最新のエントリー

新社会人のための投資入門 - 第一回<仕事も投資>

2009年5月20日 10:23

●人生は大きく三つの局面に分かれます。生まれてから30~35歳ぐらいが「学び」の時代、その後、65歳ぐらいまでが「働き」の時代、それ以降は「遊び」の時代です。「遊び」というと怠惰なイメージを受けるかも知れませんが、要するに自分の楽しいことをしていると、それがそのまま世の中のためになるという生き方です。30歳前半までの「学び」の時代は20歳の初めまでとそれ以降に分かれます。前半は親がかりの勉強の時代です。例外はあるでしょうが、一般的にはそのコストは親がもちます。後半は多くの方が社会にでて仕事を始めるでしょうから、自分の能力アップは自前ということになります。これがいわゆる自己啓発です。

●社会にでて最初はあまり収入もありません。自立すればそれなりに生活費もかかり、さらに自己啓発の費用や、将来のための資産形成などもしなければならないとなると、資金繰りもかなり苦しくなるのは当然です。この問題を解決するベストの方法は、とにかく一生懸命に仕事をして、実務を学ぶということです。自分の選んだ道、縁があって出会った分野で本当のプロになるために経験を積んでいくことが、実は一番、効率の良い投資です。なにしろ、元手がかかりません。だんだん実力をつけて上司に認められるようになれば報酬(リターン)も良くなるかも知れません。これがまず、基本。その上で、自己啓発投資や将来のための資産形成があるべきです。プロの腕こそが「最高の自分年金」であることを認識すべきです。

●最近は入社して比較的短期で職場を変わる人も増えています。一概にそれが悪いとは言えませんが、私は「悪い転職」と「良い転職」を次のように考えています。

  →いまの仕事が面白くないから辞める
  →嫌な上司や同僚がいるから辞める
  →他の会社ではもっと高い給料がもらえそうだから辞める

「良い転職」
  →いまの会社で自分の価値が十分に高まった
  →次の会社でこれまでと比較にならないぐらい自分を活かせる
  →これまでの会社に心から感謝して「卒業」でき、仲間が祝福してくれる
  →明らかに自分の判断ミスで誤った会社に入ってしまった(今後の人生で同じミスを起こさないというレッスンを学ぶことができた)

とにかく縁があって入った会社です。最低5年ぐらいは一生懸命に努力してみることが必要です。就職も長期投資であって、短期のトレードではないのです。

ページごとに見る

きほんのき

2009年5月 5日 12:39

● ベンチマークの月間パフォーマンス(配当を含めたトータル・リターン)
【日本株式  】  +8.3% (配当込東証株価指数)
【日本債券 】  -0.1% (野村BPI指数)
【先進国株式】  +10.8% (MSCI KOKUSAI、円換算値)
【新興国株式】  +15.9% (MSCI Emerging Markets、円換算値)
【外国債券  】  -0.4% (CITIGROUP WGBI 円建)

● 4月末にフロリダで開催されたCFA協会の年次総会に出席をした。時節柄、今後の経済および金融市場の見方に関する興味深い話をたくさん聞くことができた。

● なかでも、いま注目を集めているNY大学のルービニ教授は経済に対して非常に警戒的な話をしていた。リーマン・ショック以降の流動性の大量供給により昨年秋と比べ状況は改善しているとしつつも、金融機関の現状はきわめてシビアであり、ストレス・テストの結果もあまり信頼はできないとしていた。
「ゾンビ・バンク」と日本でも散々、言われた表現が何度も聞かれた。

● 米国経済については昨年の第4四半期と今年の第1四半期は「フリーフォール」状態であった。ここにきて下降のスピードはスローダウンしているのは事実だが、来年も実質GDPは0.5%程度の低成長を予測している。欧州経済は米国以上に厳しい。政策手段が底をついてきていることもあり、正常化にはかなり長期間かかることになろうとのご宣託であった。

● マーケットについてルービニ教授はあくまで最近の上昇は「ベア・マーケット・ラリー」としており、市場は経済に先立って回復するとの説に対し「過去9回のリセッションで、市場は15回予測性を発揮した」というジョークを紹介していた。

● 参加者は当然、マーケット関係者が多く、この悲観的な予測に対し、司会者も「ルービニ教授の話を聞くと、会場の出口に涙を拭くためのティッシュ-を大量に用意しなければならない」と冗談を言っていた。

● 一方、市場関係者は、不況は長期化はするであろうが、経済が最悪期を脱しつつあるのであれば、マーケットのボトムはすでに過去のものになりつつあるというようなコメントをする者が多かった。

● ルービニ教授も認めるように、経済が最悪記を脱し来年に向けて低水準ながら回復基調になるのであれば、私も、マーケットはモーメンタムに敏感なだけに(少なくともさらに悪いサプライズがでなければ)比較的明るい展望が持てるのではないかと思う。当面は悪材料、好材料の両方に敏感な動きが続くであろう。しかし、見通しが回復の方に傾くことがはっきりしてくれば、とてもこの水準で仕込むことはできない。とにかく、どん底を狙おうとせず時間をかけて貯めこむのがベストであろう。

ページごとに見る

帰国

2009年5月 3日 22:42

5月2日の12時過ぎにサンフランを出発。翌日(3日)午後2時に成田に到着しました。

東京との電話で豚インフルで検閲が大変だと聞いていたので心配していましたが、割合簡単にすみました。
ありがたいことに、今回はサンフラン―成田が9時間半となぜかいつもより1時間、早くつきました。機内に黄色い服を着た人たちが入ってきて赤外線カメラで体温を測り、問診票をチェック、全体で30分ぐらいで終わりました。我々は無罪放免でそのまま帰ったのですが、後ろの方の席に体調の悪い人がいたみたいで、その人のまわり(前と後ろ3列ずつ)は飛行機に残るように指示されていました。

機内でマスクが全員に配られホテルや家につくまではずさないようにと言われましたが、税関を通りぬけたらもうだれもマスクをしていませんでした。

 

ページごとに見る

サンフランシスコ 三日目

2009年5月 1日 22:31

午前中は、いま、とりかかっている本の執筆。サンフランにいると仕事がはかどります。

ランチは友人と。彼はアメリカでETFの歴史を生きてきたような人で、色々と面白い話を取材しました。
金融街の近く、マーケットストリートの南にあるTown Hallという店でハンバーガーを注文。
これがすごいんです。分厚いハンバーグはいうに及ばず、ベーコン、チェダーチーズ、アボカドなどどっさりと乗っていてとてもパンではさんで食べるのはムリ。ナイフで切って食べました。山盛りのフレンチ・フライがすごかったです。

20090501.jpg

食事を終えてからアジア博物館へ。ちょうどブータン展を開催していたので行ってみました。
仏教美術が大部分でしたが、ブータンの歴史など少しはわかりました。ご存じのようにブータンは正式にGross National Happinessを国の政策目標としています。ある調査によるとブータンの「しあわせ度」は世界で8位だそうです。ちなみにアメリカは23位とか。日本のことは言っていませんでしたが、どうでしょうね・・・

ページごとに見る

サンフランシスコ 二日目

2009年4月30日 23:23

 ここのところずっと時差で寝不足でしたし、昨日、サンフランについたのも遅かったのでぐっすり眠りました。

サンフランシスコは一か月ぶりです。いつも行くお店などで「定点観測」。3月よりは少し明るい雰囲気がでていました。テレビは豚インフルの話で持ちきり。英語ではSwine fluっていうんです。

夜は最近、気に行っているThai Stickという店でタイ・カレーのディナーを食べました。
スープ、春巻き、タイのレッド・カレーにライスがついて$15はお値打ち価格ですね。
Hot & Spicyなものを食べて少し体に活がはいったような・・・・

ビールはむろんアンカー・スチームです。

20090430jpg

ページごとに見る

CFA協会 年次総会 四日目

2009年4月29日 21:19

年次総会の最終日です。
非常に仲身の濃い総会でした。来年はボストンであるそうです。いまから楽しみ。

午前中の講演を二つ聞いて、それからオーランドの飛行場へ。
シカゴに移動し、そこからサンフランシスコへ。
アパートについたのは夜の10時頃でした。

ページごとに見る

CFA協会 年次総会 三日目

2009年4月28日 21:10

 三日目に入り講演にも熱が入ってきています。

行動ファイナンスの泰斗、リチャード・セイラー博士、ポートフォリオ理論の最高峰、アンドリュー・ロー博士などの話を聞くことができとても勉強になります。

夜はオフィシャル・ディナー。Disney's Holywood Studiosで開催されました。アジア系の参加者がたまたま同じテーブルに集まり楽しくひと時を過ごしました。

似顔絵描きがいたので一筆書いてもらったのがこれ。あんまり似てないですよね。デジカメでとって家族に送ったら、「なんかドン小西みたい」だって・・・・。

20090428.jpg

ページごとに見る

CFA協会 年次総会 二日目

2009年4月27日 21:03

今日からいよいよ本格的に年次総会が始まりました。

色々な講演を聞くことができました。なかでもニューヨーク大学のルービニ教授の話はいま、注目の人だけに非常に有益でした。詳細については私のブログ(2009.05.05)をご覧ください。

http://www.i-owa.com/mailmagazine/

日本CFA協会からも6名が参加しています。食事はこの6名で楽しく、なごやかにおいしいワインとステーキをいただきました。

ページごとに見る

オーランドへ!

2009年4月26日 13:54

米国フロリダ州オーランドでCFA(Chartered Financial Analyst)協会の年次総会が開催されました。そのため、朝、成田発、ワシントンDCで乗り換え滞空時間14時間で現地着。オーランドは昔、(たぶん30年近く前)ニューヨークに住んでいた時に家族でいったことがありました。すっかり大規模に変わっているのにびっくり。町中がディズニーのコンセプトなんですね。Disney's Polynesian Resortというホテルにチェックイン。

夕方、5時から年次総会の講演が始まりました。最初のスピーカーは「マネーライヤー」や「マネーボール」の著者として有名なマイケル・ルイスでした。オフレコの講演だったのですが、ウォール街のカルチャーの変化と今回の金融の問題などにつき話しをしていました。

夜は湖のほとりでレセプション。世界62か国から1000名以上の参加者があり国際色豊か。みんな、すぐに話ができるのはやはり、CFAという共通の基盤があるからなのだろうと思います。

終了後、早めにばったりと寝てしまいました。

ページごとに見る

2004年4月度マンスリー・セミナー開催

2009年4月22日 12:36

 2004年4月度のマンスリー・セミナーが開催されました。

プログラムは下記の通りでした。
<プログラム>
●「『ウォール街のランダム・ウォーカー』を読む④:ポートフォリオ理論入門」(岡本和久)
●「春季*投信集中講座①販売姿勢に影響されない投信選びのポイント」(イボットソン・アソシエイツ・ジャパン、月刊「投資信託事情」編集長、島田知保氏)
●「定期分配型投資信託設定の背景と今後の投資環境について」(国際投信投資顧問㈱副社長、山内一三氏)

私は今回は平均、分散、相関などの基礎につきお話をして、その後、分散投資の効果、有効性などにつき日本における実例を示しながら紹介しました。

島田さんはたくさんのデータを示しながら販売会社の姿勢がどのように投信のパフォーマンスや残高に影響を及ぼしているかをお話になりました。

そして、国際投信の山内さんは、日本の投資環境につき明快なお話をいただき、その上で、同社のグローバル・ソブリン・オープン(グロソブ)の戦略についてお話いただきました。

今回は、公開講座でしたのでたくさんの方にご参加いただけました。

20090419MS1.jpg

今回のマンスリー・セミナーはネット上でも無料公開しています。当社ホームページの「マンスリー・セミナー」ページの左側から「会員専用ページ」をクリックし、一番下の「4月19日マンスリー・セミナーを無料公開」に必要事項を記入の上、お申し込みください。IDとパスワードを折り返しメールでお送りします。


できるだけ多くの方にこのセミナーのことを知っていただきたいと思っています。ぜひ、ご覧になってください。(資料もご覧になれプリントアウトできます。之だけでもお値打ちです!)
 

ページごとに見る

岡本和久のI-OWA日記

サイトマップ 岡本和久のI-OWA日記TOP ページトップへ