最新のエントリー

国民総幸福量(GNH)の話を聞く

2010年4月20日 14:00

● 全国44経済同友会共催で第23回 全国同友会セミナーが、いま、熱い高知市で開催されました。私も参加させていただきました。参加者は総勢900名以上、土佐経済同友会の方々のご尽力もあり、熱気のこもったセミナーとなりました。

● 今回のテーマは「今こそ、日本を洗濯いたし申し候」です。何と言ってもハイライトはブータン王国の首相、ジグミ・ティンレイ氏の「地球規模での幸福な経済成長の実現 -GNHの国、ブータンからの提言-」と題する基調講演でした。首相は、民族衣装で登場、流暢な英語で一時間の講演をされました。色々と気付かされることの多いお話でした。

● 国民総幸福量(GNH)は1972年に、ブータンのジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が提唱した「国民の幸福度」を示す”尺度”です。すでに30年以上の歴史があり、国勢調査でも、国民の52%が「幸福である」、45%が「非常に幸福である」と回答しており、着実に成果を上げています。

● 現代の社会はGDP崇拝と市場支配の結果、病んでしまっている。「人生の目的はハッピネスである」と認識し、そのために病んだ社会を「バンドエイド」的対策ではなく、抜本的な方策で変える必要がある。ブータンのGNHはいま、主要国でも注目され始めており、OECDでも新しい指標が開発されつつあり、カナダ、オーストラリア、フランスなども実施を検討しているとのことでした。

● 私が一番、強く受けた印象はGNHは必ずしもGDPと相反するものではないということです。重要なことはまず、GDPを成長させることが大切なのではなく、GNHを成長させた結果としてGDPが成長するということなのです。それはとても納得できます。

● ブータンは国民の幸福度を測るための指数を開発しています。そのためにさまざまな分類の項目につき国民の声を直接聞き、幸福感の度合いを数値化しています。その結果、政府と国民の間の直接対話が生れているように思います。その点はマスコミがなんとなく世論の代表のような役割を負っている日本と違いますね。

● 首相は、「龍馬のインスピレーションが明治維新を実現し、日本の繁栄をもたらしたではないか。GDPによる成長で最も成功した日本が、自ら日本のあり方を選択し、世界に新しい国家のあり方のモデルを示してもらいたい」と言う言葉で講演を終えました。これはちょっと耳が痛い感じがしました。

ページごとに見る

I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

2010年4月19日 15:12

昨日、4月のマンスリー・セミナーが開催されました。

今回はゲスト講師がお二人でした。明治大学リバティー・アカデミーで長く証券外務員資格をとるための講座を担当している羽立教江さん、フィデリティ退職・投資教育研究所長の野尻哲史さんです。

羽立さんからは、金商法がいかに我々に関わっているかという話や、取引所でどのように値段が決まるかなど、お話いただきました。普段、あまり聞くチャンスのない話題ですが、とても大切なことなので、良い勉強になったと思います。

20100418a.JPG

また、野尻さんからは、最新の1万人アンケートの結果を踏まえ、「老後難民時代の到来!?」というテーマでのお話をいただきました。深刻な事態が近づいている割には危機感が十分でなく、このままでは、大量の「老難」が発生するだろうということです。そのためにきちんとした資産運用が必要であることが再確認できたと思います。私もまったく同じ危機感を持っていますので、心強く思いました。

20100418b.JPG

また、私は日本人の感性にあった資産運用、「和風資産運用」についてお話しました。国土、気候、生活の歴史などによって培われた日本人のDNAが、江戸時代を通して熟成され、日本独自のおカネ文化を生み出しています。私は何か和風の、醤油味の資産運用があるのではないかと思っています。まだ、あくまでバージョン1ですので今後も深めていきたいと思っています。

この講演の動画(上記三つの講演+質疑応答で合計3時間50分)を当社のホームページでご覧いただけます(受講料5250円)。入金後、IDとパスワードをお送りします。ご希望の方は当社まで。
 

ページごとに見る

全国経済同友会セミナー@高知 ④食べ物編

2010年4月18日 08:38

今回の土佐でも、おいしいものにたくさん出会いました。

地元の方が土佐の名物は「ふたつのSとこころ」だと言っていました。
二つのSというのは酒とさかなです。こころは人と人との絆。

おいしい地酒がたくさんありました。

20100415d.JPG

高知の「ひろめ市場」は楽しい場所で、短い滞在中にも何回かいきました。アーケードの商店街からビニールのカーテンがかかった入口があり、そこから入るとたくさんのお店に取り囲まれたテーブル席があります。みなさん、まわりのお店で買ってきた食べ物をテーブルにもってきて食事をしています。

20100414b.JPG

お店の人も一緒になって、酒とさかなを楽しんでいるグループもあれば、いかにも経済同友会のセミナーできたという背広姿の人(私もそうだったけど)もいます。こういう雰囲気、私は大好きです!!

明神丸という大きな店で鰹のたたき定食(塩)をいただきました。

20100414a.JPG

お店のなかでは藁を燃やして大きな鰹をあぶっています。それに塩をふりかけてでてきます。右下のタレはユズ、右上の白い物体は生のにんにくスライスです。これにご飯とみそ汁がついて800円でした。

それから、もうひとつ、創業昭和45年(私が大学4年の時)の安兵衛。パリパリの焼き餃子も忘れられません。
薄い皮がパリパリで面白い食感でした。

20100416b.JPG

ラーメンは二種類いただきました。まず、しもだ屋さんのひろめラーメン。鰹と昆布だしのさっぱりした味でした。最近は複雑な味のラーメンが多いですが、このようなラーメンはやすらぎを感じます。390円というのもうれしいです。

20100414c.JPG

ラーメンはもうひとつ、蕪湖風味館さんの「はちきん」ラーメン、500円です。こちらは高知地鶏のスープ。蕪湖と高知は姉妹都市なんですね。これも、さっぱりしていて結構なお味でした。

20100415b.JPG

ところで、はちきんラーメンの「はちきん」、面白い言葉です。「はちきん」というのは、男勝りの元気な女性のことを意味するのだそうです。ここを読んでいただくと語源の諸説などがわかります。

「はちきん」はお酒も男勝りに飲むそうで、みんなで集まって飲む時に、一品ずつ料理をだすと、自分は十分に飲めない。それで大きなお皿に食べ物を山盛りにしてお客にだしたそうです。それが皿鉢(さわち)料理の始まりだとバスのガイドさんが言っていました。

これはパーティの席ででていたものです。

20100414g.JPG

いやー、色々、おいしい体験をさせていただきました。また、行ってみたい土地です。

ページごとに見る

全国経済同友会セミナー@高知 ③

2010年4月17日 09:04

セミナー二日目は午前中のみ。

昨日の午後に行われた各分科会の報告、櫻井正光経済同友会代表幹事の総括挨拶に続き、高知県出身の作家、山本一力氏の「人生雑記帳―土佐人魂―」という講演がありました。

さまざまなエピソードを交えてとても興味深い講演でした。特に印象に残ったのは次のふたつの点です。

・ 龍馬は基本的に金持ちの家の子であった。龍馬はカネの力が武士のこだわる様式美を超えていることを良く知っていた

・ 「自分がよければ・・」という考え方がなく、「うまくいけばいいや・・・」と思うのが土佐人魂。自分の与えられた責務を、世の中のために惜しげもなく果たし、それが実った時にその場にいないという龍馬の生き方は土佐人魂の典型

山本氏も、人と人の絆が幸福感の基本であることを強調しておられました。その点ではティンレイ首相と同じです。

「しあわせ持ち」は私がいつも主張していることですが、ブータンと土佐で同じ考え方に出会い勇気づけられた想いです。

昨夜、懇親パーティがあり、ティンレイ首相に「私の会社はI-Oウェルス・アドバイザーズ、『I』はInside wealth、『O』はOutside wealthで、物心両面での幸福感を最大化するような投資を提唱しています」という話をしました。首相はパッと笑顔になって、力強く握手をしてくださいました。

さて、午後は観光です。バスで、

坂本龍馬誕生地 ⇒ 龍馬の生まれたまち記念館 ⇒ 土佐・龍馬であい博 ⇒ 桂浜 ⇒ 高知県立坂本龍馬記念館 

とまわり、そのまま空港へ。

20100416d.JPG

それにしても桂浜は壮大です。たしかに「ああ、あの向うにアメリカがあるんだ」と実感する壮大さです。

実に密度の濃い三日間でした。色々、学ぶことも多く、考えさせられることもたくさんありました。これから少しずつみなさんにお話していきたいと思います。

次回は土佐で出会った食べ物をまとめて書きます。

ページごとに見る

全国経済同友会セミナー@高知 ②

2010年4月16日 08:25

雨で寒い日でした。

朝食後、ホテルの部屋で仕事。
セミナーは昼からだったので少し早目にホテルをでて、高知城へ行ってみました。

傘をさしての散歩でしたが、なかなか趣のある良いお城でした。
「ああ、このあたりを容堂さんが歩いていたのだなあ」などとちょっと感激しました。
雨を通してお城の天守閣から見た高知の町もなかなかオツなものでした。

20100415a.JPG

午後は高知県立県民文化ホールでセミナーでした。なんと日本中から900人以上の方が集まりました。

テーマは「今こそ、日本を洗濯いたし申し候」です。

201005Kochi001.jpg

ブータン王国の首相、ジグミ・ティンレイ氏の「地球規模での幸福な経済成長の実現」というテーマで基調講演がありました。首相の講演を聞いて、以下のふたつの点が強く印象に残りました。

・ GNHはGDPの成長を否定するものではない。国民の幸福が促進されるようなGDPの成長をすべきだということである

・ GNHは測定可能でなければならない。そのために政府が実に細かく、マスコミ経由ではなく直接、国民の声を聞いている

高知県と同じぐらいの人口の国ですから、日本でそのまま実行するのは難しさもあると思いますが、

「国家の目的は国民を幸せにすることにある」

「GDPによる成長で最も成功した日本が、自分自身のあり方を選択し、根本的変化の先頭に立ってほしい」

「幸福感の根本は人と人とのつながりにある、家族的資本主義を目指すべきではないか」

などの言葉は心に残りました。

その後、分科会が開かれ、私が参加した「日本の国民総幸福量」というテーマでは、岡内土佐経済同友会代表幹事が議長をつとめ、ペマ・ギャルポ氏(桐蔭横浜大学教授)、田辺親男氏(京都経済同友会代表幹事)、濱口敏行氏(経済同友会幹事)による興味深いパネル・ディスカッションが行われました。

 

ページごとに見る

全国経済同友会セミナー@高知 ①

2010年4月15日 21:45

全国44の経済同友会が共催する第23回、全国経済同友会セミナーに参加しました。今回は、いま、熱い土佐の高知での開催です。

今回のテーマは、「今こそ、日本を洗濯いたし申し候」というものでした。

14日、昼過ぎに高知龍馬空港着、バスで高知市へ。ホテルにチェックイン。

そして、インターネットで調べておいた狙い目、「ひろめ市場」へ。

鰹のたたき定食(塩)でランチ。食べ物ネタはまとめて書きます。

それから市内を散歩していたら赤い橋が・・・、「ああ、これが有名なはりまや橋か」と気づきました。後で聞いた話では、三大がっかり名所のひとつだとのこと、残りの二つは札幌の時計台と沖縄の守礼門だそうです(私が言ったわけではありません。念のため)。

商店街のアーケードに「龍馬さんのおかげです」という大きな垂れ幕がありました。いろんな意味でそうだよな。

20100414e.JPG

夕方から桂浜での前夜祭。

まずは、龍馬さんの銅像を表敬訪問しました。大きいのでびっくり。

20100414f.JPG

雄大な海岸に大量の畳を敷いて宴会場ができていました。そこに500人の人が参加しての大飲み会でした。波の音を聞きながら地元のおいしいお酒とたくさんの鰹と皿鉢料理。海岸で藁をどんどん燃やしてそれで鰹を焼いてすぐに食べる。極上の味でした。よさこい踊りもにぎやかに夜は更けていきました。

土佐経済同友会の方々のあたたかいおもてなしに感謝です。

さあ、明日からセミナーです。

ページごとに見る

デイブ・マービン来日

2010年4月13日 20:22

アメリカの投資顧問会社の創業者で私の30年来の友人でもあるデイブ・マービンが久しぶりに来日。色々なコンタクト先に同行しました。

彼の会社、マービン&パーマー・アソシエイツは、完全にグローバルな大型成長株に特化した運用機関で他のことは一切やっていません。投資のプロセスも独自のスクリーニング手法で選別した銘柄を徹底的に分析するというもの。世界中の企業トップと面談をして会社の評価をしています。

いまは、大型グロースは必ずしもフォローウインドではないのですが、彼の信念はまったく揺らいでいない。本当に立派だと思います。世界の置かれている環境と各国、各産業の置かれている現状につき興味深い話を聞けました。

6月号のインベストライフで紹介するつもりです。

20100412b.JPG

 

ページごとに見る

インベストライフ4月号が公開されました

2010年4月13日 14:14

ウェブ・マガジン、「インベストライフ」4月号が公開されました。

<対談> ゲスト 河口 真理子さん 投資の新基準「ESG」について学ぼう

考察●長期投資の実践その37投資と資金運用とは大違い  澤上 篤人

ファイナンシャル・ヒーリング講座

4回株式会社はどのようにして成長するのか  岡本 和久

投資の話アラカルト

2回ライフプランがあれば、先がすっきり見える!  尾藤 峰男

長期投資家のためのアナリストぷち講座

38回『多極化の時代(3)』 速水 禎

IOWAたより レポーター  川元 由喜子

生命保険なるほど講座

4回生命保険のセーフティネットについて  出口 治明

ステップアップ・コーナー第6回「潮目を読む」 窪田 真之

ムッシュ・カントンのグローバル・ビュー ジャン・フランソワ・カントン

イタリア・オペラの窓 NO.4ヴェルディ『椿姫』  伊藤 宏一
サロン通信|セミナー案内|次号予告

 

 

ページごとに見る

御名残四月大歌舞伎

2010年4月13日 13:55

現在の歌舞伎座も4月で建て直しのために閉鎖されてしまいます。

現在のままでは不都合があるのはよくわかりますが、やはりちょっとさびしい。

20100411a.JPG

私も妻と最後の現歌舞伎座での公演を11日に観てきました。

一、実録先代萩
二、助六由縁江戸桜

舞台も観客も共に歌舞伎座に「御名残」を惜しむ盛り上がりでした。

20100411b.JPG

ただ、ただ、今回の舞台を飾った名優の方々が三年後、新たな歌舞伎座ですばらしい舞台を見せてくれることを祈るのみです。

ページごとに見る

東京インベストライフ・セミナー

2010年4月10日 15:31

4月9日、東京インベストライフ・セミナーを開催しました。

講師は澤上さんと私。

ちょうど、歓送迎会とお花見の時期に重なったからでしょうか、参加者がいつもより少なかったのがちょっと残念でした。

机を「コの字」型に並べてとてもアットホームな雰囲気でセミナーができました。

特に投資は始めたばかり、これから考えているという方がいらっしゃったのはうれしかったです。

辻説法でいい。

参加者が多かろうと、少なかろうと、草の根運動で本当の投資と資産運用を広めていきたいと思っています。

なぜ?

(1) これからの世の中は「将来の自分はいまの自分が支える」時代だからです。でも、まだ、まだ、本当の長期投資と資産運用を知らない人が多すぎる。いまから何十年か後に人々がおカネで困らないようにお手伝いしたい。

(2) 個人金融資産は日本が持っている最強の戦略的資源です。それを経済合理性にあった形で活用することこそ日本を活性化できる道だからです。

 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ