News & Information

第161回 I-OWAマンスリー・セミナーは2月17日に開催です

  第161回 I-OWAマンスリー・セミナーは2月17日に開催です。

私は著書「お金と心」の第5章より「長期に成長する企業の見分け方」について五つのポイントからお話しします。 

ゲストは考古学者の今村啓爾氏です。実は今村氏は私の小学校時代からの友です。仮想通貨の出現やキャッシュレス化の進展でお金というものが大きな変革を迎えつつある今、原点に戻ってお金が世界でどのようにできてきたのかを正確に知ることはお金の本質を知る上でとても重要だと思います。めったに聞けない講演ですのでご期待ください。

2019年2月17日(日)12:30~16:30
I-OWAマンスリー・セミナー(161回)

■会場:東京都渋谷区広尾1-8-6-7F(当社オフィス)  http://www.i-owa.com/company/access.html

■プログラム 
12:30~13:30 「長期に成長する企業の見分け方」(講師:岡本 和久) 
13:40~14:40:「世界の歴史とお金の統合」(ゲスト講師:帝京大学文学部史学科 教授、東京大学名誉教授、今村 啓爾氏)

14:45~15:30:フリー・ディスカッション
15:30~16:30:懇談会

■スポット受講料:教室での受講は10000円+税 予約必須、動画での受講は5000円+税 お申込み、お問合せ: info@i-owa.com

<ゲスト紹介>

今村 啓爾(いまむらけいじ)

帝京大学文学部史学科 教授
東京大学名誉教授

s_IMG_6841.jpg

1946年生まれ。1974年7月に東京大学大学院人文科学研究科博士課程を中退し、同年8月より東京大学理学部助手(人類学)を務める。1995年5月に東京大学大学院人文社会系研究科教授。2012年4月より帝京大学文学部教授、2017年4月より帝京大学総合博物館館長。国の文化審議会委員などの経験を生かし、資料の保存と活用のための実学としての文化財学の育成と教育に努める。

プライバシーポリシー  サイトマップ ページトップへ