね。

トップページ

<対談> ゲスト 大貫 章氏  報徳仕法に学ぶ二宮尊徳の思想(上)

ステップアップ・コーナー 第7回日本株式の「潮目を読む」 窪田 真之

高リスク型にシフトする投資信託 島田 知保

年々歳々花相似たり歳々年々人同じからず。村山 甲三郎

長期投資の実践(その38)お金を預貯金に寝かせておくことのもったいなさ 澤上 篤人

ファイナンシャル・ヒーリング講座 第5回投資の本質を考えよう。 ファイナンシャル・ヒーラー®岡本 和久

生命保険なるほど講座 第5回生保のアフターサービスとは何か 出口 治明

ムッシュ・カントンのグローバル・ビュー(3) ジャン・フランソワ・カントン

長期投資家のためのアナリストぷち講座 第39回『ロボット産業(1)』 速水 禎

きびだんごの旅(2) 石井 達也

投資の話アラカルト 第3回複利のマジックを知っておきましょう!!尾藤 峰男

イタリア・オペラの窓 No.5 ロッシーニ『ウィリアム・テル』 伊藤 宏一

ズボラなひよこ投資 その4 先進医療特約 山岸 由美子

IOWAたより 2010年4月18日開催のマンスリー・セミナーより 川元由喜子

サロン通信|次号予告  インベストライフ東京サロン・セミナー

ページごとに見る

業績相場ではアクティブ運用がいいんですか?

2010年5月 9日 21:22

業績相場って業績のいい企業の株式が相場のリーダーになるんでしょう?

それだったら、インデックス運用よりもアクティブ運用の方がいいのではありませんか?

良く、セミナーででる質問です。

私の考えを東洋経済オンラインにまとめました。ここをご覧ください。

ページごとに見る

自由が丘の猫 猛犬に注意?

2010年5月 7日 14:59

自由が丘カトレア通りの一角にて。

「猛犬に注意」のサインの前で安らぐ三匹の猫。
猫は強い!?

20100507.JPG

 

ページごとに見る

4月のマーケット・レビュー

2010年5月 5日 10:38

● ベンチマークおよび基本ポートフォリオの月間パフォーマンスはデータが不ぞろいのため次回にお送りします。
-----------------------------------------------------------------
● マーケットは相変わらず神経質な展開が続いている。ヨーロッパではソブリンリスク、アメリカでは金融制度の抜本的改革の行方、日本は政治の問題、中国さえも万博が始まりちょっと材料が出尽くしつつある・・・。色々あるが、大切なことは大きな方向性を見失わないこと。

●  言うまでもなく「100年に一度」と言われた金融危機の爪痕は大きい。それが一朝一夕に回復すると思うのはあまりに楽観的過ぎる。日本の1990年以降 と同様、今回はグローバルに不動産業界と金融業界の両方がダメージを受けている。これらは長い期間をかけて療養生活をおくることになるだろう。

● 一方、工業製品、消費財、インフラ投資関連の素材などは今後、かなりの成長をすることになろう。特に太平洋圏の需要の高まりが機関車役を果たすことになる。

● 前年度、日本の上場企業は「減収増益」を達成した。言い換えれば損益分岐点を下げる努力が相当、効を奏してきたということだろう。したがって、うまく「アジア内需」を売上増につなげることができれば、かなり大幅な増益も期待できるのではないかと思う。

●  金融や不動産といったアセットをベースにした産業が調整期に入り、一方で製造業を中心に実物経済が成長の中心になることで、マーケットは「業績相場」の 色彩を強めていくことになる。いままでバリュー株と比べてアンダーパフォーマンスを続けていたグロース株が復活する可能性もでてきていると思う。

ページごとに見る

特になにもないGW

2010年5月 3日 19:24

今年のGWはあまり特別のことがありません。外出と言ったらジムで汗をながすぐらい。

マンスリー・セミナーの資料作りです。今回は日本の国債の問題についても触れたいので準備がたいへんです。あとは執筆。

でも、今日はお出かけ。所用で府中へ。

府中で有名ならいおんでラーメンをいただきました。ここのところ減量中でしたので久しぶりのラーメン。やや太めの麺がおいしかったです。

20100503a.JPG

わが町、自由が丘に帰ってきたら、こちらはSweets Festaをやっていました。ものすごい人。例年通り、お菓子でできた家もできています。

20100503b.JPG

5月5日までやってるらしいですよ。

ページごとに見る

国民総幸福量(GNH)の話を聞く

2010年4月20日 14:00

● 全国44経済同友会共催で第23回 全国同友会セミナーが、いま、熱い高知市で開催されました。私も参加させていただきました。参加者は総勢900名以上、土佐経済同友会の方々のご尽力もあり、熱気のこもったセミナーとなりました。

● 今回のテーマは「今こそ、日本を洗濯いたし申し候」です。何と言ってもハイライトはブータン王国の首相、ジグミ・ティンレイ氏の「地球規模での幸福な経済成長の実現 -GNHの国、ブータンからの提言-」と題する基調講演でした。首相は、民族衣装で登場、流暢な英語で一時間の講演をされました。色々と気付かされることの多いお話でした。

● 国民総幸福量(GNH)は1972年に、ブータンのジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が提唱した「国民の幸福度」を示す”尺度”です。すでに30年以上の歴史があり、国勢調査でも、国民の52%が「幸福である」、45%が「非常に幸福である」と回答しており、着実に成果を上げています。

● 現代の社会はGDP崇拝と市場支配の結果、病んでしまっている。「人生の目的はハッピネスである」と認識し、そのために病んだ社会を「バンドエイド」的対策ではなく、抜本的な方策で変える必要がある。ブータンのGNHはいま、主要国でも注目され始めており、OECDでも新しい指標が開発されつつあり、カナダ、オーストラリア、フランスなども実施を検討しているとのことでした。

● 私が一番、強く受けた印象はGNHは必ずしもGDPと相反するものではないということです。重要なことはまず、GDPを成長させることが大切なのではなく、GNHを成長させた結果としてGDPが成長するということなのです。それはとても納得できます。

● ブータンは国民の幸福度を測るための指数を開発しています。そのためにさまざまな分類の項目につき国民の声を直接聞き、幸福感の度合いを数値化しています。その結果、政府と国民の間の直接対話が生れているように思います。その点はマスコミがなんとなく世論の代表のような役割を負っている日本と違いますね。

● 首相は、「龍馬のインスピレーションが明治維新を実現し、日本の繁栄をもたらしたではないか。GDPによる成長で最も成功した日本が、自ら日本のあり方を選択し、世界に新しい国家のあり方のモデルを示してもらいたい」と言う言葉で講演を終えました。これはちょっと耳が痛い感じがしました。

ページごとに見る

I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2010年4月19日 15:12

昨日、4月のマンスリー・セミナーが開催されました。

今回はゲスト講師がお二人でした。明治大学リバティー・アカデミーで長く証券外務員資格をとるための講座を担当している羽立教江さん、フィデリティ退職・投資教育研究所長の野尻哲史さんです。

羽立さんからは、金商法がいかに我々に関わっているかという話や、取引所でどのように値段が決まるかなど、お話いただきました。普段、あまり聞くチャンスのない話題ですが、とても大切なことなので、良い勉強になったと思います。

20100418a.JPG

また、野尻さんからは、最新の1万人アンケートの結果を踏まえ、「老後難民時代の到来!?」というテーマでのお話をいただきました。深刻な事態が近づいている割には危機感が十分でなく、このままでは、大量の「老難」が発生するだろうということです。そのためにきちんとした資産運用が必要であることが再確認できたと思います。私もまったく同じ危機感を持っていますので、心強く思いました。

20100418b.JPG

また、私は日本人の感性にあった資産運用、「和風資産運用」についてお話しました。国土、気候、生活の歴史などによって培われた日本人のDNAが、江戸時代を通して熟成され、日本独自のおカネ文化を生み出しています。私は何か和風の、醤油味の資産運用があるのではないかと思っています。まだ、あくまでバージョン1ですので今後も深めていきたいと思っています。

この講演の動画(上記三つの講演+質疑応答で合計3時間50分)を当社のホームページでご覧いただけます(受講料5250円)。入金後、IDとパスワードをお送りします。ご希望の方は当社まで。
 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ